記事一覧

  1. 舌打ちはされるほうは不快ですが、気になるのならまずは相手を心配する素振りをしながら「どうかしたんですか?」と聞いてみましょう。
  2. 黙り込まれると注意したことに対してどう思っているのか分かりにくく、内容をきちんと理解しているのかも分かりません。どうすればいいのか?
  3. 思い通りにならないとすぐ怒鳴り散らすのはキレて相手を萎縮させることで思い通りに動かそうと思っています。
  4. 「アメとムチを使い分ける」とは、目下の者に対してほめるべきところはほめてミスをしたら厳しく指導しようという意味の慣用句です。
  5. 正義感が強いことは良いことですが「過ぎたるはなお及ばざるが如し」で度が過ぎても本人は気づいていないようです。
  6. ちょっとした笑い話ならいいのですが、聞くに堪えない陰口を聞かされたら、便乗するか興味がないフリをするか悪口は良くないと注意すべきか。
  7. 相手を否定することが多くなるのは「こうあるべきだ」という固定観念が強くなり、自分の考えは正しいという思い込みが激しくなるからです。
  8. 相手が嫌味と勝手に受け取るのは仕方がないとして、問題なのは悪意を持って嫌味を言う人。人はなぜ嫌味を言うのでしょうか?
  9. 自慢話が多い人は、「承認欲求」が強い。自慢話をして注目されることで、自分は価値のある人間であることを確認したいのです。
  10. 負けず嫌いの人はほめることで伸びます。負けず嫌いな人には、相手を持ち上げて自分は謙遜することで逆恨みされないようにしましょう。
  11. 権威を笠に着る人と接するときには、借りている力を褒めるのではなく、その人自身の行動や能力をほめるといいでしょう。
  12. 見下す人は自分の仕事については評判は高いのですが、仕事ができない人には冷たく当たります。見下されても自分だけじゃないと思いましょう。
  13. 面倒なことはやりたくないのですが仕事となると事情が違います。いつも面倒事を押し付けられている方は、ぜひ読んでください。
  14. 飲み会が好きならいいのですが、嫌いでもしぶしぶ付き合っていませんか。ここでは飲み会の上手な断り方を紹介しています。
  15. 「いや、違うんです」「でも」「だって」。自分に不都合なことが起こると言い訳ばかり並べられたらアメとムチを使い分け、役割分担を明確にしましょう。
  16. 損得勘定で態度を変える、好き嫌いがはっきりしていてそれを包み隠さないなど人によって態度を変えることはそんなに悪いことではない?
  17. 八つ当たりとは、怒りや不満を関係のない人に向けて発散することです。八つ当たりのターゲットにされた人はたまったものではありません。
  18. ネットとリアルで態度が違っても気にすることはありません。ネットで不快なものを見ても、閉じるボタンを押して見なかったことしましょう。
  19. 職場でうつ病になる原因はパワハラ、リストラ、人間関係、過重な職務などです。安心して治療に専念してもらいましょう。
  20. 思いやりがない人を変えることは不可能です。身の振り方は二つしかありません。付き従うか転職するかです。
  21. 孤立する原因は話しかけられたときに反応が薄いと次からリラックスして話ができる者同士で固まり孤立するのです。
  22. あなたは大丈夫ですか?知らぬ間にお節介をやいていませんか?お節介を焼くというのは頼まれてもいない世話までする事です。良く言えば親切すぎ、悪く言えばされる方は有難迷惑と感じることでしょう。
  23. えこひいきとは、自分が気に入った者だけを優遇することです。特定の人だけに味方をしたり特別扱いをするのは不公平で面白くありません。
  24. 年配や職人に多い頑固な人が多い頑固な人。「融通が利かない性格」「非を認めない性格」「自分の考えを曲げない性格」を表します。もし頑固な人があなたの周りにいたらどうしますか?
