恥ずかしがり屋の特徴・心理・対処法

恥ずかしがり屋
あなたの恥ずかしがり屋度はどれくらい?

初めて集まる場面で必ずしなければいけないのが“自己紹介”。

人前に立つだけでも恥ずかしくて嫌!って言う人いますよね。

恥ずかしがり屋さんは相手が少なかろうと大勢だろうと人数に関係なく恥ずかしいものは恥ずかしのです。

恥ずかしがり屋のコンプレックスを克服したい!!と思っている人は多いはずですよね。

筆者の子ども達も極度の恥ずかしがり屋でした。

大人に名前を聞かれてもモジモジして隠れたり、お友達が砂場で遊んでいる輪に入っていくのが恥ずかしくて「一緒について来て(小声で)」と必ず言っていました。

後から自分だけ加わるという状況が嫌のようでした。

輪に入っても子どもってずっと同じ場所に留まっていないじゃないですか~。

移動するごとに私を探している様子でした。

たまにポツンと一人になることがあり、このままではいけないと思い3才から幼稚園に通わせました。

幸い同じバス停から乗る女の子が10人ほどいて毎日しゃべりかけてくれる女の子のお陰で元気に登園バスに乗って恥ずかしがり屋は1週間ほどで克服しました。

このように育った環境も関係していて成長の課程でコミュニケーションを見に付けていきます。

かと言って全ての人が恥ずかしがり屋は克服したわけではありません。

社会に出るとさまざまな場所でコミュニケーションが求められます。

そのままにしておく人もいれば何とか克服したいと思うでしょう。

ではどのようにして克服すればいいのでしょうか。

恥ずかしがり屋の特徴や心理や原因を説明&解明していきましょう。

恥ずかしがり屋に共通する特徴

恥ずかしがり屋の性格の人は、人見知りである、極度の緊張体質であるという共通点があります。

人見知りは最初はとっつきにくいけど慣れたら普通に接するパターンと最初からずっと人を受け付けない人がいますね。

また恥ずかしがり屋には色々な仕草が見られますので、それぞれ言動の特徴を挙げていきます。

顔が赤くなる

あがり症の恥ずかしがり屋は人前に立つと緊張して顔が赤くなったり、体が火照ったように熱くなります。

「耳まで真っ赤だよ」と言われれば意識してますますドキドキします。

手に汗をかくのも緊張している証拠です。

人と目を合わせない

恥ずかしがり屋は、人としゃべる時や話を聞いている時でも相手の目を見る事ができません。

視線は少し横にずらすかキョロキョロしてしまいます。

普段からうつむき加減であることが多いです。

どもる噛む

恥ずかしがり屋は人としゃべる時や「わ、わ、わ、わたしは~で、です」とどもったり言葉を噛んだりします。

コンプレックスから声も小さいです。

初対面の人や緊張すればするほど声が震えたり言葉に詰まります。

人とのコミュニケーションが苦手な人に多く見られます。

シャイである

恥ずかしがり屋は人見知りと少し似ているところがあります。

口数が少なく恋愛で言えば奥手でシャイボーイです。

女性だけが苦手な人もいます。

または女友達の前では平気だけど、好きな人の前だけは恥ずかしがって話すことができない人もいます。

自分からは決して話し掛けません。

自分に自信がない

自分に自信がある人は堂々としていますが、恥ずかしがり屋は自分に自信がありません。

そのため自ら挙手をして発言をする事は絶対にありません。

急に名指しされるとビクッとします。

頭が真っ白になるでしょう。

一人が多い

社交的な人であれば外出やおしゃべりをします。

しかし、コミュニケーションが苦手な恥ずかしがり屋は自分から輪に入っていくタイプではないため友達も少なく誘われる機会もなく必然的に一人でいることが多いです。

しかし、一人でいるのは苦ではありません。

むしろ一人の方が楽です。

恥ずかしがり屋の心理

恥ずかしがり屋は胸の内をペラペラしゃべらないので掴めない部分があります。

ワイワイしているグループを見ると羨ましくはあるが、自分は面白いネタがないから輪に入っていけないなど消極的です。

好きで孤立しているわけではありませんので、さまざまなシーンで心理を挙げていきます。

不安がある

恥ずかしがり屋は

