失礼な人の特徴・心理・対処法

失礼
世の中には社会人になっても常識も礼儀もなく失礼な人がいるわけで、、。

人と会う時は基本である挨拶や返事やお礼がなってなかったら今後、良い付き合いができるとは考えにくいです。

付き合ったとしても挨拶もロクにできないのですから、他にも問題が出てくると思われます。

今回のテーマは“失礼な人”失礼な人と言ってもデリカシーがない、無神経、陰湿、非礼と度合いは様々です。

いずれにせよできれば付き合いたくないタイプばかりです。

あなたの周りに失礼な人がいたらどう対処しますか?先輩や上司だからと言ってただただ我慢してるだけでは状況は変わりません。

この記事を読んでイライラから逃れるヒントを見つけてください。

失礼な人の特徴や共通点

先ずは失礼な人に共通する特徴から考えてみましょう。

常識がない

あなたが誰かと接していてこの人失礼だと感じる時はどんな時ですか?

先ずはじめに挙げられるのは常識がない人です。

人に会うときは基本的な挨拶からして、できない人です。

挨拶ができなければお礼もできない。

失礼な人はそんな一般常識がないからこそ、人前でも平気で礼儀知らずな事が言えるのです。

欠点をズバズバ言う

失礼な人は思った事をすぐ口に出す性格なので、後先考えずに人が不快になる言葉をポンポン口に出してしまう人が多いです。

失礼な人は

・相手の容姿、体系を見て背が低いからこれ飲んだらいいよ

・ぽっちゃりだからダイエットにはこれがおススメだ

・髪が薄いのは遺伝だからしょうがないよ

とついでに良かれと思って余計なアドバイスもします。

自己中心的である

相手を思いやれる人であれば、失礼なことは言わないはずなので、当たり前のことではあります。

失礼な人には、そもそも自分が失礼な発言をしているという自覚はなく、思ったことを口にしているだけです。

むしろ相手がおかしなことを言う奴だと自己解釈をする自己中心的な性格の持ち主です。

他人の気持ちを考えない

失礼な人は人づきあいがないから他人との接し方がわからず、他人の気持ちを考えた事がなく、細かい事にも気づかないでいます。

失礼な人は

・恋人にフラれて落ち込んでいる

・リストラに遭った・複雑な家庭環境

・お金絡みなどプライベートな問題

といったことまで根掘り葉掘り探ろうとします。

デリカシーがない

デリカシーとは繊細・細かいという意味で、配慮に気づけない人をデリカシーがないと言います。

失礼な人は細かすぎて失礼なことを言っている自覚がない人がほとんどです。

失礼な人とは例えば30~40代の女性に対してお肌の調子だの年齢や異性関係をサラッと人前でいじったりする人です。

あまり悪気がないのが厄介です。

失礼な人の心理

どんな人でも気づかず相手を不快にさせてしまう事はあると思います。

「私はそんなことなかったわ」とおっしゃる方は、相手が不快な素振りを見せなかったとも考えられます。

失礼な人が普通の事だと思ってやったことでも、相手や状況に応じて受け取り方は様々です。

例えば場を盛り上げるためや、笑いを取るために過去の失敗談を話したところ、笑いは取れたが話のネタにされた人は失礼だなと思うでしょう。

第三者の事までは考えきれていません。

どんな事を考えているのかここからは失礼な人の隠された心理を見ていきましょう。

自分の立場が上だと思っている

失礼な人は相手よりも立場が上なのをいいことに発言には気を使う事なく、部下に命令しているだけなので失礼だとは思っていません。

むしろ当たり前だと思っています。

感謝の気持ちがない

失礼な人が挨拶もお礼もしないのは、してもらって当たり前だと思っているからです。

人は見返りを求めて助けているわけではありませんが、「ありがとう」の一言があるだけで今後の人間関係が大きく変わってきます。

失礼な人はお礼どころか

・「別によかったのに」