  25. 大学生や社会人になった途端突如現れる意識高い系。これ見よがしに自慢したり周囲の目がある時だけ頑張っているふりをするのは意識高い系です。
  26. 誰にでも何でもかんでも喋ってしまう人のことを口が軽いと言いますが、大人になれば会社の愚痴や込み入った話が多くなる中、口が軽い人というのは敬遠されます。
  27. 「なんかあったら俺のとこへ来い。いつでも相談に乗るから。」営業部のI課長の口ぐせです。一見、人の面倒をよくみて頼りになる上司に映りますが…
  28. 仕事をサボる、皆さん経験した事ありますか?休日遊びすぎて、翌朝起きれない、飲みすぎて体がだるいなどよくあることです。いっそ仕事を休んでしまいたいというのは社会人あるあるでしょう。
  29. 何事にもついつい自分には甘い採点をしてしまいませんか?他人が何かしでかしたり失敗すると散々文句言う癖に自分が失敗すると笑ってごまかしたり開き直る人ってたまにいますよね。
  30. 自分のミスで説教を喰らうなら仕方のない事ですが、その説教が毎回長々と続いたらどうでしょう。ストレスでしかなりません。
  31. 「今日の気分は最悪..」「今日の気分は絶好調!」なんて時がありますよね。やり場のない怒りでイライラしているのにさらにイライラさせる出来事があるとそれを態度に出すか出さないかの違いだと思うのです。
  32. 同じ事をしてもどうして私だけ?って思ったり、あまり関わっていなくても嫌味を言われたり、些細な事にでも突っかかってくる人とは付き合いたくないものです。
  33. 噂話は一人ではできませんから、暇そうな人や話を聞いてくれそうな人を見つけては噂話をします。
  34. 職何事においても自分を中心として物事を考え周囲の言動は受け入れない、配慮ができない、自分勝手な者を自己中心的と言います。略して自己中。あなたの身近にはいませんか?
  35. もう少し積極的に動いてくれたらいいのにと思う事はありませんか?言われた事しかやらない人というのはたまにいますね。
  36. 時間にルーズな人に振り回されてイライラしないためにはどうしたらいいか?
  37. 相手に大きな要求を通すフット・イン・ザ・ドア・テクニックとは
  38. 人と長く付き合っていればそりゃ不平不満も少しはあるかと思います。愚痴を言ってストレスを発散する事もありませんか?
  39. 上から目線というのは立場が上の人が下の者に取る言動です。対等な立場であっても、あたかも立場が上かのような態度を取る事も上から目線で鼻につくと使います。
  40. 流行語大賞にもノミネートされたKY(空気が読めない)。一体どうゆう神経をしているのか。
  41. 報告・連絡・相談の頭文字を取った略語『報・連・相(ほう・れん・そう)』と言いますが、ホウレンソウができないのは社会人失格かもしれません。
  42. 言うことがコロコロ変わることを「朝令暮改」と言います。朝の命令が夕方には変わったなどして振り回されるのは嫌なものです。
  43. 状況に応じて対応ができない、機転が利かないという人が融通が利かない人です。良く言えば生真面目、悪く言えば頑固ですね。
  44. 比較される時ってだいたい批判ばかりで内心穏やかではありません。比較されるのは大人になってからもあるのです。
  45. マイナス思考とは、失敗や努力することが嫌なので、マイナスの事ばかり考えます。自分にとってこの人や仕事はメリットがあるのか?と損得勘定をするので、少しでも損が見られると動きたくありません。
  46. 愛想がない人は人間関係が煩わしいと感じているため一匹オオカミでいる方が楽だと感じます。他人にどう思われているか気にしない、構わないと思っているので、そっけない態度をとります。
  47. 自信過剰というのは、本来の地位や能力を見誤って自分を高評価することです。自信を持つことは良い事です。ですが、その自信が過剰すると大惨事を招く事があります。
  48. 細かすぎる!こだわりすぎ!完璧主義を求めすぎるあまり、細かい指示が多くて仕事に集中できない!
  49. 一見すると裏表があるとはわからない!?
  50. 人はなぜ嘘をつくのか。嘘は人間関係のトラブルの元。
  51. 疑り深いとは何か話すたびに、行動するたびに相手の言動の裏を読んで疑ってかかることです。疑り深いのと信じるでは、どちらが幸せ?
  52. 自分の性格に満足していますか? 頼み事を断り切れない性格をどうにかして直したい
  53. 嫉妬とは憧れや羨ましいと思う感情が強すぎる心理です。嫉妬が強いことを嫉妬深いと言います。嫉妬心が強いとDVやストーカー犯罪までに繋がるため注意が必要です。
  54. 「あの人達何話しているのだろう、もしかして私の噂?」と他人の会話が気になる。そんな人目を気にせずに過ごしたいと思うあなたのための記事です。