職場で舌打ちをする人の特徴・心理・対処法

f:id:tedukurikotoba:20180719132856j:plain

みなさんは舌打ちをしたことがありますか?

または舌打ちをされたことがありますか?

舌打ちとは物事がうまくいかなかったりイライラするときに歯茎の上に舌を置き舌を滑らせてチッと音を出す動作です。

誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

男女限らず大人だって子どもでも舌打ちをします。

日常生活でよく見られる舌打ちは

・子どもが親に叱られて不満げな顔をして舌打ちする。

・仕事でミスをして叱責されて舌打ちする。急な残業になり舌打ちする。

など相手に言い返せないときに舌打ちします。

されたほうは決して良い気がするものではありません。

舌打ちをする人の特徴

f:id:tedukurikotoba:20180719144022j:plain

 以下の特徴を持つ人が舌打ちをすることが多いようです。

・心にも私生活にも余裕がない

・常に自分が正しいと思っている

・すぐ機嫌が悪くなる 

・負けず嫌い

・威圧的な態度を取る

・面倒臭がり

・せっかち

舌打ちをする人の心理

f:id:tedukurikotoba:20180719144410j:plain

 職場で1人で舌打ちを行っている人の心理は、以下のパターンに分類することができます。

・「やってしまった」と後悔する気持ちから行う舌打ち。

・仕事が思うように進まずにイライラして行う舌打ち。

深読みすると、舌打ちすることで「困っているから助けてほしい」「相談に乗って欲しい」ことを周囲に訴えていると解釈することができます。

人に向かって舌打ちをする人の心理

f:id:tedukurikotoba:20180719133703j:plain

 人に向かって舌打ちをする人は、相手の言動に不満があることの表れです。

口に出すほどのことでもないので、相手に不快感を与えると認識していながら舌打ちをしているのです。

しかしながら、人に向かって舌打ちをするのは失礼な行為です。

あまりにひどいと悪印象を与え両者の関係が悪化しないとも限りません。

腹が立つのが同僚や部下には聞こえるように舌打ちをして、上司には聞こえない程度に舌打ちをするなど人を選んで舌打ちを行う者がいます。

舌打ちをする人の対処法

f:id:tedukurikotoba:20180719132952j:plain

物事が思うように進まないときに、舌打ちをしたくなる気持ちは分からないでもありません。

しかし、舌打ちは品のない行為です。

誰が聞いても不快な音です。

舌打ちをされた側は決して気持ちの良いものでありませんが、余計な荒波を立てたくない場合は、スルーするのが一番です。

ことあるごとに舌打ちをされて我慢ができないのなら、ケースバイケースですが、「舌打ちは印象が悪いと思いますが」と切り出してみましょう。

上司が舌打ちをする場合は、注意するのは難しいですね。

その場合は、「この人は心に余裕がないんだな」「そういう表現の仕方しか知らないかわいそう人」と考えて聞き流しましょう。

大人の対応で割り切ると自分へのストレスにはなりません。

また、上司は気に入らないことをされたから、舌打ちをしているので、「舌打ち=次からは気をつけてね!」と言われているくらいにポジティブに受け止めると、心が軽くなります。

舌打ちを聞いても気にしないのが一番です。

どうしても気になるのならまずは相手にも不快な気持にさせないためにも心配する素振りをしながら「どうかしたんですか?」と聞いてみましょう。

「実はこういうことがあって」と、悩みを打ち明けてくれるかもしれません。

親身になって話を聞いてあげましょう。

相手の心が軽くなって落ち着きを取り戻すでしょう。

そうすることでストレスがなくなり段々と舌打ちが減ってくるかもしれません。

それでもまだ何回もするようであればストレートに「舌打ちが周りにも聞こえているのでしないほうがいいですよ」とやんわり言うといいでしょう。

舌打ちをすることがクセになっているので、一回言っただけでは治らないかもしれません。

だから舌打ちをするたびに言うのです。

しかし、同じ人が何度も言うのは気が引けてきますよね。

周りの人も快く思っていないはずだから「舌打ちをやめるように」と協力して言ってもらうのはいかかでしょうか。

そうすれば相手も周りの人に不快な思いをさせていることを理解するようになるので、舌打ちをしないように心がけるようになります。

外国人が行う舌打ち

日本では悪い印象に取られる舌打ちですが、国が異なれば舌打ちの意味合いも異なります。

・イタリア:質問に対して「NO」と頻繁に舌打ちする場合があります。

・韓国:ドラマの中でもあからさまに舌打ちする場面があります。日本と同く不快感を表す意味で舌打ちを使いますが、韓国では日常的に舌打ちを行っています。

アメリカ:「すごい!」「いいね!」と良い意味で舌打ちします。

・中国:他人に対しての舌打ちばかりではなく、何気ない日常でも舌打ちすることがあります。

このように舌打ちは国によってはまったく違う意味になります。

海外旅行などで現地の人に舌打ちされた場合は、その国での舌打ちはどういう意味なのか知ることが大事です。