承認欲求が強い

承認欲求が強い人の特徴・心理・対処法

承認欲求

人はだれでも他人に認められると嬉しいものです。

しかし、昔は他人に認められる前に自分を知ってもらうこと自体が簡単なことではありませんでした、 現在はインターネットやSNSの普及によって簡単に、しかも世界中に自分をアピールできるツールが使えるようになりました、 そのため昔に比べて自分をアピールして認めてもらいたいという欲求が高まったように感じます。

この承認欲求が強い人にはどんな特徴があり、周囲にどのような影響を与えるのでしょうか? 今回は承認欲求が強い人について考えてみましょう。

Contents

承認欲求とは

承認欲求(Esteem needs)はアメリカの心理学者アブラハム・マズロー著「要求5段階説」に出てくる言葉です。

つまり一種の心理学用語ですが、承認欲求は以下の5つの欲求でも高次の欲求とされています。

  1. 自己実現欲求
  2. 承認欲求
  3. 所属と愛の欲求
  4. 安全欲求
  5. 生理的欲求

上記の欲求の中では承認欲求は2番目に高次の欲求ですが、現在の日本に住む一般的な人は承認欲求よりも下の欲求はすでに満たされていると言えます。

そのためその次の段階の承認欲求を求める人が多いのは当然のことかもしれません。

承認欲求は具体的には以下の欲求となります。

  • 個人として見てもらいたい
  • 自分の考えを理解されたい
  • 自分が役に立つことを認められたい
  • 大事にされたい

承認欲求には2種類あり「他者承認欲求」と「自己承認欲求」がその2つですが、一般的に承認欲求というと他者承認欲求のことを言います。

他者承認欲求は自己承認欲求よりも低次元の欲求です。

他者承認欲求にとどまってしまうと、承認を得られるかどうかは他人に依存することになり危険だと言われています。

自己承認欲求を求めるべき理由

自己承認欲求は自分で自分を認めたいという欲求のことです。

具体的には知識や能力を高めたり技術を磨いたりというように自分の存在価値は自分で決めることができます。

そのため他者承認欲求が満たされたときよりも、自己承認欲求が満たされたときのほうが心から満足することができます。
つまり他者承認欲求よりは自己承認欲求を求めるべきだと言えるのです。

ただし、あまりにも高い目標を掲げすぎると、失敗する可能性が高くなり意気消沈してしまいます。

結果として自己承認欲求が満たされなくなり、反動で他者承認欲求を求めることになります。

承認欲求が強い人の特徴

ここからは承認欲求は「他者承認欲求」という意味で使います。

それでは承認欲求が強い人の特徴から考えてみましょう。

  • 寂しがり屋
  • 目立ちたがり屋
  • ストレスを解消でバランスを取る
  • 話を聞かず同意を求める
  • 自分を語るのが好き
  • 家族や身内が大好き
  • 職場ではがんばり屋
  • 他人をよく褒める
  • 自分に自信がない
  • 次に上記の特徴を個別に紹介します。

