ドタキャンする人の特徴・心理・対処法

ドタキャン
ドタキャンをしたことorされたことありますか?

「スケジュールを調整してたのに」

「楽しみにしてたのに」

「ドタキャンでキャンセル料が発生した」

「参加メンバーが合わなくなった」

遅刻にしろ、急な用事が入ったにしろドタキャンするにしても連絡があるドタキャンならまだしも、連絡がない場合は許せませんよね。

冠婚葬祭なら仕方ありませんが、「ドタキャンするなら最初から約束するな!」と怒りはごもっともですが、ドタキャンする人もそれなりの理由があるかもしれませんね。

あなたは何度までならドタキャンを許せますか?

ドタキャンを言い訳ととるか説明と取るかはドタキャンした回数によって違います。

なぜ約束した場所に来なかったのか理由を問い詰めます。

「あ~そうだったのか」と最初は理解するでしょうが、これが何回も続くとどうでしょう。

いくら正当な理由を説明しているつもりでも、ドタキャンされた人はたいがい言い訳として捉えます。

今回はドタキャンする人の特徴や心理を知ってもらい今後の付き合いも気まずくならないような対処法をレクチャーします。

ドタキャンする人に共通する特徴

ドタキャンをする人に見られる共通点は約束を守らない事です。

相手からしたらいい迷惑ですね。

ドタキャンを頻繁にする人は相手との約束を大事に思っていない可能性もあります。

それに何より信用を失います。

約束を守らない人はどんな人なのか特徴を挙げていきます。

時間にルーズである

ドタキャンする人が待ち合わせに遅刻して来たりするのはしょっちゅうで、何度注意しても直りません。

髪のセットや化粧や洋服選びに時間がかかってもマイペースな性格で、時間が迫って来ても急ぐことはありません。

時間配分やスケジュール管理ができておらず、のんびり屋さんは相手をイライラさせます。

気分屋である

ドタキャンする人は、行動が気分や天候に左右されます。

その場のノリで約束することが多いが、当日になって気分が乗らないと平気でドタキャンをします。

またその反対もあります。

約束していないにも関わらず、たまたま居合わせたために急遽行事に参加したいなど無茶を言う事もあります。

人数制限がある車の配車に手こずります。

スケジュールを把握していない

ドタキャンする人はスケジュール管理が雑で、ダブルブッキングしたり予定自体を忘れる失態をしでかします。

言われた事はすぐにメモを取る、カレンダーに記すことをしないから物忘れするのです。

能天気である

約束をドタキャンするのはどんな理由があるにせよ心苦しいものです。

それを繰り返す人は相手を思いやらない自己中心的な人だと言えます。

約束の埋め合わせもできない自分優先で能天気な人です。

人によって態度が違う

いくらドタキャンを繰り返す人であっても誰にでもドタキャンするわけではありません。

自分より強い人や立場が上の人や上司にはさすがにドタキャンはしないでしょう。

ドタキャンする人は、相手を見て判断しています。

ドタキャンする人の心理

ドタキャンする人は、状況次第ではドタキャンも仕方ない時と作為的にドタキャンする時があります。

どうしても無理なら連絡をするのが常識なのにその連絡すらしない人もいます。

どうゆうつもりでドタキャンするのか気になりますよね。

その時の状況と理由を説明します。

お金が無くなったので行きたくない

その時は行けると約束したが、状況が変わってしまいました。

今月は出費があり生活費がピンチ!

