怠惰な人の特徴・心理・対処法

怠惰
“怠惰”とは漢字を見てもわかるように怠る(おこたる、なまける)と言う字が入っています。

人の様子や態度を表す時にだらしない、なまけているというふうに使います。

類義語には怠慢(たいまん)・休怠(きゅうたい)・手抜きなどがあります。

使用例:①怠惰な生活を送った結果、恋人にフラれた

②仕事ぶりが怠慢で雑

③怠惰な生活で酒に溺れる

いずれも良い行いとは言えません。

そうは言っても人間、たまには手抜きしたい時だってありますよね。

仕事で帰りが遅くなって夕飯をお惣菜に頼る、休みくらいはいつもより長く寝ていたいくらいならまだ許せますが、仕事をサボる、確認作業を怠る、時間を守らないとなると別問題です。

怠惰な人が与える印象は下がる一方です。

また私生活では怠惰な生活を送っていると身だしなみに気を使わなくなったり身体にも影響が出てきます。

「人は外見ではない中身だ」と言いますが、やはり一番最初に見るのは何といっても外見です。

いつも同じ服を着ている、服が汚れている、破けている服を着ても気にしない、髪やヒゲがボサボサしているなど身だしなみができていない人は誰も良い印象を持ちません。

せめて身なりだけでも整えていれば人間関係を築いていく上で人間性を見てくれます。

身近に怠惰な人がいて困っていると言う方に特徴と心理や対処法をお教えします。

怠惰な人の特徴や共通点

怠惰な人に共通して見られるのはだらしがない、怠るという点です。

だらしがないと言うのはやはり傍から見ても気持ち良いものではありません。

どうゆう人が怠惰な生活に陥りやすいのか特徴を挙げていきます。

面倒くさがり屋

怠惰な人は何をやるにもすぐに行動に移せない人で、口癖は「面倒くさい」「だるい」で終わらせます。

面倒くさがりの怠惰な人は片付けも面倒でデスク周りに物が散乱しています。

だいたいそういう人は部屋もゴミや洋服が散らかっています。

自分の好きなように過ごすお気楽な人です。

自分に甘い

怠惰な人は自分が嫌な事はやりたくない、どうにかして回避できないかあれこれ考える事だけには一生懸命です。

向上心がなく自分に甘い人。

「面倒くさい」「まあいいや」が口癖で失敗しても自分を許してしまいます。

空気が読めない

怠惰な人は空気が読めないと言うよりは空気を読まない人です。

自分だけ残業をしないで退社するなど他人に迷惑をかけても平気でいられる人です。

ぐうたらである

休みになると何もしないでゴロゴロしたい時がありますが、怠惰な人は常にぐうたらしています。

不規則な生活をしていて起きても歯磨きもしない、顔も洗わない、いつも同じ服を着ている、無精ひげを生やしているなど身なりが整っていない不潔な人です。

運動は嫌い、カップ麺で済ませる、もちろん後片付けもしない、たまってからようやく重い腰を上げるなど寝るか食べるかダラダラした生活を送っています。

そのせいか健康管理ができず太っている人が多いです。

時間にルーズ

怠惰な人は約束の時間に平気で遅刻して来る、ドタキャンするなど非常に時間にルーズです。

言い訳ばかりして簡単には改善されません。

前日に準備をしないから当日にバタバタ慌てて時間に遅れる事がほとんどです。

大雑把である

だらしがない怠惰な人は洗剤&柔軟剤の投入、料理のレシピなど面倒くさがりなので、分量をはかる時などは全て目分量で測ります。

失敗しても「ま、いっか」と気持ちの切り替えも早く、諦めが早いと言うか少々の失敗は気にしません。

嫌な事は後回し。

後でやろうとしたこともすぐに忘れて後から思い出すも時間に追われ雑に済ませてしまいます。

デリカシーがなく、思ったことをすぐに口にするタイプです。

怠惰な人の心理

怠惰な人は自分勝手で怠慢な行動が明らかに出ます。

周りが迷惑していることに何とも思っていないのでしょうか。

どうゆう心理なのかを挙げていきます。

自分だけ楽したい

怠惰な人は好き嫌いがハッキリしています。

嫌な事は絶対にしないし、かと言って、しないといけない。

そんな時は自分だけ、いかに楽して利益を得ようと企みます。

怠惰な人は人がいる時だけ動いて誰もいない時は動かない、楽な作業だけを選ぶなどズル賢い機転だけは利きます。

すぐに休みたがる

