失敗を恐れる

失敗を恐れる人の特徴・心理・対処法

失敗を恐れる

失敗が怖くて消極的になってしまう原因とは?

誰でも好き好んで失敗なんてしていません。

どんな偉い人でも大なり小なり失敗はあるでしょう。

失敗とは「やってみたが、結果を残せなかった」多くのチャレンジをしたけれど、うまくいかなかった経験を失敗と呼んでいます。

『失敗は成功の基』

『失敗を恐れていてはいつまで経っても前に進まない』

『失敗を恐れずどんどんチャレンジしなさい』

この言葉は先生・上司・親などから一度は言われたことあるのではないでしょうか?

人間には防衛本能というものが存在しており、傷つけるものは排除しようとする習性があります。

しかし、中にはその恐怖を感じずにどんどんチャレンジをして、結果として成功を収める人もいます。

できるビジネスマンほど多くの失敗をしているように感じます。

「努力はしてみたが、失敗した」

「挑戦したものの、実力不足でうまくいかなかった」

という失敗はまだまだ伸びしろがあります。

ですが、「自信がないのでやらなかった」と始めてもいない“やらない失敗”を恐れている人はどうでしょう。

確かに失敗を恐れる人はどこでも多くいます。

失敗を恐れずに自信を付けたいという人も多くいますので、失敗を恐れる原因を追究しながら特徴・心理・克服法を紹介していきますので

参考にしていただければ幸いです。

失敗を恐れる人に共通する特徴

失敗を恐れる人が「失敗を恐れるな」と言われてもやっぱり考えてしまうのは

「失敗したら上司に怒られる」

「次はない」

とあと一歩のところでどうしても勇気が出ません。

失敗を恐れる人に見られる共通点はチャレンジしない、もしくはチャレンジを諦めていることです。

どんな人かと言うと具体的に特徴を挙げていきますので、自分はどのタイプにあてはまるのかチェックしながら見てください。

メンタルが弱い

失敗を恐れる人は、ほかの人よりも非常にメンタルが弱いのが圧倒的に多い特徴だといえます。

「死にたくなった」

「どうせ自分なんか」

「自分がいなくなっても誰も困らない」

と口癖のように言います。

人から些細な言葉でも傷つく、気にする、長く落ち込むなど悲観的かつ否定的で少々扱いにくい人です。

自分に自信がない

失敗を恐れる人だけでなく、自分に自信がある人でも失敗は有り得ることです。

なぜ失敗したのか?気持ちを切り替えて前に進む人は成長できる人です。

自分に自信がない人は

「自分にはこれといった実績やスキルもないし、同僚と比べても仕事の能力の差が歴然だ」

「自分には無理だ」

と最初から諦めて決めつけています。

だから人任せにする傾向があります。

慎重派である

失敗を恐れる人は、後先をきちんと考えている人です。

良い面・悪い面あります。

良い面で言えば計画性があります。

ですから動きに無駄がありません。

悪い面で言えばあれこれ考えすぎて決断までに長い時間が掛かることでしょう。

ネガティブである

ポジティブな人は失敗しても「ま、いいか」と楽観的に物事を捉えることができます。

「次は頑張る」と前向きに目標に向かいます。

しかし、ネガティブな失敗を恐れる人はいつまで経ってもクヨクヨ落ち込んでいたり、立ち直るのにかなりの時間を要します。

発言にしても「でも・だって・どうせ」と否定的です。

否定的な人は何かと人と揉め事に発展します。

評価を気にする

失敗を恐れる人は、過度に評価を気にする人です。

会社に損害を与えるような大きな失敗ならともかく、誰にでもありがちな小さなミスですら

「ダメな人間だと思われている」

「できないやつだと思われてしまった」

と、普通の人なら気にしないレベルでもこの世の終わりみたいな感覚に陥ります。

トラウマがある

失敗を恐れる人は、

・過去に大失敗をして人を怒らせた

・損害を与えた

・心無い言葉で傷付いた

など思い出したくもない過去がトラウマとなっています。

過去に失敗してひどく心に傷ついたトラウマというのは一見忘れかけたように見えます。

でも同じ場面の遭遇したり、連想させるワードが出たりすると、長い年月が経っていてもその場にいるかのような錯覚を起こし体が硬直してしまいます。

震えが止まらなかったり、言葉が出なかったり症状は人それそれですが、新しく何かをはじめることにひどくためらいがあります。

失敗を恐れる人の心理

失敗を恐れる人が、失敗を恐れる気持ちはわからなくもないです。

「できないかもしれない」

「失敗したら、恥ずかしい・笑われる・怒られる・立ち直れない」

など悪い方に考えてしまいます。

ですが、私たちが思っている以上に本人にとっては深刻かもしれませんので、さまざまなシーン別に心理を挙げていきます。

責任を取るのが怖い

昇格・ボーナス/給料カット・反省文・説教・辞任、責任を取るのは、失敗を恐れる人だけでなく誰でも嫌です。

もし万が一、失敗したらそれでも誰かがとらなければいけない。

「損失を出したら会社に居られなくなるかもしれない」という責任が重くのしかかります。

チャレンジしたいきもちはなくもないけど、責任までは取れないと言うのが本音です。

それが自分が責任を取るのではなくて周りの誰かが責任を取らされる形だとなおさら顔向けできません。

絶対に無理!!