間違えたらどうしよう

失敗したらどうしよう

笑われたら恥ずかしい

とマイナス思考に考えてしまい先に進めません。

そんなことになるくらいなら最初からしない方がいいという結論に至ります。

大勢いる場所が苦手

恥ずかしがり屋は人が多い場所が苦手です。

また集団行動も苦手です。

人が多く集まると時には主張したり、人に合わせなければいけなくて気を使いますので、一人でいる時が一番リラックスできます。

好きだから

好きな人の前で恥ずかしくなるのは、みなさん経験済みではないでしょうか。

堂々とアプローチする人もいますが、黙り込む人もいます。

どちらも自然な感情です。

好きな人を前にすると何話していいかわからない、心臓がバクバクする、本音と真逆の発言をするなどあたふたします。

コンプレックスがある

恥ずかしがり屋の中には

太っている

ニキビ体質である

出っ歯である

など容姿にコンプレックスがあり、人前に出るのが恥ずかしくて嫌と言う人もいます。

これは他人の目線が非常に気になるからです。

自分を見て笑ったのではないかと余計な心配までしてしまいます。

注目を浴びるのが嫌

恥ずかしがり屋はみんなが見ている、期待していると常に誰かに見られている感覚に襲われます。

見張られている感じが緊張してうまくできない負の連鎖を生みます。

他人からの評価を気にする

他人と比較したり他人からどう思われているか、周りの目を非常に気にするあまり、自己評価が低い部分は恥ずかしくて隠そうとします。

強い劣等感を抱いているからです。

SNSでも顔出しはNG!

集合写真はなるべく後ろの端っこの方で髪で隠そうとするか人に隠れがちになります。

恥ずかしがり屋を克服するには

恥ずかしいからと言って、引っ込み思案になっていては、いつまで経っても恥ずかしがり屋は克服できません。

恥ずかしがり屋だとチャンスを逃したり恋愛で奥手になったり何かと損をします。

いきなり完全に克服はできませんが、「克服したい!」と思った時こそ変わるチャンスです。

毎日の積み重ねで徐々に慣らしていきましょう。

声を出す習慣をつける

一人でいる空間は誰も見ていませんので、恥ずかしがらないで、発声練習と思ってテレビに思った事を即座に声を掛けてください。

否定意見やボケやツッコミなどどんな言葉でもいいのです。

声を出す習慣をつけることが大事なのです。

深呼吸する

恥ずかしがり屋は人前に出ると緊張しますね。

目を閉じて深呼吸しながら心の中で
「大丈夫!大丈夫!」

「できるできる」

と自分に言い聞かせてください。

相手は顔じゃなくて好きなキャラクターを意識してください。

あるいは視線はなるべく相手と同じ目線の先を見て焦らないでゆっくり言葉にしてください。

手のひらに自分なりのおまじないをなぞると気分的に楽になりますよ。

誘いを断らない

恥ずかしがり屋に自分から積極的に誘えとは言いませんが、最低でも人からのせっかくの誘いは断らずに、コミュニケーションを取る努力をしてみませんか。

話すネタがなくても相手が持ち出した会話に入るとか笑顔でいることを心掛けてください。

人と多く接する事で恥ずかしがり屋が薄れます。

間違っても大丈夫

恥ずかしがり屋じゃない人でも失敗や間違いはあります。

それをいちいち大笑いする人っていますか?

誰にでもあることです。

自分が特に気にしているだけで周りはさほど気にしてませんよ。

すぐに忘れます。

人と会う

何よりも人に慣れなければ恥ずかしさは克服できません。

少しずつ会話に参加したり、人が集まる所に行ってみて観察してみてください。

よーく見ると待ち合わせだったり、スマホをいじっていたり自分のことでいっぱいいっぱいですよ。

人に見られているという思い込みは捨てましょう。

まとめ

心掛け次第で恥ずかしがり屋は必ず克服できます。

恥ずかしがり屋が克服すれば視野が広くなります。

自分を信じて「必ず変わるんだ」と強い気持ちで頑張っていきましょうね。

【関連書籍】

言いたいことが言えない人 「恥ずかしがり屋」の深層心理 (PHP新書)

恥ずかしがり屋でも初対面の人に一瞬で気に入られる13の法則