寂しがり屋

SNSを利用して承認欲求を満たそうとする人の大半は寂しがり屋という特徴を持っています。

寂しさを埋めるためにSNSで人から注目を集めたり、反応を受けたりしています。

自分のことは平凡で面白みがないと思っているので、人の注目を集めたいという欲求からSNSをやっているタイプです。

「いいね」の数を増やすことで欲求がある程度満たされますが、心から満足することはできません。

目立ちたがり屋

承認欲求が強い人の中には目立ちたがり屋という特徴を持つ人もいます。

ニュースなどで報道されている迷惑行為や犯罪行為を動画にアップしている人たちもこうしたタイプの承認欲求が強い人と言えます。

自分は他人と違うということをアピールしたがり、注目されることで自分が特別だと勘違いをしてさらに行動がエスカレートします。

その結果、犯罪行為やそれに近いことまでやってしまいます。

自己顕示欲が強く他人に注目されることで安心感や満足感を得るタイプです。

ストレス解消でバランスを取る

職場とプライベートで違う顔を持つ、または学校とネット上では別人のように振る舞う学生は、日常のストレスを発散することでバランスを保っているタイプです。

日常の自分は疎外感を感じていたり閉塞感を感じていたりしますが、違うコミュニティではその反動として人から注目をされる行動をします。

日常から逃避する目的で承認欲求を満たしているのです。

話を聞かず同意を求める

承認欲求が強い人は自分が満たされていないので、会話では人の話を聞かず自分の話の同意を求めるという行動が多くなります。

このタイプは自分では人の話に割り込んだり話を聞かなかったりしますが、自分の話を中断されることは嫌います。

自己中心的な特徴もあるので自分の話を聞いてもらうことを最優先にしているため他人の話を聞こうともしないのです。

自分を語るのが好き

SNSで自分のことばかりを語っている人も承認欲求が強い人です。

自分のことばかり語るのは自分への同調や共感を求めているからですが、他人にとっては全く興味がない話をSNSで発信しても意味はありません。

エスカレートすると自分を語るだけでなく世の中の出来事に対する自分の意見を主張したり、自分の意見を押し付けたりするようになります。

これらの行動も自分を認めてもらいたいという欲求の現れです。

家族や身内が大好き

承認欲求が強い人は自分を認めてもらいたいという欲求が強いので、ある程度自分を認めてくれる家族や身内をかばうという特徴があります。

一般的に身内をかばうのは当然のことですが、身内や家族に非があることに対しても盲目的にかばってしまうのです。

仲間思いというのはいいことですが、自分を認めてくれる人を失いたくないあまりに盲目的になってしまうことには問題があります。

職場ではがんばり屋

承認欲求が強い人は自分を認めてもらいたい目立ちたがり屋という特徴があるので、仕事においてはがんばり屋が多いという結果になります。

職場で新しい仕事や新しい部署についた途端にはりきる人はいないでしょうか? そうした人は承認欲求が強い人かもしれません。

仕事が好きではりきっているのか、承認欲求が強いせいなのかは、しばらく様子を見ていると判断ができます。

承認欲求が強い人は仕事がある程度認められて一段落したり、全くうまくいかなくなったりすると、それまでのはりきり方が嘘のように消えてしまいます。

承認欲求が強い人には集中力が続かない、持続力がないという特徴があるからです。

他人をよく褒める

自分を褒めてもらいたい承認欲求が強い人は他人をよく褒めるという特徴もあります。

承認欲求が強い人は人当たりがよく友だちが多いという特徴を持つ人が多くいます。

それは自分が褒められたいという裏返しで他人をよく褒めるということも影響しています。

他人を正しく評価するというよりも自分も評価してほしいというギブアンドテイクの意味での評価です。

そのため本来よりも高い評価を他人に対して行うので、高すぎる評価をする人は承認欲求が強い人であることを疑ってみましょう。

自分に自信がない

承認欲求が強い人にはいろいろな特徴がありますが、その特徴のほとんどは自分に自信がないという点に結びつきます。

自信のなさが高い評価を求めることにつながっているのです。

しかし周囲から評価されると一時的には満足したり安心したりしますが、根底に自信のなさがあるため完全に満たされることはありません。

むしろますます承認欲求が強くなってしまいます。

承認欲求が強い理由

承認欲求が強い人はなぜ承認欲求が強くなってしまったのでしょうか? ここでその原因を探ってみましょう。

自分の存在意義が確認できないため

自分の存在意義というのは当然自分で折り合いをつけるものですが、承認欲求が強い人は自分に自信がないのでそれができません。

そのため自分の存在意義を確認するために他人からの評価を求めるようになるのです。

ただしこれはだれでも子供の頃に経験することです。

親に認めてもらうためにいい子にする、成績を良くする、仲間はずれにならないためにみんなと同じにすると言ったことを経験した人は多いはずです。

5段階欲求で言うと社会的欲求が満たされてから承認欲求を求めるようになるのですが、順番が逆の状態になっているので承認欲求が強くなると言われています。

社会を信頼して安心が得られていれば、承認欲求が異常に強くなることもないのです。

SNSが原因

SNSの普及も承認欲求が強くなる原因のひとつです。

不特定多数を対象としたコミュケーションツールであるSNSは、簡単に他人からの評価をもらうことができます。

承認欲求を満たす上でも便利なツールですが、簡単なだけにのめり込みやすくなりSNSに依存してしまいます。

その結果SNSに疲弊することで承認欲求がますます強くなるという悪循環を生み出しています。

幼少期の親子関係

承認欲求が強い人の特徴である自信のなさは、幼少期の親子関係が原因で生まれた可能性があります。

親に認めてもらいたくてがんばったのに褒めてもらえず、常に否定されてきた経験があると、結果として愛情に植えた子供になります。

そのままおとなになることで親が褒めてくれなかったことを埋めるために承認要求が強くなるのです。

親の愛情に飢えていた過去が原因で承認要求が強くなるということです。

自己顕示欲の強さ

承認欲求が強い人は他人に評価してもらうことで自分自身の不安を消そうとします。

そのためには自分の存在を強くアピールすることが必要となりますが、このアピールは自己顕示欲を高めることになります。

他人に評価してもらうことで自分の不安を消そうとしますが、その行為には際限がないので自己顕示欲が満たされることもないのです。

そのため自己顕示欲を満たすために承認欲求がますます強くなっていきます。

承認欲求が強い人への対処方法

自分の職場や身の回りに承認欲求が強い人がいた場合どのように対処したらいいのでしょうか? 承認欲求が強い人の特徴を踏まえた飢えで対処方法を考えてみましょう。

がんばりを認めて褒める

承認欲求が強い部下や同僚がいた場合は、仕事でのがんばりを素直に褒めてあげましょう。

承認欲求が強い人は仕事でがんばる人も多いですが、それが長続きしないという弱点もあります。

長続きしないのは褒められなかったり結果が出なかったりするからです。

つまり上手に褒めてあげることで継続力も強くなるので、いい方向に向かうでしょう。

特に承認欲求が強くなった原因として子供の頃に褒めてもらえなかった経験がある人は、それほどたいしたことがないことでも、褒められることで承認欲求が弱まる可能性も高くなるでしょう。

それほど深く関わりを持たない

承認欲求が強い人でも認められると満足する人と一番にならなければ満足しないタイプがあります。

後者の場合はあまり深く関わってしまうと、自分自身が面倒なことになりかねません。

つまり相手が一番でなく自分が一番になった場合、相手からの攻撃を受ける可能性があるからです。

こうしたタイプの場合はある程度距離を保って深く関わらないようにしましょう。

目標を一緒に考える

承認欲求が強い部下がいた場合には、上司として一緒に目標を考えることも対処法のひとつです。

目標設定がだれにでもできるような目標であって、それを達成したときに褒めると部下のステップアップにはつながりません。

達成して当然の目標は達成しても褒められないことを部下に伝え、褒められるべき高い目標を設定してあげましょう。

2~3段階で高い目標が達成できるような目標であれば、部下もやる気が出るはずです。

もともと承認欲求が高い部下は、褒められるためには努力を惜しみません。

ある程度高い目標でも達成できるだけの力はあるはずです。

承認欲求の高さを利用することで部下に自信をつけさせれば、異常な承認欲求も収まるでしょう。

自信をつけさせる

承認欲求が高い部下に自身をつけさせるには普段の声掛けも大切です。

自分に自信がないことで他人に求めてもらいたいという行動になるので、ある程度承認欲求を満足させることで承認欲求を弱めていくという対処方法です。

些細なことでも褒め続けて少しずつでも部下に自信をつけてあげましょう。

ただし部下が図に乗ってしまわないように注意することも必要です。

承認欲求を弱める方法

承認欲求が強いという自覚がある人は承認欲求を弱くする方法も考えてみましょう。

承認欲求自体はだれもが持っているものなので、決して無くなることはありませんが、弱くすることで人間関係を改善することが可能です。

嫌われることを恐れない

承認欲求が強い人は他人の評価を気にするため他人に嫌われることを恐れています。

そのため自分が考えていることを素直に言えず。

相手に合わせた言動をすることになります。

しかしそれではいつまでたっても改善せず、むしろ悪化してくだけとなります。

自分の人生を生きるためには他人の評価よりも自分の考えを大切にしましょう。

一度気持ちを切り替えて人に嫌われることを恐れずに、自分の気持ちを押し通してみましょう。

自分の気持ちをはっきりという人が必ずしも嫌われるわけではないということがわかるでしょう。

自分の嫌なところも認める

子供の頃は親や友だちに嫌われないようにいい子になろうとして経験がある人は多いでしょう。

しかしおとなになるにつれて、自分の気持ちに素直になることを覚えていきます。

承認欲求が強い人はおとなになっても周囲の評価を気にするので、子供の頃のままいい子になろうとする傾向があります。

自分の本当の気持ちと違うことをしていると、いつかは心が破綻してしまいます。

素直に自分の嫌なところも認めることで気持ちを楽にしましょう。

嫌なところを認めることで承認欲求もしだいに弱くなっていきます。

自分で自分を褒める

承認欲求の強い人は他人から褒められたいという気持ちが強いのと、自分に自信がないという2つの特徴があります。

自分で自分を褒めるということができれば、他人から褒められたいという気持ちも弱くなり承認欲求そのものも弱まります。

しかし自分に自信がないことから自分を褒めるということもできないのです。

そこで、些細なことでも自分を褒めるという気持ちを持ってみましょう。

何かを実行するたびに自分を褒めることを習慣づけることで、しだいに承認欲求も弱まります。

自信が持てることを探す

承認欲求を弱めるためにはなんとかして自分に自信をもたせることが最も効果があります。

何かひとつでもいいので、自分で興味が持てることを継続してみましょう。

趣味でも仕事でも得意なことを長く続けていくことで磨きがかかり、しだいに自信につながっていきます。

素晴らしい功績を作る必要はありません

承認欲求が強い人の特徴・心理・対処法


人はだれでも他人に認められると嬉しいものです。

しかし、昔は他人に認められる前に自分を知ってもらうこと自体が簡単なことではありませんでした、 現在はインターネットやSNSの普及によって簡単に、しかも世界中に自分をアピールできるツールが使えるようになりました、 そのため昔に比べて自分をアピールして認めてもらいたいという欲求が高まったように感じます。

この承認欲求が強い人にはどんな特徴があり、周囲にどのような影響を与えるのでしょうか? 今回は承認欲求が強い人について考えてみましょう。

 

承認欲求とは

承認欲求(Esteem needs)はアメリカの心理学者アブラハム・マズロー著「要求5段階説」に出てくる言葉です。

つまり一種の心理学用語ですが、承認欲求は以下の5つの欲求でも高次の欲求とされています。

  1. 自己実現欲求
  2. 承認欲求
  3. 所属と愛の欲求
  4. 安全欲求
  5. 生理的欲求

上記の欲求の中では承認欲求は2番目に高次の欲求ですが、現在の日本に住む一般的な人は承認欲求よりも下の欲求はすでに満たされていると言えます。

そのためその次の段階の承認欲求を求める人が多いのは当然のことかもしれません。

承認欲求は具体的には以下の欲求となります。

 