お金を持っていないと正直に話すのも恥ずかしいし、迷っているうちに当日になってしまい土壇場になって断りをいれます。

お金がもったいない

ドタキャンする人は、損得勘定で動く人です。

利用価値がなくなった、好意を持たない相手と遊ぶのは時間もお金もムダと考えたらドタキャンもやむを得ません。

しかし、「おごるよ」と言われたら話は別です。

喜んで出向きます。

メンバーに不服

行きたくない理由としては
・約束していたメンバー以外に友達の友達が来る

・好意的に思っていない人が来る

人見知り、楽しめなさそう、私がいるのになぜ人を呼ぶの?自分が輪に入っていけなさそうと不安が募り行く気がなくなります。

自分がいなくてもいいんでしょという想いからドタキャンにも罪悪感はありません。

連絡さえすればいい

急に恋人から会いたいと言われたら恋人を優先したい気持ちはわからなくもないです。

どうしても大事な人を優先させたい、自分のために時間を作ってくれた気持ちに応えたいから先方に嘘をついて「ゴメンね今日行けなくなった」と謝ります。

忘れていた

単純に約束を忘れていた、日にちを間違えた可能性もあります。

連絡が来れば思い出して急いで準備する事も考えられますが、相手が怒って帰ってしまった場合は、忘れたままでしょう。

約束した日から1週間以上日にちがあくようでしたら、念のために前日に確認の連絡を入れるべきでしたね。

充電が切れた

移動中に充電が切れたとします。

さあ、待ち合わせ場所がわからない…!困った。

しかし、今はどこの店舗に行っても〇分〇円という様々な機種に対応した充電器が揃えられているし、車の中でもカフェでも飛行機でも高速バスでも充電しようと思えばできます。

それをしないのは連絡を根本から断ち切ろうとしています。

約束自体が面倒くさくなりました。

連絡が取れないなら必然的にキャンセルですからね。

連絡が付くのは自宅に戻ってから。

相手は連絡が取れないので事故にでも遭ったのかと、さぞかし心配していたでしょう。

面倒くさくなった

夏場や冬場快適な部屋から外に出るのがおっくうになるパターンもありがちです。

趣味に没頭していた、ゲームに夢中になっていたら途中でやめる事ができなくなったなどの身勝手な理由から適当な嘘並べてドタキャンをします。

魅力を感じない

興味ない行事や好きでもない人からの誘いにはどうしても気が進みません。

とっさに断れなくてその場でOKしたものの結局はドタキャンしますが、気を持たせてしまい返って傷つけてしまいます。

見下している

「これこれこうだからしょうがない」

「急な用事で仕方がない」

「ま、いいか」

頻繁にドタキャンする人は相手を見下しています。

正当な理由だから許してもらえると軽く考えています。

その相手と言うのは怒らなそう、許してくれそう、貸しがある、弱みを握っている、立場が下の人などです。

いつからドタキャン?

いつからドタキャンになるのかハッキリした定義はありませんが、ドタキャンの基準は人それぞれです。

また相手との付き合いの程度にもよります。

しょっちゅう合っている人のドタキャンなら前日でも「わかった~」ですみますが、

久しぶりに会う人や会社仲間の人であれば、だいたい3日前~前日に断りを入れるのはドタキャンに値するのではないでしょうか。

もちろん当日も含みます。

では2週間前に予定をキャンセルされたらどうですか?