失敗を恐れる人は、わずかな可能性に賭けてみようとは思いません。

やっても失敗するかもしれない、失敗をして落ち込んだり責められたりするのは嫌です。

どっちにしろ失敗するんだったら最初からやらない方がマシです。

失敗したらどうなるか悪いことしか考えることができません。

少しでも不安要素があるものは、ネガティブな自己暗示がかかり絶対に無理だと言い切ります。

笑われたくない

失敗を恐れる人は、失敗は恥ずかしいと言う気持ちの方が強いのです。

失敗したら後輩にもメンツが立たないし、「こんなこともできないのか」と笑われるだろうし、見下されるかもしれない、できないヤツとレッテルを貼られるのだけはごめんです。

かと言って努力して見返そうと言う気はさらさらない。

周りの態度や視線が、責め立てているかのように錯覚に陥るのです。

同じ過ちを繰り返したくない

失敗を恐れる人でなくても誰だって同じ過ちはしたくないはずです。

失敗を恐れる人は、にもかかわらず失敗する自分が嫌になってきます。

大きな失敗をすると

「もうあんなつらい思いは二度としたくない」

という気持ちが強く、何事にも消極的になってしまいます。

絶対に成功するという確信がなければ行動したくないです。

時間の無駄

前に一度失敗した人は

「いくらやったってできないものはできない」

「やるだけ時間の無駄だ」

とあっさり割り切っています。

人には向き/不向きがあって「できる人がやればいい」と適材適所にこだわります。

正論とも取れますが、なんでもかんでも丸投げというのは周りから反論を買います。

周りが自分に期待している

失敗を恐れる人は周りが過度に期待すると期待に応えなければというプレッシャーから重圧に耐えれなくなりました。

たった一度の失敗が周りの人の記憶に刻み込まれてしまいます。

それを考えたら失敗する事がとても怖くなりました。

失敗を恐れる人の克服法

失敗から学ぶことはたくさんあります。

精神面でも強くなれます。

失敗は恥ずかしいことではありません。

失敗をそのまま放置していることに問題があります。

失敗の原因を突き止め次につなげるチャンスだと思ってください。

そのことを頭に入れて実践してみましょう。

小さな失敗は気にしない

失敗を恐れる人は小さな失敗でも気にしますよね。

誰でも忘れ物のひとつやふたつあります。

大事な会議の資料や現場で使う作業用具の忘れ物などの忘れ物を除いて、今日・今必要でない忘れ物は気にしないでください。

自信をつける

失敗を恐れる人は自信がないから怖い。

それならば自信をつけることから始めましょう。

まず、簡単なことはネガティブな発言を吹っ飛ばしましょう。

「できないかもしれない…」ではなく「これならできるかも」と成功体験を経験するのです。

なんでもいいですから目標を立てて始めてください。

コンプレックスがある人は悲観的にならないで化粧でごまかせるように

・メイクの技術を磨く

・ダイエットに向けて食事制限をする

・ネイル・ヘアカラーをして外見を明るくする

・男性・女性受けするファッションを真似る

など女子力を意識してください。

すると周りからの反響もあるでしょう。

どんな小さい事でもいいですから、できた喜びや褒められた喜びを一度味わってください。

するとまた何かに挑戦したくなります。

人と比べない

失敗を恐れる人は、憧れの人や上司や先輩がいたとしても比較対象にしないことです。

・笑顔でいられる

・聞き上手

・仲間がいる

・資格がある

・料理が得意

・記憶力が良い

・英語だけは得意

など自分にもなにか一つくらいは良い所があるはずです。

「○○さんに比べて僕なんか…」ではなく「あの人のようになるには何をしたらいいか」自分のペースで改善していきましょう。

きっと自信につながります。

スキルアップを磨く

知識や経験がなければ自分に自信が持てないのは言うまでもありません。

これを機に資格の勉強や読書、セミナーに参加して知識を得るのも効果的です。

学んでいるということ自体、自信につながるはずです。

まとめ

人はよっぽど器用な人でない限り最初から成功する人はいません。

何事も毎日の積み重ねで成長していきます。

やってみたら意外とできたっていうこともありますから、自分を信じて失敗を恐れず何事にもチャレンジしてください。

【関連書籍】

失敗の本質 | 戸部 良一, 寺本 義也, 鎌田 伸一, 杉之尾 孝生, 村井 友秀, 野中 郁次郎 | 軍事 | 本 | Amazon

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった! | 大野正人 | ノンフィクション・伝記 | 本 | Amazon