職場でうつ病の疑いがある人の特徴・心理・対処法

f:id:tedukurikotoba:20180902223111j:plain

うつ病の疑いがある人の特徴

 

数年前、開発した商品が大ブレイクして一躍時の人になった商品開発部のUさん。

現在でも新商品の開発に精を出しているUさんですが、近年は鳴かず飛ばすで、これといったヒット商品を出すことができません。

Uさんは以前の実績を買われていることがプレッシャーになっているようで、焦ってイライラしているようです。

先月の新商品開発のプロジェクト会議では、

「それってT社のパクリですよね。他社のサルマネでは芸がありません。」

「時代が変わっています。前例にとらわれてどうするんですか。」

と攻撃的な口調が印象的でした。

その後、Uさんはおかしくなっていきました。

遅刻が増えて勤務時間中はいつもだるそうにしています。

話しかけても言葉少なめで元気がありません。

会議でもぼーっとしていて人の話を聞いていないようです。

Uさんは休日は同僚とよくゴルフに出かけていたですが、誘っても断るようになりました。

ある日の夕方、Uさんは暗い表情で「俺はもうダメかもしれない」とつぶやいたのを同じ部署の人が聞いたそうです。

翌日、Uさんが「風邪っぽいのでしばらく休みます」というお知らせがありました。

そして、そのまま職場に出て来ない日が長く続いています。

周りの人は「もしかしたらUさんはうつ病なんじゃない」とウワサしています。

 

うつ病の疑いがある人の心理

f:id:tedukurikotoba:20180902223342j:plain

真面目、責任感が強い、神経質な人がうつ病になりやすい傾向があります。

つらい出来事がきっかけでうつ病を発症します。

職場ではパワハラ、リストラ、人間関係、過重な職務などがうつ病の原因になることが多いです。

うつ病の症状としては「夜眠れない」「食欲がない」「気分が落ち込む」「集中力の低下」「自己評価の低下」「好きだったことが楽しめない」「疲れやすい」などが特徴として挙げられます。

うつ病は適切な医療を受けることで治ります。

しかし、うつ病になった人は自分から進んで病院に行くことはあまりありません。

うつ病の人は体調が悪くても「医者にかかってもしょうがない」とネガティブに考えるからです。

 

うつ病の疑いがある人の対処法

f:id:tedukurikotoba:20180902223230j:plain

うつ病の疑いがある人に「うつ病かもしれないので心療内科に行け」とダイレクトに言うのはやめたほうがいいでしょう。

うつ病と診断されたらクビになってしまうのでは」と不安になるからです。

そこで最初は「うつ病」という言葉を使わずに「調子が悪いようなので医者に見てもらったら」と声掛けすると良いでしょう。

その際に遅刻・欠勤の増加や仕事のペースが落ちてきたなどを客観的なデータを提示すると相手を説得しやすくなります。

同時に「元気になって戻ってきてほしい」「一時的に休職しても会社は喜んであなたを迎え入れる」と伝えることで、安心して治療に専念してもらいましょう。

 

うつ病には他にも種類がある

f:id:tedukurikotoba:20180902223711j:plain

新型うつ病(非定型うつ病)とは

新型うつ病」はマスコミが作った造語で医学用語では「非定型うつ病」と呼ばれています。

新型うつ病の症状は、好きなことはできるけど嫌いなことになると気持ちが沈みます。

また、うつ病にかかっている人は自分を責めるのに対し、新型うつ病は人のせいにするのが特徴です。

新型うつ病は、「仮病」「わがまま」「甘え」と認識されがちで、職場で理解を得るのが難しい病気です。

 

双極性障害躁うつ病)とは

昔は「躁うつ病」と呼ばれていましたが、現在では「双極性障害」と呼ばれることが一般的です。双極性障害にかかると躁状態うつ状態を繰り返します。

躁状態のときは、「おしゃべりになる」「怒りっぽくなる」「金使いが荒くなる」「自分は素晴らしい人間だと思い込む」などの症状が現れます。