  • 個人として見てもらいたい
  • 自分の考えを理解されたい
  • 自分が役に立つことを認められたい
  • 大事にされたい

承認欲求には2種類あり「他者承認欲求」と「自己承認欲求」がその2つですが、一般的に承認欲求というと他者承認欲求のことを言います。

他者承認欲求は自己承認欲求よりも低次元の欲求です。

他者承認欲求にとどまってしまうと、承認を得られるかどうかは他人に依存することになり危険だと言われています。

自己承認欲求を求めるべき理由

自己承認欲求は自分で自分を認めたいという欲求のことです。

具体的には知識や能力を高めたり技術を磨いたりというように自分の存在価値は自分で決めることができます。

そのため他者承認欲求が満たされたときよりも、自己承認欲求が満たされたときのほうが心から満足することができます。
つまり他者承認欲求よりは自己承認欲求を求めるべきだと言えるのです。

ただし、あまりにも高い目標を掲げすぎると、失敗する可能性が高くなり意気消沈してしまいます。

結果として自己承認欲求が満たされなくなり、反動で他者承認欲求を求めることになります。

 

承認欲求が強い人の特徴

ここからは承認欲求は「他者承認欲求」という意味で使います。

それでは承認欲求が強い人の特徴から考えてみましょう。

 

  • 寂しがり屋
  • 目立ちたがり屋
  • ストレスを解消でバランスを取る
  • 話を聞かず同意を求める
  • 自分を語るのが好き
  • 家族や身内が大好き
  • 職場ではがんばり屋
  • 他人をよく褒める
  • 自分に自信がない
  • 次に上記の特徴を個別に紹介します。

 

寂しがり屋

SNSを利用して承認欲求を満たそうとする人の大半は寂しがり屋という特徴を持っています。

寂しさを埋めるためにSNSで人から注目を集めたり、反応を受けたりしています。

自分のことは平凡で面白みがないと思っているので、人の注目を集めたいという欲求からSNSをやっているタイプです。

「いいね」の数を増やすことで欲求がある程度満たされますが、心から満足することはできません。

 

目立ちたがり屋

承認欲求が強い人の中には目立ちたがり屋という特徴を持つ人もいます。

ニュースなどで報道されている迷惑行為や犯罪行為を動画にアップしている人たちもこうしたタイプの承認欲求が強い人と言えます。

自分は他人と違うということをアピールしたがり、注目されることで自分が特別だと勘違いをしてさらに行動がエスカレートします。

その結果、犯罪行為やそれに近いことまでやってしまいます。

自己顕示欲が強く他人に注目されることで安心感や満足感を得るタイプです。

 

ストレス解消でバランスを取る

職場とプライベートで違う顔を持つ、または学校とネット上では別人のように振る舞う学生は、日常のストレスを発散することでバランスを保っているタイプです。

日常の自分は疎外感を感じていたり閉塞感を感じていたりしますが、違うコミュニティではその反動として人から注目をされる行動をします。

日常から逃避する目的で承認欲求を満たしているのです。

 

話を聞かず同意を求める

承認欲求が強い人は自分が満たされていないので、会話では人の話を聞かず自分の話の同意を求めるという行動が多くなります。

このタイプは自分では人の話に割り込んだり話を聞かなかったりしますが、自分の話を中断されることは嫌います。

自己中心的な特徴もあるので自分の話を聞いてもらうことを最優先にしているため他人の話を聞こうともしないのです。

 

自分を語るのが好き

SNSで自分のことばかりを語っている人も承認欲求が強い人です。

自分のことばかり語るのは自分への同調や共感を求めているからですが、他人にとっては全く興味がない話をSNSで発信しても意味はありません。

エスカレートすると自分を語るだけでなく世の中の出来事に対する自分の意見を主張したり、自分の意見を押し付けたりするようになります。

これらの行動も自分を認めてもらいたいという欲求の現れです。

 

家族や身内が大好き

承認欲求が強い人は自分を認めてもらいたいという欲求が強いので、ある程度自分を認めてくれる家族や身内をかばうという特徴があります。

一般的に身内をかばうのは当然のことですが、身内や家族に非があることに対しても盲目的にかばってしまうのです。

仲間思いというのはいいことですが、自分を認めてくれる人を失いたくないあまりに盲目的になってしまうことには問題があります。

 

職場ではがんばり屋

承認欲求が強い人は自分を認めてもらいたい目立ちたがり屋という特徴があるので、仕事においてはがんばり屋が多いという結果になります。

職場で新しい仕事や新しい部署についた途端にはりきる人はいないでしょうか? そうした人は承認欲求が強い人かもしれません。

仕事が好きではりきっているのか、承認欲求が強いせいなのかは、しばらく様子を見ていると判断ができます。

承認欲求が強い人は仕事がある程度認められて一段落したり、全くうまくいかなくなったりすると、それまでのはりきり方が嘘のように消えてしまいます。

承認欲求が強い人には集中力が続かない、持続力がないという特徴があるからです。

 

他人をよく褒める

自分を褒めてもらいたい承認欲求が強い人は他人をよく褒めるという特徴もあります。

承認欲求が強い人は人当たりがよく友だちが多いという特徴を持つ人が多くいます。

それは自分が褒められたいという裏返しで他人をよく褒めるということも影響しています。

他人を正しく評価するというよりも自分も評価してほしいというギブアンドテイクの意味での評価です。

そのため本来よりも高い評価を他人に対して行うので、高すぎる評価をする人は承認欲求が強い人であることを疑ってみましょう。

 

自分に自信がない

承認欲求が強い人にはいろいろな特徴がありますが、その特徴のほとんどは自分に自信がないという点に結びつきます。

自信のなさが高い評価を求めることにつながっているのです。

しかし周囲から評価されると一時的には満足したり安心したりしますが、根底に自信のなさがあるため完全に満たされることはありません。

むしろますます承認欲求が強くなってしまいます。

 

承認欲求が強い理由

承認欲求が強い人はなぜ承認欲求が強くなってしまったのでしょうか? ここでその原因を探ってみましょう。

 

自分の存在意義が確認できないため

自分の存在意義というのは当然自分で折り合いをつけるものですが、承認欲求が強い人は自分に自信がないのでそれができません。

そのため自分の存在意義を確認するために他人からの評価を求めるようになるのです。

ただしこれはだれでも子供の頃に経験することです。

親に認めてもらうためにいい子にする、成績を良くする、仲間はずれにならないためにみんなと同じにすると言ったことを経験した人は多いはずです。

5段階欲求で言うと社会的欲求が満たされてから承認欲求を求めるようになるのですが、順番が逆の状態になっているので承認欲求が強くなると言われています。

社会を信頼して安心が得られていれば、承認欲求が異常に強くなることもないのです。

 

SNSが原因

SNSの普及も承認欲求が強くなる原因のひとつです。

不特定多数を対象としたコミュケーションツールであるSNSは、簡単に他人からの評価をもらうことができます。

承認欲求を満たす上でも便利なツールですが、簡単なだけにのめり込みやすくなりSNSに依存してしまいます。

その結果SNSに疲弊することで承認欲求がますます強くなるという悪循環を生み出しています。

 