遅刻しそうになると普通は急ぎ足になりますが、怠惰な人は今からではもう間に合わない、走っても無駄だと全てのやる気が失せて休む事を考えてしまいます。

疲れたから休みたいと甘い考えも持っています。

人任せ

怠惰な人は余計な事には首を突っ込まない方がいいと常日ごろから思っています。

面倒な事に巻き込まれたくない、自分が後で怒られたりすることを回避するためです。

怠惰な人には責任感がまるでありません。

自分から動くことはなく人任せにするのは

「誰かがやるだろう」

「あの人が適任だ」

と責任を取りたくないため逃れようとしています。

反省しない

怠惰な人は「私はできない言ったじゃないか」と反省の色がありません。

できなくて当然、しょうがないで済ませます。

怠惰な人は責任転嫁をする時もあります。

今が大事

怠惰な人には「自分がやらなければ誰がやるのか」という考えがありません。

後の事より今その瞬間を優先します。

寝坊した時でも「遅刻すると他人に迷惑がかかる」と思うよりも、「どうせ急いだって遅刻には変わりない」

「まだ寝ていたい」

という自分の気持ちが優先に働き、遅刻してもなんとかなるだろうと軽く考えています。

中途半端

怠惰な人は

「まぁこれくらいでも充分だ」

「ここまでくれば充分だ」

と最後までやり遂げなくても自分が満足すれば適当なところで切り上げます。

また、

「字が読めさえすればいい」

「自分だけがわかればいい」

とこだわりがなく大雑把です。

後回しにしていたことも忘れる事が多く、中途半端で終わってもあまり気にしません。

軽視している

怠惰な人は多少のデメリットはあったとしても致命傷にはならないだろう、と事の重大さをわかっていません。

「何とかなるだろう」「その時はその時だ」と楽観的に考えています。

怠惰な人への対処法

職場に怠惰な人がいるとイライラしますね。

同じ給料もらって仕事量が違うと一生懸命こなしている自分がバカバカしく思えます。

話したくもないし、協力もしたくありませんよね。

どうしたらいいのか怠惰な性格を気づかせる方法とともに対処法をまとめます。

割り切る

温厚な人であれば、能力がないと諦めるか怠惰な人はそうゆう人なんだと割り切ります。

「何にもできないんだな~可哀想~」

「あれじゃ恋人もできないだろな~可哀想~」

と優越感に浸って心の中で笑っていればいい。

指示する

怠けているのが許せないと言う人は、その都度その都度声を掛けてサボらせないようにしましょう

「残業になりたくないから急ごう」

「さっさと終わらせて帰ろう」

とモチベーションを上げます。

分担する

怠惰な人に対しては、きつい仕事から逃れられないように最初から仕事の分担を決めましょう。

それでも相手は口実を付けては楽な仕事を選ぼうとします。

そしたら簡単な仕事の量を増やせばいいのです。

嫌味を言う

与えられた作業を「できない」と言う怠惰な人には

「そうだったね、あなたにこれは難しすぎるから他あたるわ」

「優秀な誰誰さんに頼むわ」

とチクリ嫌味をこめて言ってみませんか。

そうゆう人に限って闘争心に火がついて「やればいいんでしょ、やれば」と渋々行動に出るかもしれません。

ハッキリ言う

ダラダラしている怠惰な人にはハッキリ言わないと改善の余地はありません。

現実を突きつけて目を覚まさせましょう。

近しい人だったら

「怠慢な生活を送っていれば大事な人を失う事になる」

「時間を守らないと信用を失う」

「貯金ができないと将来が不安にならない?」

と煽ってみましょう。

自覚して見つめなおすきっかけです。

まとめ

怠惰な人は長い人生、損をしてしまいます。

ダラダラしている人に人は寄り付こうとしません。

人が寄り付かなければ寂しい人生を送る事になります。

なまけている人に高い評価は付きません。

出世も遠のきます。

自分怠惰だったなと思った人は今からでも遅くありません。

自分を変えるチャンスです。

仕事もうまくいって美味しい物食べて旅行もして幸せな家庭も築いて人生、明るく楽しく生きましょうよ。

【関連書籍】

怠惰への讃歌 (平凡社ライブラリー) | バートランド ラッセル

【大震災】生き抜く為の必読本!: 快適に乗り切る賢い人 嘆きで終わる怠惰な人

仕事中毒を治す法―怠惰の哲学 | ウェイン・エドワード・オーツ