あまりドタキャンとは感じないでしょう。

むしろ早めに連絡くれれば代わりの人も探せるしさほど不快ではありません。

しかし、早い段階から旅行の準備や宿泊先の手配、チケットの入手をしていたらたとえ2週間前でもキャンセルとなると話は別です。

キャンセル料が発生する所もあります。

ドタキャンされたら一人になって困る人もいるでしょう。

キャンセル料を払えばいいっていう問題だけではありません。

一緒に行ける人を探すのも一苦労です。

ドタキャンの理由に多いのは

ドタキャンの理由が最も多いのは

・「急な仕事が入った」不満は残りますが、仕事じゃ何も言えません。

・女性で多いのが子どもの初熱や習い事の送迎など家族にまつわる理由が多くあります。

親の用事に付き合わなければなくなったなど本人の意思とは関係ない場合があります。

・お世話になった人を優先した。

お世話になった人と普段からよく会っている人との約束の優先順位を考えたら、たまにしか会えない人やお世話になった人を優先したい。

本当?ドタキャンの嘘を見抜く

こうもドタキャンが続くと本当かどうか疑ってしまいますよね。

嘘か本当か見抜く方法はありますので試してください。

埋め合わせしてもらう

ドタキャン後に、「この埋め合わせはいついつに」と相手の方から言ってくれば本当のドタキャンの可能性が高いでしょう。

「じゃあいつ頃なら空いてる?」と聞き返して

「まだわからない」

「後で連絡する」

と言っていつまで経っても連絡が来ないのは残念ながら、会いたくない言い訳でしょう。

SNSをチェックする

あまり考えたくはないのですが、ドタキャンした日に他の人と会っていた写真をアップしていないかチェックして見てください。

罪悪感がある人は載せないのが基本ですが、もしかしたら当日でなくても2,3日後にアップするかもしれません。

その際は証拠にはなりませんが、その日の洋服の一部や身に付けていた物が写り込んでいたなど痕跡はあるかもしれません。

連続3回はナシ

1回目のドタキャンは嘘にしろ本当にしろ、理由次第では納得もいきますが、続けて2回目はどうでしょう。

「またか…」となりますよね。

しかし、相手が必死に謝った、奢る、埋め合わせをするなどしない限り、3回目はもう嘘に近いですね。

ドタキャンの真実よりも、その後のフォローや誠意がある対応かどうかが真偽を見極めるポイントになりますので参考にしてください。

ドタキャンされない方法とは

一度でもドタキャンする人は100%信用できる人ではありません。

確認を入れるのを怠らないようにすれば防げます。

その際、口頭だけでは不安が残ります。

ではどうしたらいいか。

文章に残す

約束した後、3~4日前でも再確認しても連絡事項が埋まってしまっては忘れられる可能性があります。

前日にまた、場所・時間を文章に残しましょう。

「明日楽しみしてるね」とひと言ラインしておくのも有効です。

当日になっても既読がつかない場合は電話して参加の意思表示があるのかを確認しましょう。

迎えに行く

いつもドタキャンする人は寝坊したから行きたくなくなった、雨が降っているから出たくなくなったなどの理由からくるものですから、
急に予定がなくなって一人で過ごすのもアレだし、何ならこっちから迎えに行けば意外について来てくれます。

「今向かうからその間に準備しててね」なんて優しく言えば、気まずさなんて忘れてドタキャンされずに済みます。

縁を切る覚悟で

何度もドタキャンする方が悪い。

コチラからは絶対に誘わない、自分も一回ドタキャンしてみる。

相手は自分が同じことをされて初めて痛みを知るものです。

少しは減るかもしれませんね。

怒るようでしたら、付き合いはやめた方がいいですね。

何も言わない

相手がマズイ、もしかして怒ってる?と気ずかない事にはなにも変わりません。

ドタキャンされてもあえて何も言わないで自分からは話しかけない。

罪悪感を持たせるのです。

埋め合わせをしてもらう

ドタキャンする人は相手がどれくらいの準備をして楽しみにしているなんて考えた事もないでしょう。

ドタキャンされたら「楽しみにしてたのに~」「この日のためにがんばったのに…」と残念そうな表情をしてランチを奢ってもらうなど何かおねだりしてみるのはどうですか。

ただの面倒くさいという気分でドタキャンした人には痛い出費になりますから効果があります。

日取りを相手に決めてもらう

コチラが指定した日取りを無理に調整するのではなく相手の都合に合わせてみてください。

自分から指定したのだからドタキャンしにくいです。

まとめ

どんな理由にせよドタキャンはつらいものです。

ドタキャンする人に限って自分がドタキャンされたら自分の事は棚に上げて他人をひどく非難するんですよね。

自分も嫌な想いしたのだから次から気を付けようと一人でも多く心掛けてほしいと願うばかりです。