・「頼んだ覚えはない」

・「相手が勝手にやった事だ」

という態度の人もいます。

自覚がない

失礼な人は場がシラけないように盛り上げたつもりでいます。

例えば仕事でミスして落ち込んでいる人に対して

「こいつなんか何回ミスして怒られたか知ってるか?一回ミスったからってこいつに比べれば全然マシ」

と慰めているようでけなしたりします。

慰めているつもりで失礼なことを言っている自覚がありません。

悪く言えば鈍感だとも言えます。

優越感に浸る

失礼な人は嫉妬心が強く、他人への憧れやコンプレックスを抱いています

失礼な人は劣等感をどうにかしたい時に、相手の欠点を指摘する事で優越感に浸りたいのです。

欠点を指摘することで、自分の方が優れていると思える状況に持っていき欲求を満たしたいのです。

コミュニケーションを避けたい

挨拶をしても無反応の人がいますよね。

挨拶くらい仕方ないかと思いでしょうが、挨拶をしても無視し続ける人は挨拶を始める事によって、深い付き合いになるのでないかと面倒くさくなる前に、人を避けているのです。

失礼な人は長い付き合いなのでお礼も言わなくても、相手はわかっているだろうと思っています。

失礼と無礼の違い

失礼と無礼は似ていますが、違いがあるのはご存知でしたか?

・失礼とは礼儀を知っているにも関わらず礼儀に欠けていることです。

軽く謝る時にも使用します。

「ちょっと失礼します」

「お先に失礼します」など

・無礼とは「礼」が「無い」と書いて無礼(ぶれい)礼儀を知らないことです。

「この無礼者め!」とご立腹の時に使用します。

無礼の方が程度が重いのです。

失礼な人への対処法

最後に失礼な人への対処法を考えます。

気にしない

人は全ての発言に悪意があるわけではありません。

ついうっかり失礼な発言をしてしまったという事も考えられますので、その後の行動を観察してください。

その後も普通に接してくるのであれば、流す方が人間関係にヒビが入る事はありません。

ハッキリ言う

失礼な発言ばかりする人は、鈍感で失礼だと思っていない人がほとんどなので、遠回しに言っても遠慮がちに言っても効き目がありません

失礼な人に指摘や注意をすることは、なかなか勇気がいるものです。

しかし、限界がくれば上司であろうと先輩であろうと「今の言い方は失礼にあたる」「今の言葉は傷ついた」とハッキリ言いましょう。

今の時代パワハラ問題で上司が訴えられる事例も少なからずあります。

叱責だけがパワハラではありません。

・「結婚して家庭入らないの」

・「これだから結婚出来ないんじゃないの」

・「35歳までには出産しないとね」

などもハラスメントになります。

いざという時のために記録や録音の必要かもしれません。

オウム返しをする

「仕事できない奴だな」と言われたら「仕事が出来ずに迷惑かけてすいません」とオウム返しして落ち込んだフリをします。

するとそれ以上は言ってこないです。

丁寧語で返して距離感を与える

失礼な人が後輩であっても同僚であっても、嫌味なくらい丁寧すぎる丁寧語で全て返すことで、相手に距離感を与えます。

慇懃無礼(いんぎんぶれい)という言葉があります。

意味:丁寧すぎて返って無礼だ

この効果を利用します。

一見丁寧ではあるが、見下された感を与えることで距離を置かせるのです。

まとめ

以上、失礼な人の特徴や心理を見てきましたが、自分は気づかない場合があるとおわかりいただけたでしょうか?

それをふまえて接するとストレスが軽減されます。

また勇気を持つと所は勇気を出して伝える事が必要です。

【関連書籍】

そこのあなた!その自己中マナー、失礼です!!(ひじょうしき) 3秒で身につく!新社会人の徹底マナー

その場にふさわしい失礼のない表現が身につく! 成果を手にするビジネス英会話

言い返す力―「失礼な!!」にキッパリ対応する