流されやすい人の特徴・心理・対処法

流されやすい

流されやすい性格というのは、良く言えば素直に従い柔軟性がある一方で、裏を返すと優柔不断で決断力がなく人任せな性格であると言えます。

多くの人が一回くらいは多数派の意見に流されてしまったことはあるかと思います。

しかし、社会に出て流されてばかりの人が同じ職場に居るとどうでしょう。

今回のテーマは“流されやすい人”です。

流されやすい部下に頭を抱えているE氏(30代/旅行代理店)の話を聞いてみましょう。

今年入社した新人のA君は真面目で温厚な人柄ですが、海外旅行か国内旅行か迷っているお客様に押しが足りなくてあと一歩と言うところでお客様を逃すことが多いのです。

お客様の迷いどころは何と言っても旅行代金と宿泊日数です。

スキーツアーを考えている女子グループを担当した時も、同乗者の一人が「でもこっちの日帰りプランも良いよね~」とカニ食べ放題日帰りプランに興味を持ち初めました。

当然どちらも丁寧に説明をするのですが、お客様の意見を尊重するあまり大口顧客を逃してしまうのです。

会議では多数決取る時も顔色伺って挙手します。

仕事帰り後輩とA君を連れて飲みに行く時もありますが、メニューを見る事もなく決まって「僕も同じもので」です。

「他に食べたいものないの?」と聞いても「特には…」と言うので後輩がいつも適当にオーダーします。

人に流されやすいというのは周りと合わせる意味では良い時もありますが、今置かれた現状を時と場合により瞬時に把握してほしいと思っていますが、なかなか生真面目な性格がゆえに改善が見られません。

この場合、お客様から見て担当者のA君は自分たちが出した条件に合ったプランを提案してくれたいい担当者。

一方、会社から見たら売り上げを伸ばしてほしいと思う上司。

当の本人は仕事を全うしているように思えますが、この二人から見ると流されやすい人の見方が変わるわけですね。

流されやすいとは

流されやすいとは、自分の意見を持たないことです。

意見や考えが他人の言動によって二転三転したり、考えが定まっていないため他人に決定権を任せることを言います。

流されやすいを四字熟語で表すと

① 唯々諾々
読み方:いいだくだく
意味 :善悪に問わず何事にも素直に従うこと

② 意志薄弱
読み方:いしはくじゃく
意味 :意思が弱い、忍耐力がない、決断力にかけていること

といった言葉に置き換えることができます。

流されやすい人の特徴や共通点

さっそく流されやすい人の特徴や共通点を見てみましょう。

流されやすい人の特徴や共通点: 自己主張がない

流されやすい人の中で、一番多く見られるのが自分の意見を言わないで他人任せにする人です。

人の気持ちを優先させているため、たまに後悔をすることはありますが、それはそれで仕方がないと諦めも早いです。

流されやすい人の特徴や共通点: 相手に合わせる

流されやすい人は、上司や同僚が残っているから自分の仕事は終わっているけど、帰れない事態に陥ります。

流されやすい人は、損する性格だと言えますね。

流されやすい人の特徴や共通点: 面倒くさがり屋

流されやすい人は、考える事自体面倒くさいから他人に任せてしまいます。

常に誰かの発言や答えを待っています。

流されやすい人の特徴や共通点: こだわりがない

流されやすい人は、他人に何を言われどう思われようと何とも思わないこだわりがない人です。

誰かが「こうしよう」と言えば「わかった」「やっぱりこれに変更しよう」と言っても理由も聞かす、同意するタイプです。

流されやすい人の特徴や共通点: 熱しやすく冷めやすい

流されやすい人は、人からの情報を頼りにしているためブームだの最新作だの話題作には飛びつくが、多趣味で飽きやすい傾向にあります。

流されやすい人の特徴や共通点: 押しに弱い

流されやすい人は、選択を迫られた時や迷った時に後押ししてくれる人がいれば助かります。

恋愛で言えば、たとえ好みの人でなかったとしても好意を抱かれたり猛アプローチしてくる人に弱く無視はできません。

ついにはOKを出すパターンです。

別れが来ても、くよくよしないまさに“来る者は拒まず去る者追わず”な性格だと言えます。

流されやすい人の特徴や共通点: どっちでもいいが口癖

流されやすい人は、「これとこれ、どの案が良い?」と選択を迫られても決まって「どっちでもいいよ」と言う。

「でもこれ、こうだよね、やっぱりやめようか」と言っても「そうだね」と相手に合わせます。

一見優しそうに見えるが、本心が見えません。

流されやすい人の特徴や共通点: 尻に敷かれている

流されやすい人は、決断力がないため、女性の尻に敷かれている男性が多いです。

自己主張がないため女性にとっては扱いやすい存在です。

食べ物のメニューが決まらないとしても「これでいいわね」と言われてもよほどの事でない限り文句は言いません。

流されやすい人の心理

流されやすい人の心理についても考えてみましょう。

流されやすい人の心理: 責任を持ちたくない

流されやすい人は、自分の意見で左右されたくない、万が一失敗をしたとしても責任逃れができると考えているため自己主張はしたくないです。

流されやすい人の心理: 臆病・小心者である

流されやすい人は、

「出しゃばりだと思われるかな?」
「自分の意見に反対されたらどうしよう」
「何か言われたらどうしよう」

と不安な気持ちでいっぱいなので、ここは無難に周りと合わせた方が良さそうだと考えています。

流されやすい人の心理: 穏便に解決したい

流されやすい人は、対立したり意見を言って輪を乱したりするのが嫌なので、揉め事は起こさず穏便に過ごすには余計な口出しはせずに周りと合わせるのが最善策だと思っています。

流されやすい人の心理: 頼み事を断れない

流されやすい人は、頼み事を断ると

「相手が嫌な思いをするかも?」
「私って嫌な奴とか思われそう」

などと考えると嫌だと思っても、ハッキリ断る事に罪悪感を感じてしまうため要求を聞き入れてしまいます。

流されやすい人の長所・短所

流されやすい人は冒頭にも述べたように、人任せや決断力に欠けているといったマイナスイメージが強いです。

他にも

・個性がない
・優淳不断である
・思考回路が停止している
・責任転嫁する

などが挙げられます。

しかし流されやすい人には、以下のような長所も潜んでいます。

・協調性がある (輪を乱すことがないため良いチームワークが組める)
・柔軟性がある (堅苦しい考えは持たないので温厚な性格である)
・素直である  (何事にも素直に従うため扱いやすい)
・他人優先である(自分よりも他人を思いやる)

流されやすい人の対処法

最後に流されやすい人への対処法を考えてみます。

流されやすい人の対処法: スキルが足りない

流されやすい人は、判断基準が曖昧なため自分の意見を押し通すことができません。

会社に損益が掛かっている場合は、改めて研修を行う必要があります。

流されやすい人の対処法: 選択肢を減らす

流されやすい人は、選択肢が多ければ多いほど考える事が面倒くさいので人と同じでいいと考えます。

先ずは二択にすることで決断にも時間がかかりません。

『自分の意志で選択した』経験を積むのが大切になります。

流されやすい人の対処法: 逆手に取る

流されやすい人はこだわりがない分、扱いやすい人だと思うようにするとストレスが軽減されます。

いつも自分の意見に賛成してくれる人と思うようにしてください。

まとめ

こだわりが強い人は絶対に譲れない事柄が多くたびたび衝突しますが、流されやすい人はこだわりがないから人と揉める事は少ないです。

大目に見てあげることもアリではないでしょうか。

【関連書籍】

本当に日本人は流されやすいのか (角川新書)