幼少期の親子関係

承認欲求が強い人の特徴である自信のなさは、幼少期の親子関係が原因で生まれた可能性があります。

親に認めてもらいたくてがんばったのに褒めてもらえず、常に否定されてきた経験があると、結果として愛情に植えた子供になります。

そのままおとなになることで親が褒めてくれなかったことを埋めるために承認要求が強くなるのです。

親の愛情に飢えていた過去が原因で承認要求が強くなるということです。

 

自己顕示欲の強さ

承認欲求が強い人は他人に評価してもらうことで自分自身の不安を消そうとします。

そのためには自分の存在を強くアピールすることが必要となりますが、このアピールは自己顕示欲を高めることになります。

他人に評価してもらうことで自分の不安を消そうとしますが、その行為には際限がないので自己顕示欲が満たされることもないのです。

そのため自己顕示欲を満たすために承認欲求がますます強くなっていきます。

 

承認欲求が強い人への対処方法

自分の職場や身の回りに承認欲求が強い人がいた場合どのように対処したらいいのでしょうか? 承認欲求が強い人の特徴を踏まえた飢えで対処方法を考えてみましょう。

 

がんばりを認めて褒める

承認欲求が強い部下や同僚がいた場合は、仕事でのがんばりを素直に褒めてあげましょう。

承認欲求が強い人は仕事でがんばる人も多いですが、それが長続きしないという弱点もあります。

長続きしないのは褒められなかったり結果が出なかったりするからです。

つまり上手に褒めてあげることで継続力も強くなるので、いい方向に向かうでしょう。

特に承認欲求が強くなった原因として子供の頃に褒めてもらえなかった経験がある人は、それほどたいしたことがないことでも、褒められることで承認欲求が弱まる可能性も高くなるでしょう。

 

それほど深く関わりを持たない

承認欲求が強い人でも認められると満足する人と一番にならなければ満足しないタイプがあります。

後者の場合はあまり深く関わってしまうと、自分自身が面倒なことになりかねません。

つまり相手が一番でなく自分が一番になった場合、相手からの攻撃を受ける可能性があるからです。

こうしたタイプの場合はある程度距離を保って深く関わらないようにしましょう。

 

目標を一緒に考える

承認欲求が強い部下がいた場合には、上司として一緒に目標を考えることも対処法のひとつです。

目標設定がだれにでもできるような目標であって、それを達成したときに褒めると部下のステップアップにはつながりません。

達成して当然の目標は達成しても褒められないことを部下に伝え、褒められるべき高い目標を設定してあげましょう。

2~3段階で高い目標が達成できるような目標であれば、部下もやる気が出るはずです。

もともと承認欲求が高い部下は、褒められるためには努力を惜しみません。

ある程度高い目標でも達成できるだけの力はあるはずです。

承認欲求の高さを利用することで部下に自信をつけさせれば、異常な承認欲求も収まるでしょう。

 

自信をつけさせる

承認欲求が高い部下に自身をつけさせるには普段の声掛けも大切です。

自分に自信がないことで他人に求めてもらいたいという行動になるので、ある程度承認欲求を満足させることで承認欲求を弱めていくという対処方法です。

些細なことでも褒め続けて少しずつでも部下に自信をつけてあげましょう。

ただし部下が図に乗ってしまわないように注意することも必要です。

 

承認欲求を弱める方法

承認欲求が強いという自覚がある人は承認欲求を弱くする方法も考えてみましょう。

承認欲求自体はだれもが持っているものなので、決して無くなることはありませんが、弱くすることで人間関係を改善することが可能です。

嫌われることを恐れない

承認欲求が強い人は他人の評価を気にするため他人に嫌われることを恐れています。

そのため自分が考えていることを素直に言えず。

相手に合わせた言動をすることになります。

しかしそれではいつまでたっても改善せず、むしろ悪化してくだけとなります。

自分の人生を生きるためには他人の評価よりも自分の考えを大切にしましょう。

一度気持ちを切り替えて人に嫌われることを恐れずに、自分の気持ちを押し通してみましょう。

自分の気持ちをはっきりという人が必ずしも嫌われるわけではないということがわかるでしょう。

 

自分の嫌なところも認める

子供の頃は親や友だちに嫌われないようにいい子になろうとして経験がある人は多いでしょう。

しかしおとなになるにつれて、自分の気持ちに素直になることを覚えていきます。

承認欲求が強い人はおとなになっても周囲の評価を気にするので、子供の頃のままいい子になろうとする傾向があります。

自分の本当の気持ちと違うことをしていると、いつかは心が破綻してしまいます。

素直に自分の嫌なところも認めることで気持ちを楽にしましょう。

嫌なところを認めることで承認欲求もしだいに弱くなっていきます。

 

自分で自分を褒める

承認欲求の強い人は他人から褒められたいという気持ちが強いのと、自分に自信がないという2つの特徴があります。

自分で自分を褒めるということができれば、他人から褒められたいという気持ちも弱くなり承認欲求そのものも弱まります。

しかし自分に自信がないことから自分を褒めるということもできないのです。

そこで、些細なことでも自分を褒めるという気持ちを持ってみましょう。

何かを実行するたびに自分を褒めることを習慣づけることで、しだいに承認欲求も弱まります。

 

自信が持てることを探す

承認欲求を弱めるためにはなんとかして自分に自信をもたせることが最も効果があります。

何かひとつでもいいので、自分で興味が持てることを継続してみましょう。

趣味でも仕事でも得意なことを長く続けていくことで磨きがかかり、しだいに自信につながっていきます。

素晴らしい功績を作る必要はありません。

自分に自信を持たせるために行うことなので、人よりも少し優れているという程度でも長く続けることが大切です。

 

ひとりで行動する

他人に評価してもらいたいという気持ちが強いのが承認欲求の強い人の特徴です。

それはつまり常に他人がそばにいる状態だということです。

現実的にそばにいなくてもSNSなどで情報をオープンにしていることも他人がそばにいる状態です。

そこで思い切ってひとりで行動してみるということも必要です。

なるべく自分で楽しく感じることができる趣味や遊びをひとりでやってみましょう。

他人が周囲にいないことに慣れれば承認欲求も弱くなっていきます。

 

まとめ

承認欲求が強いと認められたいという欲求も強くなっていきます。

他人に認められたいという気持ちはだれにでもありますが、それが強すぎると本来の自分を見失ってしまい、他人の人生を生きていくことになります。

自分が承認欲求の強い人だという自覚がある人は、この記事を参考にして一度自分を見つめ直してみましょう。

承認欲求が強い人の特徴・心理・対処法


人はだれでも他人に認められると嬉しいものです。

しかし、昔は他人に認められる前に自分を知ってもらうこと自体が簡単なことではありませんでした、 現在はインターネットやSNSの普及によって簡単に、しかも世界中に自分をアピールできるツールが使えるようになりました、 そのため昔に比べて自分をアピールして認めてもらいたいという欲求が高まったように感じます。

この承認欲求が強い人にはどんな特徴があり、周囲にどのような影響を与えるのでしょうか? 今回は承認欲求が強い人について考えてみましょう。

 

承認欲求とは

承認欲求(Esteem needs)はアメリカの心理学者アブラハム・マズロー著「要求5段階説」に出てくる言葉です。

つまり一種の心理学用語ですが、承認欲求は以下の5つの欲求でも高次の欲求とされています。

  1. 自己実現欲求
  2. 承認欲求
  3. 所属と愛の欲求
  4. 安全欲求
  5. 生理的欲求

上記の欲求の中では承認欲求は2番目に高次の欲求ですが、現在の日本に住む一般的な人は承認欲求よりも下の欲求はすでに満たされていると言えます。

そのためその次の段階の承認欲求を求める人が多いのは当然のことかもしれません。

承認欲求は具体的には以下の欲求となります。

 

