モラハラはパワハラよりも深刻!?パワハラよりも被害を受ける可能性が高いモラハラについで学んでみよう




職場で受けるハラスメントの代表的なものはパワハラとセクハラと言われていますが、最近ではモラハラも深刻な問題となっています。
モラハラはパワハラと共通する部分もありますが、モラハラの加害者はパワハラの加害者よりも幅広いので、より深刻な問題となります。
まずはモラハラの意味やパワハラとの違いから解説します。
 

モラハラとは


モラハラはモラルハラスメント(倫理・道徳+いやがらせ)の略語です。
つまりモラハラには倫理や道徳を外れた嫌がらせという意味があります。
職場でのモラハラは上司から部下だけでなく、同僚同士、部下から上司へのハラスメントという構図もありえます。
つまり職場内での立場には関係なく起こりうるハラスメントです。
そのため職場だけではなく家庭内や近所付き合い、学校内等あらゆるシーンで起こりえます。
モラハラの具体的な特徴は肉体的攻撃(暴力)ではなく、精神的に相手を攻撃するという点がパワハラなどとは違う点です。
それでは次にパワハラとモラハラの違いについて考えてみましょう。
 

モラハラとパワハラの違い


パワハラは職場内での立場が優位なことを利用した嫌がらせのことで、言葉だけでなく肉体的な暴力も考えられるハラスメントです。
そのため、傷害や暴行といった罪に問われる可能性もあります。
これに対してモラハラは精神的に相手を追い詰めるタイプの嫌がらせで、法に触れるような行為は行わない、あるいは罪に問うのが難しいという点で大きな違いがあります。
パワハラに比べると嫌がらせを証明しにくいという点で、より厄介ということもできます。
パワハラは上司が部下に対して行うことが圧倒的に多いのですが、モラハラは加害者の立場は全く関係ありません。
上司のパワハラに対する仕返しとしてモラハラが行われる可能性もあります。
つまりモラハラはパワハラよりもより広い範囲で行われる可能性が高いハラスメントです。
 

モラハラの特徴的な行動


モラハラをより具体的に、特徴的な行動を紹介することで解説します。
モラハラの可能性がある行為には以下の行為があります。
 
  • 無視をする
  • バカにした態度や発言
  • 嫌味や悪口を言う
  • 有給休暇の拒否
  • 退職を促す
  • 身体的特徴をからかう
  • 根も葉もないうわさを流す
  • 些細なミスの指摘や過去のミスの蒸し返し
  • あだ名を付ける
  • 意見や提案の否定
  • 大勢の前での叱責
  • 物に当たる
  • 物を隠す
  • 孤立や切り離しをする
  • 業務を妨害する
次にそれぞれ個別に説明します。
 

無視をする


モラハラのもっとも特徴的な行動としては無視があります。
挨拶や話しかけても返事をしないと言った行為で、社会人としての基本的なコミュニケーションを絶つことで相手に精神的なダメージを与えます。
無視をするということはだれでもできて簡単な行為なのですが、やられた方のダメージは大きいという効率がいい(?)ハラスメントです。
こうした無視によるハラスメントはあらゆる構図で考えられます。
職場内では上司から部下、同僚同士、ベテラン女子社員から新人社員、複数の部下から上司というようにあらゆるケースが考えられます。
 

バカにした態度や発言


あからさまに相手を侮辱したり、バカにした態度をとったりすることもモラハラの特徴です。
具体的には学歴をバカにするのでも、低い学歴だけをバカにするのではなく高学歴なのに頭が悪いといってバカにすることもあります。
また、言葉だけでなく冷笑や鼻で笑うということもモラハラに該当します。
つまり直接言葉で攻撃した人だけでなく、周りで見ていて笑ったり同調したりした人もモラハラを行っているのです。
 

嫌味や悪口を言う


攻撃対象の人に対して直接嫌味を言ったり悪口を言ったりすることもモラハラになる可能性があります。
攻撃する人がひとりだけであれば個人的な感情からの言動ですが、複数の人間が特定の人物に対して嫌味や悪口を言えばモラハラの可能性が高くなります。
また、陰口のように対象者に聞こえない悪口はモラハラの可能性は低いですが、距離が離れていてもわざと聞こえるように悪口を言っていればモラハラとなります。
 

有給休暇の拒否


ひとりだけ有給休暇を拒否するという行為もモラハラに該当します。
有給休暇は法律で認められていて会社側には相当の理由がない限り拒否することはできません。
他の人には与えているという事実があるので、特定の人だけに与えないというのは法律違反ということになります。
一般的に休みをもらえないのが法律違反という認識がないので、訴える人も少なくモラハラ扱いとなりますが、実際にはパワハラと言ってもいいでしょう。
 

退職を促す


パワハラでも部下に退職を促すという行為が見られますが、モラハラでも同じ行為があります。
直接・関節を問わず退職を促す行為はパワハラやモラハラに該当しますが、特に産休・育休の申請者に対して行われるとマタニティ・ハラスメント(マタハラ)にもなります。
 

身体的特徴をからかう


身体的な特徴をからかう行為もモラハラになります。
相手が全く気にしないことがわかっていて冗談として言う場合は別ですが、相手が嫌がることがわかっていてわざと身体的特徴をからかうことはモラハラです。
行為自体は小学生とやることは同じですが、社会人が行うことで言われた方のダメージは大きくなります。
 

