情けない人の特徴・心理・対処法

情けない

呆れて物も言えない情けない人がいます。

どう立ち直らせたらいいでしょうか?

こんな悩みを持つ人のために特徴や心理を挙げて実体験を交えて対処法まで大公開!!

情けない人も情けないなりに悩んでいます。

うまくいかなくて自暴自棄になっている人、自己嫌悪に陥っている人はぜひ参考にしてください。

情けない人に共通する特徴

時と場合によりますけど、泣き虫・貧弱・ニート・親のすねかじりは世間一般で言う情けない人と言って間違いないでしょう。

これらの人に共通する点は頼りにならない人です。

それぞれ性格とシーン別と共に特徴を挙げていきます。

性格編

泣き虫な人

恋人にフラれたらそりゃ悲しくて男でも涙は出ますよ。

自然な感情ですから。

情けない人は立ち直るまでに時間が掛かる人もいるでしょう。

しかし、大の大人が

・いつまでもメソメソして外出もできない

・女性がみんな敵に見える

・仕事も手につかない

・フッた女の悪口を言いふらす
とここまでくると情けない人の同情レベルを遥に超えています。

忘れっぽい人

情けない人は小さな物から大事な物までとにかく忘れ物が多い。

それと何回言っても言う事を聞かない人。

小学生じゃないんだから自分の持ち物の確認くらいしてほしいものです。

見て見ぬフリをする人

困っている人を見て見ぬフリをする情けない人は状況にもよりますが、助けになってやりたい気持ちはあります。

できないこともありますからね。

しかしそうゆう気持ちはさらさらなく、自分にとって損得で動く人は確信犯で情けない人ですね。

飽き症である

何にでも好奇心旺盛で熱しやすく冷めやすいタイプの情けない人。

習い事や多趣味にお金をつぎ込むものの、合わない、キツイ、面白くないなどの理由から三日坊主で終わってしまうのは根性がなく情けないとも言えます。

臆病な人

怖がりで怪談を聞いただけでもビビりまくる情けない人。

一人行動が出来なくなると、夜トイレに一人で行けなくなる、尿を我慢して漏らすなど大人としてはちょっと笑えて情けないですね。

見栄を張る

人間どうしてもカッコよく見せたい時ってありますよね。

特に気になる人の前だとなおさら。

見栄を張るといつかバレます。

お酒が強いと豪語しときながら実際はすぐに酔いつぶれた、さらに「あの時は体調が悪かった」と言い訳すれば なおさらかっこ悪い情けない人です。

経歴を盛ったが、知り合いから情報が回ってきたなど、誇張は経験不足や風の噂でバレるものですよ。

口先だけはやめましょう。

披露する時困るのは自分です。

生活編

親のスネかじり

いい年過ぎて逆に親孝行しなければならない年なのにいつまでも親のお金に頼って生きている人は情けない人ですね。

未婚に多い“パラサイトシングル”と呼ばれる親の支援を頼りにしている情けない人は、中年になっても自立できず年齢的にも諦めかけている人もいます。

『いつまでもあると思うな親と金』ということわざがあるように、親はいつかは旅立つものです。

わずかな年金から捻出してくれていた親が旅立つという事は本人もそれなりに初老のはずです。

就職がますます困難になります。

一人になってどう生きていくのですか?

プライドを持って早いうちに自立を目指しましょう。

ニートである

リストラや就活中を除いて健康であるにも関わらず、職に就こうとしない人は情けない人ですね。

ある程度年齢がいった人が何十回と転職を繰り返した経験があるというのは百歩譲って話はわかります、
しかし10代、20代で職に就いた期間が数日~1ヶ月も持たないとなるとこれは問題ですね。

ヒモである

ヒモやダメンズと呼ばれる女性や恋人のお金をあてにして生活している情けない人がいますね。

職にも就かない、人のお金で贅沢三昧な人はちょっぴり羨ましくもありますが、やはり世間からの目は厳しいものがあります。

甘えている

大人になってからでも誰かに起こしてもらわないと一人で起きられない、挙句は二度寝をして
「なんで起こしてくれなかったのか!」と逆ギレする人は甘えている情けない人ですね。