  • 個人として見てもらいたい
  • 自分の考えを理解されたい
  • 自分が役に立つことを認められたい
  • 大事にされたい

承認欲求には2種類あり「他者承認欲求」と「自己承認欲求」がその2つですが、一般的に承認欲求というと他者承認欲求のことを言います。

他者承認欲求は自己承認欲求よりも低次元の欲求です。

他者承認欲求にとどまってしまうと、承認を得られるかどうかは他人に依存することになり危険だと言われています。

自己承認欲求を求めるべき理由

自己承認欲求は自分で自分を認めたいという欲求のことです。

具体的には知識や能力を高めたり技術を磨いたりというように自分の存在価値は自分で決めることができます。

そのため他者承認欲求が満たされたときよりも、自己承認欲求が満たされたときのほうが心から満足することができます。
つまり他者承認欲求よりは自己承認欲求を求めるべきだと言えるのです。

ただし、あまりにも高い目標を掲げすぎると、失敗する可能性が高くなり意気消沈してしまいます。

結果として自己承認欲求が満たされなくなり、反動で他者承認欲求を求めることになります。

 

承認欲求が強い人の特徴

ここからは承認欲求は「他者承認欲求」という意味で使います。

それでは承認欲求が強い人の特徴から考えてみましょう。

 

  • 寂しがり屋
  • 目立ちたがり屋
  • ストレスを解消でバランスを取る
  • 話を聞かず同意を求める
  • 自分を語るのが好き
  • 家族や身内が大好き
  • 職場ではがんばり屋
  • 他人をよく褒める
  • 自分に自信がない
  • 次に上記の特徴を個別に紹介します。

 

寂しがり屋

SNSを利用して承認欲求を満たそうとする人の大半は寂しがり屋という特徴を持っています。

寂しさを埋めるためにSNSで人から注目を集めたり、反応を受けたりしています。

自分のことは平凡で面白みがないと思っているので、人の注目を集めたいという欲求からSNSをやっているタイプです。

「いいね」の数を増やすことで欲求がある程度満たされますが、心から満足することはできません。

 

目立ちたがり屋

承認欲求が強い人の中には目立ちたがり屋という特徴を持つ人もいます。

ニュースなどで報道されている迷惑行為や犯罪行為を動画にアップしている人たちもこうしたタイプの承認欲求が強い人と言えます。

自分は他人と違うということをアピールしたがり、注目されることで自分が特別だと勘違いをしてさらに行動がエスカレートします。

その結果、犯罪行為やそれに近いことまでやってしまいます。

自己顕示欲が強く他人に注目されることで安心感や満足感を得るタイプです。

 

ストレス解消でバランスを取る

職場とプライベートで違う顔を持つ、または学校とネット上では別人のように振る舞う学生は、日常のストレスを発散することでバランスを保っているタイプです。

日常の自分は疎外感を感じていたり閉塞感を感じていたりしますが、違うコミュニティではその反動として人から注目をされる行動をします。

日常から逃避する目的で承認欲求を満たしているのです。

 

話を聞かず同意を求める

承認欲求が強い人は自分が満たされていないので、会話では人の話を聞かず自分の話の同意を求めるという行動が多くなります。

このタイプは自分では人の話に割り込んだり話を聞かなかったりしますが、自分の話を中断されることは嫌います。

自己中心的な特徴もあるので自分の話を聞いてもらうことを最優先にしているため他人の話を聞こうともしないのです。

 

自分を語るのが好き

SNSで自分のことばかりを語っている人も承認欲求が強い人です。

自分のことばかり語るのは自分への同調や共感を求めているからですが、他人にとっては全く興味がない話をSNSで発信しても意味はありません。

エスカレートすると自分を語るだけでなく世の中の出来事に対する自分の意見を主張したり、自分の意見を押し付けたりするようになります。

これらの行動も自分を認めてもらいたいという欲求の現れです。

 

家族や身内が大好き

承認欲求が強い人は自分を認めてもらいたいという欲求が強いので、ある程度自分を認めてくれる家族や身内をかばうという特徴があります。

一般的に身内をかばうのは当然のことですが、身内や家族に非があることに対しても盲目的にかばってしまうのです。

仲間思いというのはいいことですが、自分を認めてくれる人を失いたくないあまりに盲目的になってしまうことには問題があります。

 

職場ではがんばり屋

承認欲求が強い人は自分を認めてもらいたい目立ちたがり屋という特徴があるので、仕事においてはがんばり屋が多いという結果になります。

職場で新しい仕事や新しい部署についた途端にはりきる人はいないでしょうか? そうした人は承認欲求が強い人かもしれません。

仕事が好きではりきっているのか、承認欲求が強いせいなのかは、しばらく様子を見ていると判断ができます。

承認欲求が強い人は仕事がある程度認められて一段落したり、全くうまくいかなくなったりすると、それまでのはりきり方が嘘のように消えてしまいます。

承認欲求が強い人には集中力が続かない、持続力がないという特徴があるからです。

 

他人をよく褒める

自分を褒めてもらいたい承認欲求が強い人は他人をよく褒めるという特徴もあります。

承認欲求が強い人は人当たりがよく友だちが多いという特徴を持つ人が多くいます。

それは自分が褒められたいという裏返しで他人をよく褒めるということも影響しています。

他人を正しく評価するというよりも自分も評価してほしいというギブアンドテイクの意味での評価です。

そのため本来よりも高い評価を他人に対して行うので、高すぎる評価をする人は承認欲求が強い人であることを疑ってみましょう。

 

自分に自信がない

承認欲求が強い人にはいろいろな特徴がありますが、その特徴のほとんどは自分に自信がないという点に結びつきます。

自信のなさが高い評価を求めることにつながっているのです。

しかし周囲から評価されると一時的には満足したり安心したりしますが、根底に自信のなさがあるため完全に満たされることはありません。

むしろますます承認欲求が強くなってしまいます。

 

承認欲求が強い理由

承認欲求が強い人はなぜ承認欲求が強くなってしまったのでしょうか? ここでその原因を探ってみましょう。

 

自分の存在意義が確認できないため

自分の存在意義というのは当然自分で折り合いをつけるものですが、承認欲求が強い人は自分に自信がないのでそれができません。

そのため自分の存在意義を確認するために他人からの評価を求めるようになるのです。

ただしこれはだれでも子供の頃に経験することです。

親に認めてもらうためにいい子にする、成績を良くする、仲間はずれにならないためにみんなと同じにすると言ったことを経験した人は多いはずです。

5段階欲求で言うと社会的欲求が満たされてから承認欲求を求めるようになるのですが、順番が逆の状態になっているので承認欲求が強くなると言われています。

社会を信頼して安心が得られていれば、承認欲求が異常に強くなることもないのです。

 

SNSが原因

SNSの普及も承認欲求が強くなる原因のひとつです。

不特定多数を対象としたコミュケーションツールであるSNSは、簡単に他人からの評価をもらうことができます。

承認欲求を満たす上でも便利なツールですが、簡単なだけにのめり込みやすくなりSNSに依存してしまいます。

その結果SNSに疲弊することで承認欲求がますます強くなるという悪循環を生み出しています。

 

