自信過剰というのは、本来の地位や能力を見誤って自分を高評価することです。自信を持つことは良い事です。ですが、その自信が過剰すると大惨事を招く事があります。

f:id:tedukurikotoba:20181218135056j:plain

自信を持つことは良い事です。ですが、その自信が過剰すると大惨事を招く事があります。

自信過剰というのは、本来の地位や能力を見誤って自分を高評価することです。

例えば自動車運転歴20年の無事故無違反のベテランドライバーのお話です。

「交通事故なんて今まで一度も起こした事ないよ大丈夫大丈夫」と言っていた同僚が、出張を命じられて出張先で交通事故を起こしたと聞いた時は、もちろん心配もしましたけど、根拠のない自信を持つからだと思いました。

そして毎年台風が来ると必ずニュースに出るのが、屋根の修繕や補強をしようと思ってけが人が出るのが、70代に多いということ。

自分はまだまだ大丈夫と思っている高齢者が多いとの事でした。

年々80代超の高齢者の交通事故も増えています。

60~80代のアンケート結果を見ると「車の運転に自信あり」と答えている高齢者が年齢が上がる毎に微増しているのを目にしました。

残念なことに自らの老いを認めたくないのか、本当に自信があるのかはわかりませんが、身体能力の低下は、科学的にも明らかになっているのは事実であります。

確かにできるかもしれませんが、危険やリスクを考えて控える事も大事です。

先日、身内の結婚式に出席するために帰省したBさんとバッタリ会い、久しぶりに話をしました。

地元の専門学校を出て東京のイベント会社に就職したBさんは、同じ企画課に所属する同僚のKさんの事で悩みを聞きました。

職場でもプライベートでも自信過剰過ぎてついていけないという悩みでした。

対処方法を一緒に考え見ていきましょう。

Bさんと同僚のKさんは同期入社で年はKさんの方が2つ年上です。

Bさんは専門学校卒業ですが、Kさんは私学のまあまあ有名な大学出身で何かと有名人が多くいた大学だと自慢します。

自慢話ばかりしたがる事を除けば気も合うし、趣味の同じだし、プライベートでも月1くらいの割合でカラオケやご飯を食べに行きます。

口も達者で仕事はできる方です。企画力や実行力もあります。しかし、ちょっとしたミスがとにかく多すぎるのが玉にきずです。

スピードは速いのですが、会議資料にしても集計にしてもうっかりミスが多いのです。

同じ時間に作業を始めても格段に速いので「チェックはしたの?」と聞きますが、「間違うはずがないじゃない」と言うばかり。

ミスを指摘すると機嫌が悪くなって一日しゃべらない事があります。しかし、翌日には何事もなかったように「ランチ行こうよ~」と誘ってきます。

2月のバレンタインデー商戦が近づくと、各自企画を最低3件持ち寄らなければなりません。

この時もKさんと退社後、忘年会も兼ねてご飯を食べながらアイディアを出し合いました。

Bさんが考えたチョコレートにメッセージを書くというアイディアをありふれていると否定したくせに、Kさんが提出した企画はBさんのアイディアにひと手間加えた企画でした。

Bさんが指摘すると「あなたのアイディアとは全然別物、私の方が断然見た目も豪華だわ」と言い放ちました。

企画が採用され調子に乗ったKさんは舞い上がり、それ以降、毎回同僚や後輩を見下すようになりました。

一度、成功経験があると、自分は優秀だと思って上司に媚を売るようにもなりました。

Bさんに任された仕事があったのですが、Kさんが「Bさんには無理ですよ。私に良い考えがあります。伝手もありますので、情報収集ができます」と自信満々に語り、結局はKさんが任されました。

正直もうKさんに不信感しかなく、せめてプライベートだけでも付き合いたくないと思い始めました。

こういう場合はどうしたらいいのでしょうか?

自信過剰な人の特徴

f:id:tedukurikotoba:20181218135208j:plain

①プライドが高い
 私にできない事などないと“できるアピール”を最大限に見せたがります。同じレベルの者が現れても決して褒める事はありません。
 それどころか勝手に敵対心を燃やします。

見栄を張る
 何でも一番でなければ気が済まないため、流行物はいち早く取り入れようとします。 

③負けず嫌いである
 人に指図されるのが嫌いです。熱くなるタイプが多いです。そのため常に先立ってリーダーシップを取りたがります。 
 
④自分の非を絶対に認めたくない 
 ミスをしても素直に受け入れる事ができないため都合の良いように言い訳をしたり、ミスをとがめられると逆ギレします。

⑤自分に自信がある
 学歴・貯金額・私生活・すべてにおいて自慢をしたがる傾向にあります。高級ブランドがいくらした、人間関係の繋がりなどオーバー に盛ることもあります。しかし、他人の自慢話は聞きたくもありません。聞いたからには意地でも張り合おうとします。

自信過剰な人の心理

自分を大きく見せたい
本当は実力が伴っていないことに薄々感じてはいるが、まだまだいける、どうしても認めたくない、周囲に悟られたくないという強いおもいから、優秀に見られたいという欲求が働きます。

他人の評価がとても気になる
他人が自分のことをどう思っているのか非常に気になるので、自分の優秀さを知ってもらいたいと誇張する傾向があります。

自信過剰な人との接し方

f:id:tedukurikotoba:20181218135510j:plain

相づちの仕方
この人自信過剰だなと感じても聞き流せば問題はありませんが、仕事の付き合いともなるとそうはいかないものです。
完全に無視すると仕事にも影響が出てくる恐れがあります。適度な相づちを打つくらいでいいでしょう。
パソコンを見ながら、携帯を見ながら、食事をしながら、“ながら動作”で無関心を装うのです。「そうなんだ~」とひとことだけ返せば段々相手も諦めてくるでしょう。

話題を変える
相手は「すごいですね」「さすがですね」という言葉を期待していますので、褒めるとさらに話が長くなります。
話題を変えるのが一番の策です。

一部褒める
自慢話に何も反応がないと機嫌が悪くなりますので、適度に褒めて気分良くさせときましょう。

衰えを認めたくないのが本音

年を取れば取るほど自分にはキャリアがあると衰えを認めたくないものです。

大きなミスをしない限りは素直に認める事はないでしょう。

まとめ

自信過剰な人は自慢話が長かったり、人のことを見下したりする場合があります。

本当に実力がある者は自慢話をしないものです。

付き合いにくいイメージがありますが、自信過剰な性格ゆえにたとえばアドバイスを求めたら、「俺に任せろ大丈夫だ」と自信が湧いてくるような答えが返ってくると思います。

前向きに考えてみましょう。