恋愛で情けない

恋愛で言えば

・彼氏が男気が無くて情けない

・別れ話をしたら泣きつく

・一回も奢ってくれない

・危機的状況に直面した時、置き去りにして逃げた

など女性から不満が挙がります。

一方男性が見た情けない女性の姿はというと掃除・洗濯・料理などの家事ができない女性は残念に思うことが大半であります。

教育資金に手を付ける

ギャンブルにのめり込み小遣いが足りなくなって子どもの教育資金にまで手を出す親は情けない人ですね。

ギャンブルをするなとは言いませんが、いくらまでは使っていいと線引きをしないと浪費癖がひどくなります。

言い訳編

犯罪はもちろんいけません。

何とも呆れた情けない人の言い訳を紹介します。

・お腹がすいていたので万引きした
・親がお金をくれなかったので叩いたり蹴った
・遊ぶ金が欲しくてカツアゲした
・彼女に別れ話を切り出されカッとなって暴力を振るった

など理由はどうであれ犯罪をおかすと家族にも迷惑がかかります。

もっと大人の自覚を持ってほしいものですね。

責任転嫁する

情けない人はミスをしたり、トラブルが発生したら

「指示通りにやったまでだ」

「誰誰も同じ事してるじゃないか」

「何で僕ばっかりに言うんですか」

「教えてもらってないです」

「聞いてないです」

と自分の非を一切認めないで責任を追いたくない、自分のせいじゃないと人になすりつけようとしています。

情けない人には反省の色が全く見えません。

ミスは誰でもおかす可能性はあります。

潔く認めて謝罪した方が説教も長引かないし、ミスの原因を探る事で次は同じ過ちを繰り返さないという強い気持ちが出できます。

情けない人の心理

自分でも情けないな~と思う場面があります。

思うだけで行動に移さない人の心理は気になるところですよね。

ボッチで寂しい

週末、声を掛けてくれる友達もいない、気晴らしに外に出て周りを見渡せば家族連れやカップルだらけ。

クリスマスやバレンタインデーバースデーイベントも独りぼっちが寂しく身にしみます。

「俺一人でなにやってんだろ…」と急にむなしくなり情けない人であることを実感します。

人の成功を妬む

・後輩に先に出世をされた

・後輩の結婚・出産、ビジネスの成功

・後輩がマイホームを建てた

など誰もが羨む話しを素直に喜べず嫉妬している自分がいて「なんて器の小さい男なんだ」と情けない人だと感じます。

何をやってもうまくいかない

・起業したはいいが赤字続きである

・家賃が滞納している

・今日食べる物もままならない

・恋人でもいれば支えにでもなるのだが、婚活連敗中

といった情けない人は何事にも挑戦する気さえ失った、など救いようのない自分に心底嫌気が差して、自尊心もプライドもズタズタになって自己嫌悪に陥いります。

自信喪失

情けない人は

「これくらいなんてことない」

「出来て当たり前」

と自分の能力を過剰に評価していたため、

「こんなはずではなかった」

「何かの間違いだ」

と周りに認めてもらえなかった時の失望と自信喪失感がたまらなく虚しい。

情けない性格から立ち直る方法

情けない人が自分の殻を破りたいと思ったらすぐに行動に出ましょう。

思うだけではダメです。

前に進めません。

まずはそこからです。

諦めない

誰にでも失敗はつきものです。

「また失敗するかも」

「もうムリかも」

などネガティブに考えないで気持ちの切り替えが大事です。

諦めずに敗因をよく考えてもう一度トライしましょう。

努力は裏切りません。

比較しない

情けない人が他人と比較すれば優秀な部分だけが目につき劣等感を感じます。

他人の良いところを見るのは良い事ですが、お手本にする感覚で見てください。

全部同じにしようとすると能力の差が出て、そこでまた自信喪失してしまいますからあくまでもお手本にする程度に。

小さな目標から

情けない人がいきなり大きな目標を立てると大きな壁にぶち当たり挫折してしまいます。

ですから先ずはどんな小さな目標でもいい。

目標を達成するのが目標。

達成感を味わうと自信が付いてきます。

情けない人への対処法

遅刻癖がある人

収支に見合わない浪費癖がある人

自分に甘えている人

人に頼ってばかりいる人

など身近に情けない人がいる場合は、一喝しないと身が入りません。

気を引き締めてもらうにはサポートもしつつ厳しい言葉が必要です。

自信喪失な人には一緒に作業して自信を取り戻してもらいます。

褒めて伸ばす作戦です。

お互い、助け合って長い目で見守りましょう。

まとめ

今回は情けない人をテーマにして特徴や付き合い方を紹介しました。

いつまでも情けないとレッテルを貼られたままじゃ生きにくいです。

どこかで変わらないとこの先、幸せになる可能性が見えてきません。

今動かなかったらまた先延ばしです。

『思い立ったら吉日』と言いますからすぐにでも実行に移しましょう。