幼少期の親子関係

承認欲求が強い人の特徴である自信のなさは、幼少期の親子関係が原因で生まれた可能性があります。

親に認めてもらいたくてがんばったのに褒めてもらえず、常に否定されてきた経験があると、結果として愛情に植えた子供になります。

そのままおとなになることで親が褒めてくれなかったことを埋めるために承認要求が強くなるのです。

親の愛情に飢えていた過去が原因で承認要求が強くなるということです。

 

自己顕示欲の強さ

承認欲求が強い人は他人に評価してもらうことで自分自身の不安を消そうとします。

そのためには自分の存在を強くアピールすることが必要となりますが、このアピールは自己顕示欲を高めることになります。

他人に評価してもらうことで自分の不安を消そうとしますが、その行為には際限がないので自己顕示欲が満たされることもないのです。

そのため自己顕示欲を満たすために承認欲求がますます強くなっていきます。

 

承認欲求が強い人への対処方法

自分の職場や身の回りに承認欲求が強い人がいた場合どのように対処したらいいのでしょうか? 承認欲求が強い人の特徴を踏まえた飢えで対処方法を考えてみましょう。

 

がんばりを認めて褒める

承認欲求が強い部下や同僚がいた場合は、仕事でのがんばりを素直に褒めてあげましょう。

承認欲求が強い人は仕事でがんばる人も多いですが、それが長続きしないという弱点もあります。

長続きしないのは褒められなかったり結果が出なかったりするからです。

つまり上手に褒めてあげることで継続力も強くなるので、いい方向に向かうでしょう。

特に承認欲求が強くなった原因として子供の頃に褒めてもらえなかった経験がある人は、それほどたいしたことがないことでも、褒められることで承認欲求が弱まる可能性も高くなるでしょう。

 

それほど深く関わりを持たない

承認欲求が強い人でも認められると満足する人と一番にならなければ満足しないタイプがあります。

後者の場合はあまり深く関わってしまうと、自分自身が面倒なことになりかねません。

つまり相手が一番でなく自分が一番になった場合、相手からの攻撃を受ける可能性があるからです。

こうしたタイプの場合はある程度距離を保って深く関わらないようにしましょう。

 

目標を一緒に考える

承認欲求が強い部下がいた場合には、上司として一緒に目標を考えることも対処法のひとつです。

目標設定がだれにでもできるような目標であって、それを達成したときに褒めると部下のステップアップにはつながりません。

達成して当然の目標は達成しても褒められないことを部下に伝え、褒められるべき高い目標を設定してあげましょう。

2~3段階で高い目標が達成できるような目標であれば、部下もやる気が出るはずです。

もともと承認欲求が高い部下は、褒められるためには努力を惜しみません。

ある程度高い目標でも達成できるだけの力はあるはずです。

承認欲求の高さを利用することで部下に自信をつけさせれば、異常な承認欲求も収まるでしょう。

 

自信をつけさせる

承認欲求が高い部下に自身をつけさせるには普段の声掛けも大切です。

自分に自信がないことで他人に求めてもらいたいという行動になるので、ある程度承認欲求を満足させることで承認欲求を弱めていくという対処方法です。

些細なことでも褒め続けて少しずつでも部下に自信をつけてあげましょう。

ただし部下が図に乗ってしまわないように注意することも必要です。

 

承認欲求を弱める方法

承認欲求が強いという自覚がある人は承認欲求を弱くする方法も考えてみましょう。

承認欲求自体はだれもが持っているものなので、決して無くなることはありませんが、弱くすることで人間関係を改善することが可能です。

嫌われることを恐れない

承認欲求が強い人は他人の評価を気にするため他人に嫌われることを恐れています。

そのため自分が考えていることを素直に言えず。

相手に合わせた言動をすることになります。

しかしそれではいつまでたっても改善せず、むしろ悪化してくだけとなります。

自分の人生を生きるためには他人の評価よりも自分の考えを大切にしましょう。

一度気持ちを切り替えて人に嫌われることを恐れずに、自分の気持ちを押し通してみましょう。

自分の気持ちをはっきりという人が必ずしも嫌われるわけではないということがわかるでしょう。

 

自分の嫌なところも認める

子供の頃は親や友だちに嫌われないようにいい子になろうとして経験がある人は多いでしょう。

しかしおとなになるにつれて、自分の気持ちに素直になることを覚えていきます。

承認欲求が強い人はおとなになっても周囲の評価を気にするので、子供の頃のままいい子になろうとする傾向があります。

自分の本当の気持ちと違うことをしていると、いつかは心が破綻してしまいます。

素直に自分の嫌なところも認めることで気持ちを楽にしましょう。

嫌なところを認めることで承認欲求もしだいに弱くなっていきます。

 

自分で自分を褒める

承認欲求の強い人は他人から褒められたいという気持ちが強いのと、自分に自信がないという2つの特徴があります。

自分で自分を褒めるということができれば、他人から褒められたいという気持ちも弱くなり承認欲求そのものも弱まります。

しかし自分に自信がないことから自分を褒めるということもできないのです。

そこで、些細なことでも自分を褒めるという気持ちを持ってみましょう。

何かを実行するたびに自分を褒めることを習慣づけることで、しだいに承認欲求も弱まります。

 

自信が持てることを探す

承認欲求を弱めるためにはなんとかして自分に自信をもたせることが最も効果があります。

何かひとつでもいいので、自分で興味が持てることを継続してみましょう。

趣味でも仕事でも得意なことを長く続けていくことで磨きがかかり、しだいに自信につながっていきます。

素晴らしい功績を作る必要はありません。

自分に自信を持たせるために行うことなので、人よりも少し優れているという程度でも長く続けることが大切です。

 

ひとりで行動する

他人に評価してもらいたいという気持ちが強いのが承認欲求の強い人の特徴です。

それはつまり常に他人がそばにいる状態だということです。

現実的にそばにいなくてもSNSなどで情報をオープンにしていることも他人がそばにいる状態です。

そこで思い切ってひとりで行動してみるということも必要です。

なるべく自分で楽しく感じることができる趣味や遊びをひとりでやってみましょう。

他人が周囲にいないことに慣れれば承認欲求も弱くなっていきます。

 

まとめ

承認欲求が強いと認められたいという欲求も強くなっていきます。

他人に認められたいという気持ちはだれにでもありますが、それが強すぎると本来の自分を見失ってしまい、他人の人生を生きていくことになります。

自分が承認欲求の強い人だという自覚がある人は、この記事を参考にして一度自分を見つめ直してみましょう。

承認欲求が強い人の特徴・心理・対処法


人はだれでも他人に認められると嬉しいものです。

しかし、昔は他人に認められる前に自分を知ってもらうこと自体が簡単なことではありませんでした、 現在はインターネットやSNSの普及によって簡単に、しかも世界中に自分をアピールできるツールが使えるようになりました、 そのため昔に比べて自分をアピールして認めてもらいたいという欲求が高まったように感じます。

この承認欲求が強い人にはどんな特徴があり、周囲にどのような影響を与えるのでしょうか? 今回は承認欲求が強い人について考えてみましょう。

 

承認欲求とは

承認欲求(Esteem needs)はアメリカの心理学者アブラハム・マズロー著「要求5段階説」に出てくる言葉です。

つまり一種の心理学用語ですが、承認欲求は以下の5つの欲求でも高次の欲求とされています。

  1. 自己実現欲求
  2. 承認欲求
  3. 所属と愛の欲求
  4. 安全欲求
  5. 生理的欲求

上記の欲求の中では承認欲求は2番目に高次の欲求ですが、現在の日本に住む一般的な人は承認欲求よりも下の欲求はすでに満たされていると言えます。

そのためその次の段階の承認欲求を求める人が多いのは当然のことかもしれません。

承認欲求は具体的には以下の欲求となります。

 

