思いやりがない人を変えることは不可能です。身の振り方は二つしかありません。付き従うか転職するかです。

「思いやりの気持ちを持とう」 小学生の道徳の授業や中学生の弁論大会に出てきそうな言葉です。 思いやりの気持ちを持ったほうがいいことに異論を挟む余地はありませんが、社会には思いやりのかけらもない人が一定数いることも事実です。 もし思いやりがない…

職場でうつ病になる原因はパワハラ、リストラ、人間関係、過重な職務などです。安心して治療に専念してもらいましょう。

うつ病はつらい出来事がきっかけで発症します。 職場ではパワハラ、リストラ、人間関係、過重な職務などがうつ病の原因になることが多いです。 うつ病の症状として以下の特徴が挙げられます。 ・夜眠れない・食欲がない・気分が落ち込む・集中力の低下・自己…

比較される時ってだいたい批判ばかりで内心穏やかではありません。比較されるのは大人になってからもあるのです。

誰かと比較する、または比較される事ってありますよね? 兄弟、ご近所さん、クラスメイト、会社の同期、結構どこ行っても比較の対象になるのではないでしょうか。 比較される時ってだいたい批判ばかりで内心穏やかではありません。 親が子に「お兄ちゃんは勉…

状況に応じて対応ができない、機転が利かないという人が融通が利かない人です。良く言えば生真面目、悪く言えば頑固ですね。

社会に出ると「あの人は融通が利く、融通が利かない」とよく聞きます。 職場だけでなくご近所さん、学校、身内のどこにでもいるものです。 何か起こてもその場に応じた適切な処置ができる人が融通が利く人です。 状況に応じて対応ができない、機転が利かない…

ネットとリアルで態度が違っても気にすることはありません。ネットで不快なものを見ても、閉じるボタンを押して見なかったことしましょう。

今や誰もが楽しむインターネット。 ブログなどを開設して投稿すると、様々なコメントが寄せられます。 そこで人とつながることで、新しい気づきを得たり、共感したり、自信につながることがあります。 しかし、良いことばかりではありません。 インターネッ…

八つ当たりとは、怒りや不満を関係のない人に向けて発散することです。八つ当たりのターゲットにされた人はたまったものではありません。

腹が立つことがあるとついやってしまう八つ当たり。 私は学生のころ親に注意されたあと、部屋にこもるときにドアをピシャッと閉めてゴミ箱を蹴った経験があります。 モノに当たるのはまだいいほうでしょう。 八つ当たりは受ける人にとって実に理不尽な行為で…

損得勘定で態度を変える、好き嫌いがはっきりしていてそれを包み隠さないなど人によって態度を変えることはそんなに悪いことではない?

「誰にでも平等に接しよう」 なんとも耳触りのよい言葉ですが、実現できている人はそう多くはないでしょう。 怖そうな顔付きの人には言いたいことが言えなかったことや逆に気が弱そうな人には傷つくことを平気で言ったことはありませんか? 異性に接するとき…

「いや、違うんです」「でも」「だって」。自分に不都合なことが起こると言い訳ばかり並べられたらアメとムチを使い分け、役割分担を明確にしましょう。

「宿題やった?」「これからやるところだった」 小学生がよく言う言い訳ですが、あなたの周りにもいい年して言い訳ばかりする人はいませんか? ミスをすると言い訳をしたくなる気持ちは分かります。 しかし、言い訳をする姿は見ていて見苦しいものです。 見…

飲み会が好きならいいのですが、嫌いでもしぶしぶ付き合っていませんか。ここでは飲み会の上手な断り方を紹介しています。

突然ですが、あなたはお酒が飲めますか? 社会人になると取引先との接待、歓送迎会・忘年会・新年会・慰労会などさまざまな場面でお酒を飲む機会が多くなります。 お酒は飲めない方でも会社の付き合いで飲まなければいけないときがあるでしょう。 お酒は好き…

言うことがコロコロ変わることを「朝令暮改」と言います。朝の命令が夕方には変わったなどして振り回されるのは嫌なものです。

職場の人間関係の悩みはどこに行ってもつきものです。 パワハラ問題、セクハラ発言本当に悩みは尽きないものです。 今回のテーマは「言う事がコロコロ変わる人」 朝の命令が夕方には変わる事。あてにならない事。まさに朝令暮改な上司。 職場にいたら困りま…

報告・連絡・相談の頭文字を取った略語『報・連・相(ほう・れん・そう)』と言いますが、ホウレンソウができないのは社会人失格かもしれません。

『報・連・相(ほう・れん・そう)』という言葉を知っていますか? 報告・連絡・相談の頭文字をとった略で仕事に就くと必ず聞く社会人の心得えとも言える言葉です。 強く教えこまれた方もいるのではないでしょうか? 「報告」とは上司からの命令や指示に対し…

流行語大賞にもノミネートされたKY(空気が読めない)。一体どうゆう神経をしているのか。

いつの頃からか空気を読めない人を『K(空気が)Y(読めない)』と呼ぶようになりましたね。 『KY』は流行語大賞にもノミネートされましたからみなさんご存知かと思います。 必ずと言っていいほど職場やグループに一人はいますよね。 一体どうゆう神経をして…

面倒なことはやりたくないのですが仕事となると事情が違います。いつも面倒事を押し付けられている方は、ぜひ読んでください。

面倒なことは誰だってやりたくないものです。 しかし、仕事となると事情が違います。 面倒なことでも上司から命じられた仕事だったら、断れる人は多くはないでしょう。 実は面倒な仕事を押し付けられやすい人はだいたい決まっています。 「なんでいつも私ば…

見下す人は自分の仕事については評判は高いのですが、仕事ができない人には冷たく当たります。見下されても自分だけじゃないと思いましょう。

人は本能的に相手を自分よりも下か上か判断していると言われています。 人は誰しも見下されると嫌な気持ちになりますが、自分でも気づかないうちに他人を見下しているかもしれません。 ここでは見下す人の心理や上手な付き合い方をご紹介します。 Mさんは財…

上から目線というのは立場が上の人が下の者に取る言動です。対等な立場であっても、あたかも立場が上かのような態度を取る事も上から目線で鼻につくと使います。

『上から目線』今やテレビでも実生活でも聞かない事はないというくらいに使っていますよね。 上から目線というのは立場が上の人が下の者に取る言動です。 対等な立場であっても、あたかも立場が上かのような態度を取る事も上から目線で鼻につくと使います。 …