気が強い人の特徴・心理・対処法

気が強い
老若男女、気が強い人はどこにでも多くいます。

気が強いと聞くと怖い、キツいイメージがありますが、人にはそれぞれ合う合わないの相性があります。

中には少しくらい気が強い人が頼り甲斐があって良いと言う人もいるのです。

気が強い人と弱い人が出会えば必然的に気が強い人が上に立ちますが、では気が強い人同士だとどうなるのか?

世間では気が強い嫁さんの尻にひかれているよという旦那さんや、自分が優柔不断だから少しくらい気が強いパートナーが良い言う人もいれば、気が強い者同士だからどちらも一歩も譲らないと言う人もいるのではないでしょうか?

何かを攻略するときには、まず相手の事を知るのが大事です。

気が強い人との上手な付き合い方も紹介しますので、人間関係に悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

飲食店に勤めるTさん(40代/シフトリーダー)の職場の悩みは気が強い人同士集まっているので何をするにもぶつかり合って誰も謝らない。

職場ではスムーズな連携を必要としますので普通に喋りますけど、内心なんだかモヤモヤした気持ちでいる事です。

ピーク時の忙しい時はさらにイライラします。

「まだ?!」と尋ねると「やってますけど!」と返ってきます。

小学生の子どもを持つ主婦が多く、夜の部はだいたい女将さんと学生アルバイトが2人と高校生の息子がいるTさんが出ています。

従業員は月2回は夜間も出ないといけないのですが、やれテスト期間だ、やれ熱が出た、預ける人がいないなどの理由で結局Tさんに要請が入ります。

責任感が強いTさんは毎回しぶしぶ出ますが、休んだ分はどこかでまたシフトに入ってもらうように言いますが、相手もどうしても外せない予定があると引き下がりません。

オーダーミスがあってクレームが来た時も言った聞こえないの水掛け論です。

まとまりがない職場にウンザリしていますが、先月も一人辞めたばかりでこれ以上、今誰かに辞められると困るのであまり強くも言えない状況です。

気が強い人の特徴や共通点

気が強い人には負けず嫌い、気性が荒いなど攻撃的な共通点があります。

ではそれぞれの特徴を解説しながら見ていきましょう。

自信家である

気が強い人は何事も自分が1番だと思っている自信家であります。

一番でなければ気が済まないタイプです。

人知れず努力も惜しみません。

自分の意見が正しいと思っているので他人の忠告は聞き入れません。

グループの中心的存在

気が強い人は自分が話題の中心であったり主導権を握っていたいタイプです。

自分勝手で自己中心型でワガママも多いです。

勝ち気である

気が強い人は誰よりも勝っていたいという強い気持ちを持っているので、競争心が強い傾向にあります。

誰にも物怖じしない負けん気の強い人です。

言い争いになると負けじと荒い口調で攻撃します。

勝つことにとことんこだわりがあり、相手が黙ったところでゲームオーバー。

好き嫌いがハッキリしている

気が強い人は好感を持てる人には付き合うが、自分と反りが合わない者には曖昧な態度は取らず、ハッキリ嫌いと言います。

“来る者選び、去る者追わず”な性格です。

躊躇しない

気が強い人は年上だろうと上司だろうと自分に自信を持っているので黙って見過ごす事はしません。

男気があるとも言えます。

思ったことをすぐに口に出す

気が強い人は一旦考えて口に出すようなことはありません。

思った事をすぐ口に出すので間違った事は言っていないのですが、言葉足らずで誤解を招く事もあります

プライドが高い

気が強い人は自分が一番だと思っていて理想も高いです。

自分の理想に近い人を見ると勝手にライバル視してしまいます。

例えば自分より劣っていると思っていた人にイケメンの彼氏がいる、学歴は自分より下なのに大事な仕事を任されているとわかった時、許せません。

気が強い人は特に他人から先に言われる事を嫌います。

本当はそうしたいのに見栄を張って行動に移せない時もあります。

自分の間違いに気づいた時もそうです。

間違いを認めたくないですね。

だって認めたら負けを意味するから。

あれこれ理由をつけて正当化しようとします。

気が強い人の心理

気が強くなる時ってどんな時だろう。

いつでも気が強いのだろうか?

上から目線で物を言う

気が強い人は自分の方が勝っている、立場が上だと思った時は相手を見下して強気に出ます。

負けを認めない

気が強い人は自分に絶対的自信があるので、どんな小さな事でも負けたくない、人に負けるのが嫌です。

絶対に謝ることもありません。

負けるとムキになります。

負けず嫌いな性格で勝つまで勝負を挑みます

負けず嫌いな一面は、仕事の面ではプラスに働きますが、意地になりすぎると周りの状況が見えなくなります。

リーダーシップを取る

気が強い人は周りの評価は気にしません。

気が強い人がリーダーシップを取りたがるのは何も言わせない、自分に従ってほしい気持ちが強く、絶対的存在を示します。

頼られているという満足感・優越感から他人にも厳しいが自分にも厳しいです。

指図されるのが嫌い

気が強い人は人から否定されたり指図されると「お前に言われたくねーよ」とイラっとします。

意見を貫きたい

気が強い人は

他人の意見なんてくだらない

興味ない

自分の意見だけを取り入れてもらいたい

自分の思い通りにならないと気が済まない

ので、自分の意見を最後まで貫き通します。

意外にもろい

気が強い人はプライドが高いがゆえに誰にも相談ができません。

何でもできると思われているため、「こんな事で悩んでるの?」と笑われたらプライドが許さないのでストレスをため込んでいます。

真の友達と言える人もおらず、弱っている心理状態でボディタッチなどの不意打ちに弱いです。

気が強い人への対処法

気が強い人を敵に回すと非常に厄介です。

よほどあなたが気が強い人でない限り太刀打ちできないと考えてください。

気が強いと言っても自分の意見さえ通れば問題ないので安心してください。

相手の言動に合わせた対処法を探ってください。

張り合わない

気が強い人には絶対に張り合おうと思わないでください。

面倒になるだけなので話をさっさと終わらせるためには「スゴイですね」が一番の逃げ道となります。

否定しない

気が強い人は否定されるとムキになり倍返してきます。

根に持たれる事もあるので「そうですね」とだけ言っておきましょう。

“触らぬ神に祟りなし”と言いますから差し障りがないように気を付けましょう。

聞き役に回る

気が強い人には性格上、人が寄り付きません。

なので悩みも一人で抱えています。

そんな時に黙って聞いてくれる人に好感を持ちますので、攻撃から避けられます。

要は信頼を得て味方に付けるのです。

その際、干渉しすぎず適度な距離を置く事も必要です。

機嫌を取る

気が強い人に頼み事をする時は「これをしてほしい」ではなく「○○さんだからこれをお願いしたい」と言い換えるだけで自分だから頼まれたとの見方をするので聞き入れてもらいやすいです。

まとめ

気が強い人は諦めない精神や競争心が仕事の面ではプラスに働きますが、他人を蹴落としてまで出世欲が出るなど度が過ぎると人間関係にヒビが入ります。

気が強い人と接する時は、適切な接し方を事前に頭に入れた上で関係を築いていくことが大事です。

自信に満ち溢れていて我が強い人なので、敬遠しがちですが、気が強い人は自分の意見をしっかりと言えて、努力家でもあります。

あなたの考え方を変えれば、とても頼れる人となるでしょう。