  • 個人として見てもらいたい
  • 自分の考えを理解されたい
  • 自分が役に立つことを認められたい
  • 大事にされたい

承認欲求には2種類あり「他者承認欲求」と「自己承認欲求」がその2つですが、一般的に承認欲求というと他者承認欲求のことを言います。

他者承認欲求は自己承認欲求よりも低次元の欲求です。

他者承認欲求にとどまってしまうと、承認を得られるかどうかは他人に依存することになり危険だと言われています。

自己承認欲求を求めるべき理由

自己承認欲求は自分で自分を認めたいという欲求のことです。

具体的には知識や能力を高めたり技術を磨いたりというように自分の存在価値は自分で決めることができます。

そのため他者承認欲求が満たされたときよりも、自己承認欲求が満たされたときのほうが心から満足することができます。
つまり他者承認欲求よりは自己承認欲求を求めるべきだと言えるのです。

ただし、あまりにも高い目標を掲げすぎると、失敗する可能性が高くなり意気消沈してしまいます。

結果として自己承認欲求が満たされなくなり、反動で他者承認欲求を求めることになります。

 

承認欲求が強い人の特徴

ここからは承認欲求は「他者承認欲求」という意味で使います。

それでは承認欲求が強い人の特徴から考えてみましょう。

 

  • 寂しがり屋
  • 目立ちたがり屋
  • ストレスを解消でバランスを取る
  • 話を聞かず同意を求める
  • 自分を語るのが好き
  • 家族や身内が大好き
  • 職場ではがんばり屋
  • 他人をよく褒める
  • 自分に自信がない
  • 次に上記の特徴を個別に紹介します。

 

寂しがり屋

SNSを利用して承認欲求を満たそうとする人の大半は寂しがり屋という特徴を持っています。

寂しさを埋めるためにSNSで人から注目を集めたり、反応を受けたりしています。

自分のことは平凡で面白みがないと思っているので、人の注目を集めたいという欲求からSNSをやっているタイプです。

「いいね」の数を増やすことで欲求がある程度満たされますが、心から満足することはできません。

 

目立ちたがり屋

承認欲求が強い人の中には目立ちたがり屋という特徴を持つ人もいます。

ニュースなどで報道されている迷惑行為や犯罪行為を動画にアップしている人たちもこうしたタイプの承認欲求が強い人と言えます。

自分は他人と違うということをアピールしたがり、注目されることで自分が特別だと勘違いをしてさらに行動がエスカレートします。

その結果、犯罪行為やそれに近いことまでやってしまいます。

自己顕示欲が強く他人に注目されることで安心感や満足感を得るタイプです。

 

ストレス解消でバランスを取る

職場とプライベートで違う顔を持つ、または学校とネット上では別人のように振る舞う学生は、日常のストレスを発散することでバランスを保っているタイプです。

日常の自分は疎外感を感じていたり閉塞感を感じていたりしますが、違うコミュニティではその反動として人から注目をされる行動をします。

日常から逃避する目的で承認欲求を満たしているのです。

 

話を聞かず同意を求める

承認欲求が強い人は自分が満たされていないので、会話では人の話を聞かず自分の話の同意を求めるという行動が多くなります。

このタイプは自分では人の話に割り込んだり話を聞かなかったりしますが、自分の話を中断されることは嫌います。

自己中心的な特徴もあるので自分の話を聞いてもらうことを最優先にしているため他人の話を聞こうともしないのです。

 

自分を語るのが好き

SNSで自分のことばかりを語っている人も承認欲求が強い人です。

自分のことばかり語るのは自分への同調や共感を求めているからですが、他人にとっては全く興味がない話をSNSで発信しても意味はありません。

エスカレートすると自分を語るだけでなく世の中の出来事に対する自分の意見を主張したり、自分の意見を押し付けたりするようになります。

これらの行動も自分を認めてもらいたいという欲求の現れです。

 

家族や身内が大好き

承認欲求が強い人は自分を認めてもらいたいという欲求が強いので、ある程度自分を認めてくれる家族や身内をかばうという特徴があります。

一般的に身内をかばうのは当然のことですが、身内や家族に非があることに対しても盲目的にかばってしまうのです。

仲間思いというのはいいことですが、自分を認めてくれる人を失いたくないあまりに盲目的になってしまうことには問題があります。

 

職場ではがんばり屋

承認欲求が強い人は自分を認めてもらいたい目立ちたがり屋という特徴があるので、仕事においてはがんばり屋が多いという結果になります。

職場で新しい仕事や新しい部署についた途端にはりきる人はいないでしょうか? そうした人は承認欲求が強い人かもしれません。

仕事が好きではりきっているのか、承認欲求が強いせいなのかは、しばらく様子を見ていると判断ができます。

承認欲求が強い人は仕事がある程度認められて一段落したり、全くうまくいかなくなったりすると、それまでのはりきり方が嘘のように消えてしまいます。

承認欲求が強い人には集中力が続かない、持続力がないという特徴があるからです。

 

他人をよく褒める

自分を褒めてもらいたい承認欲求が強い人は他人をよく褒めるという特徴もあります。

承認欲求が強い人は人当たりがよく友だちが多いという特徴を持つ人が多くいます。

それは自分が褒められたいという裏返しで他人をよく褒めるということも影響しています。

他人を正しく評価するというよりも自分も評価してほしいというギブアンドテイクの意味での評価です。

そのため本来よりも高い評価を他人に対して行うので、高すぎる評価をする人は承認欲求が強い人であることを疑ってみましょう。

 

自分に自信がない

承認欲求が強い人にはいろいろな特徴がありますが、その特徴のほとんどは自分に自信がないという点に結びつきます。

自信のなさが高い評価を求めることにつながっているのです。

しかし周囲から評価されると一時的には満足したり安心したりしますが、根底に自信のなさがあるため完全に満たされることはありません。

むしろますます承認欲求が強くなってしまいます。

 

承認欲求が強い理由

承認欲求が強い人はなぜ承認欲求が強くなってしまったのでしょうか? ここでその原因を探ってみましょう。

 

自分の存在意義が確認できないため

自分の存在意義というのは当然自分で折り合いをつけるものですが、承認欲求が強い人は自分に自信がないのでそれができません。

そのため自分の存在意義を確認するために他人からの評価を求めるようになるのです。

ただしこれはだれでも子供の頃に経験することです。

親に認めてもらうためにいい子にする、成績を良くする、仲間はずれにならないためにみんなと同じにすると言ったことを経験した人は多いはずです。

5段階欲求で言うと社会的欲求が満たされてから承認欲求を求めるようになるのですが、順番が逆の状態になっているので承認欲求が強くなると言われています。

社会を信頼して安心が得られていれば、承認欲求が異常に強くなることもないのです。

 

SNSが原因

SNSの普及も承認欲求が強くなる原因のひとつです。

不特定多数を対象としたコミュケーションツールであるSNSは、簡単に他人からの評価をもらうことができます。

承認欲求を満たす上でも便利なツールですが、簡単なだけにのめり込みやすくなりSNSに依存してしまいます。

その結果SNSに疲弊することで承認欲求がますます強くなるという悪循環を生み出しています。

 

幼少期の親子関係

承認欲求が強い人の特徴である自信のなさは、幼少期の親子関係が原因で生まれた可能性があります。

親に認めてもらいたくてがんばったのに褒めてもらえず、常に否定されてきた経験があると、結果として愛情に植えた子供になります。

そのままおとなになることで親が褒めてくれなかったことを埋めるために承認要求が強くなるのです。

親の愛情に飢えていた過去が原因で承認要求が強くなるということです。

 

自己顕示欲の強さ

承認欲求が強い人は他人に評価してもらうことで自分自身の不安を消そうとします。

そのためには自分の存在を強くアピールすることが必要となりますが、このアピールは自己顕示欲を高めることになります。

他人に評価してもらうことで自分の不安を消そうとしますが、その行為には際限がないので自己顕示欲が満たされることもないのです。

そのため自己顕示欲を満たすために承認欲求がますます強くなっていきます。

 

承認欲求が強い人への対処方法

自分の職場や身の回りに承認欲求が強い人がいた場合どのように対処したらいいのでしょうか? 承認欲求が強い人の特徴を踏まえた飢えで対処方法を考えてみましょう。

 

がんばりを認めて褒める

承認欲求が強い部下や同僚がいた場合は、仕事でのがんばりを素直に褒めてあげましょう。

承認欲求が強い人は仕事でがんばる人も多いですが、それが長続きしないという弱点もあります。

長続きしないのは褒められなかったり結果が出なかったりするからです。

つまり上手に褒めてあげることで継続力も強くなるので、いい方向に向かうでしょう。

特に承認欲求が強くなった原因として子供の頃に褒めてもらえなかった経験がある人は、それほどたいしたことがないことでも、褒められることで承認欲求が弱まる可能性も高くなるでしょう。

 

それほど深く関わりを持たない

承認欲求が強い人でも認められると満足する人と一番にならなければ満足しないタイプがあります。

後者の場合はあまり深く関わってしまうと、自分自身が面倒なことになりかねません。

つまり相手が一番でなく自分が一番になった場合、相手からの攻撃を受ける可能性があるからです。

こうしたタイプの場合はある程度距離を保って深く関わらないようにしましょう。

 

目標を一緒に考える

承認欲求が強い部下がいた場合には、上司として一緒に目標を考えることも対処法のひとつです。

目標設定がだれにでもできるような目標であって、それを達成したときに褒めると部下のステップアップにはつながりません。

達成して当然の目標は達成しても褒められないことを部下に伝え、褒められるべき高い目標を設定してあげましょう。

2~3段階で高い目標が達成できるような目標であれば、部下もやる気が出るはずです。

もともと承認欲求が高い部下は、褒められるためには努力を惜しみません。

ある程度高い目標でも達成できるだけの力はあるはずです。

承認欲求の高さを利用することで部下に自信をつけさせれば、異常な承認欲求も収まるでしょう。

 

自信をつけさせる

承認欲求が高い部下に自身をつけさせるには普段の声掛けも大切です。

自分に自信がないことで他人に求めてもらいたいという行動になるので、ある程度承認欲求を満足させることで承認欲求を弱めていくという対処方法です。

些細なことでも褒め続けて少しずつでも部下に自信をつけてあげましょう。

ただし部下が図に乗ってしまわないように注意することも必要です。

 

承認欲求を弱める方法

承認欲求が強いという自覚がある人は承認欲求を弱くする方法も考えてみましょう。

承認欲求自体はだれもが持っているものなので、決して無くなることはありませんが、弱くすることで人間関係を改善することが可能です。

嫌われることを恐れない

承認欲求が強い人は他人の評価を気にするため他人に嫌われることを恐れています。

そのため自分が考えていることを素直に言えず。

相手に合わせた言動をすることになります。

しかしそれではいつまでたっても改善せず、むしろ悪化してくだけとなります。

自分の人生を生きるためには他人の評価よりも自分の考えを大切にしましょう。

一度気持ちを切り替えて人に嫌われることを恐れずに、自分の気持ちを押し通してみましょう。

自分の気持ちをはっきりという人が必ずしも嫌われるわけではないということがわかるでしょう。

 

自分の嫌なところも認める

子供の頃は親や友だちに嫌われないようにいい子になろうとして経験がある人は多いでしょう。

しかしおとなになるにつれて、自分の気持ちに素直になることを覚えていきます。

承認欲求が強い人はおとなになっても周囲の評価を気にするので、子供の頃のままいい子になろうとする傾向があります。

自分の本当の気持ちと違うことをしていると、いつかは心が破綻してしまいます。

素直に自分の嫌なところも認めることで気持ちを楽にしましょう。

嫌なところを認めることで承認欲求もしだいに弱くなっていきます。

 

自分で自分を褒める

承認欲求の強い人は他人から褒められたいという気持ちが強いのと、自分に自信がないという2つの特徴があります。

自分で自分を褒めるということができれば、他人から褒められたいという気持ちも弱くなり承認欲求そのものも弱まります。

しかし自分に自信がないことから自分を褒めるということもできないのです。

そこで、些細なことでも自分を褒めるという気持ちを持ってみましょう。

何かを実行するたびに自分を褒めることを習慣づけることで、しだいに承認欲求も弱まります。

 

自信が持てることを探す

承認欲求を弱めるためにはなんとかして自分に自信をもたせることが最も効果があります。

何かひとつでもいいので、自分で興味が持てることを継続してみましょう。

趣味でも仕事でも得意なことを長く続けていくことで磨きがかかり、しだいに自信につながっていきます。

素晴らしい功績を作る必要はありません。

自分に自信を持たせるために行うことなので、人よりも少し優れているという程度でも長く続けることが大切です。

ひとりで行動する

他人に評価してもらいたいという気持ちが強いのが承認欲求の強い人の特徴です。

それはつまり常に他人がそばにいる状態だということです。

現実的にそばにいなくてもSNSなどで情報をオープンにしていることも他人がそばにいる状態です。

そこで思い切ってひとりで行動してみるということも必要です。

なるべく自分で楽しく感じることができる趣味や遊びをひとりでやってみましょう。

他人が周囲にいないことに慣れれば承認欲求も弱くなっていきます。

 

まとめ

承認欲求が強いと認められたいという欲求も強くなっていきます。

他人に認められたいという気持ちはだれにでもありますが、それが強すぎると本来の自分を見失ってしまい、他人の人生を生きていくことになります。

自分が承認欲求の強い人だという自覚がある人は、この記事を参考にして一度自分を見つめ直してみましょう。
自分に自信を持たせるために行うことなので、人よりも少し優れているという程度でも長く続けることが大切です。

ひとりで行動する

他人に評価してもらいたいという気持ちが強いのが承認欲求の強い人の特徴です。

それはつまり常に他人がそばにいる状態だということです。

現実的にそばにいなくてもSNSなどで情報をオープンにしていることも他人がそばにいる状態です。

そこで思い切ってひとりで行動してみるということも必要です。

なるべく自分で楽しく感じることができる趣味や遊びをひとりでやってみましょう。

他人が周囲にいないことに慣れれば承認欲求も弱くなっていきます。

まとめ

承認欲求が強いと認められたいという欲求も強くなっていきます。

他人に認められたいという気持ちはだれにでもありますが、それが強すぎると本来の自分を見失ってしまい、他人の人生を生きていくことになります。

自分が承認欲求の強い人だという自覚がある人は、この記事を参考にして一度自分を見つめ直してみましょう。

【関連書籍】

「承認欲求」の呪縛-新潮新書-

承認欲求―「認められたい」をどう活かすか-

承認欲求に気づけば自由になる

承認欲求はゴミ箱へ

会話が苦手、人が怖い…自己承認欲求を満たすコミュニケーションスキル-ドリームアート出版(編)-