根も葉もないうわさを流す


これも小学生レベルの嫌がらせですが、まさかおとなの社会人であればしないだろうという意識があるので、やられた方のショックも大きくなる行為です。
こうしたうわさは仕事に関するものだけでなく、プライベートに関することも対象となります。
 

些細なミスの指摘や過去のミスの蒸し返し


仕事上での些細なミス、例えば単純な誤字などを執拗に注意することもモラハラ行為のひとつです。
更には過去もミスも蒸し返していつまでも指摘することもモラハラに含まれます。
 

あだ名を付ける


あだ名を付けて呼ぶという行為も、あだ名を付けた人に嫌がらせの意識がなくてもモラハラになることもあるので注意しましょう。
たとえ親しみを込めて呼んでいる場合でも、本人が嫌がるあだ名で呼び続けることはハラスメントなのです。
あらゆるハラスメントはされた本人がどう感じるかということがもっとも重要なポイントです。
 

意見や提案の否定


意見や提案を受けてなんの理由もなく即座に否定する行為もモラハラとなるので注意しましょう。
意見などを否定する場合は、受け入れられない理由をきちんと説明することが大切です。
理由なく否定すれば意見を言った人に対する個人的な感情から否定していると受け取られ、モラハラの可能性も否定できなくなります。
 

大勢の前での叱責


この行為はパワハラにもなりますが、大勢の前で叱責したり怒鳴ったりする行為はモラハラにもなります。
部下への指導ということであれば、怒鳴る必要も大勢の前で指摘する必要はありません。
会議室などで静かに指導すれば済む話です。
大勢の前でわざと怒鳴る行為は部下を辱める行為となるのでモラハラに該当します。
 

物に当たる


相手の言動を受けて直接暴力を振るうことはもちろん犯罪行為になりますが、ドアを勢いよく締めて立ち去ったり、ゴミ箱を蹴飛ばしたりする行為もモラハラになります。
直接暴力を振るわずに自分の怒りを伝える方法としてやってしまいがちな行為ですが、モラハラになる場合があるので注意しましょう。
 

物を隠す


相手の物を隠すというのは小学生レベルの嫌がらせですが、社会人にこれをやられるとものすごい憤りを感じるでしょう。
財布や貴重品などを隠すと窃盗となり大騒ぎになってしまうので、隠すものは小学生レベルの筆記用具などそれほど価値がないものに限られます。
しかし、それがどこに怒りをぶつけたらいいのかわからない状態となり、ダメージを受けるのです。
 

孤立や切り離しをする


相手を孤立させたり切り離したりする行為はパワハラでも見受けられるハラスメントのひとつです。
飲み会などの行事に誘わない、ミーティングに呼ばない、といったことをして集団から切り離してしまう行為もモラハラになります。
また、業務に必要な情報を与えないこともモラハラのひとつです。
 

業務を妨害する


ハラスメントの対象が部下の場合は理由もなく仕事を与えない行為も立派なモラハラとなります。
また、過剰な仕事量を与えたり、雑用しか与えなかったりといった場合も業務に関連するモラハラとなります。
更に残業に関しても必要のない残業を与えたり、反対に全く残業をさせなかったりということもモラハラです。
モラハラになるかどうかは仕事に関しての指示に正当な理由があるかどうかということが重要です。
部下から上司に対してのモラハラの例としては、わざと指示に従わないという行為もあります。
ただし、場合によっては懲戒処分の対象にもなるので注意しましょう。
 

モラハラをする人の特徴


モラハラの行為にはどんな特徴があるのかわかったところで、モラハラをする人の特徴も学んでおきましょう。
  • 勝ち負けにこだわる人
  • 自己中心的な人
  • 目立ちたがり屋
  • 嫉妬深い人
  • 子供の頃に家庭環境の悪かった人
 

勝ち負けにこだわる人


ノルマの厳しい職場の場合には、勝ち負けにこだわる人がモラハラをする傾向にあります。
自分よりも成績がいい人を対象としてモラハラする場合もありますが、優秀な人を相手にしてもかなわないような人がモラハラをします。
そのため、あまり反発を受けない成績が悪い人がモラハラの対象となることが多いのです。
自分の成績が悪いのはその人に足を引っ張られたからだということにしたいのです。
 

自己中心的な人


自己中心的な性格の人は他人の気持ちを思いやることができません。
自分の気持ちを最優先にして行動するので、その気持ちを逆なでするような行為をする人に対してモラハラを行います。
周囲もそれをかばうことでいじめの対象が自分になることを恐れるので、自己中心的な人にはなるべく逆らわないという雰囲気になってしまいます。
 

目立ちたがり屋


モラハラをする人の中には自分を目立たせるためにモラハラをするという人もいます。
自分より目立つ人がそのターゲットにして、陰険な方法でモラハラをして足を引っ張るという特徴があります。
人の失敗を待っているだけであれば、無視していても問題はありませんが、積極的にモラハラを仕掛けてくるような人には注意しましょう。
 

嫉妬深い人


嫉妬深い人もモラハラをする傾向にあります。
自分に自信がないのにプライドが高い嫉妬深い人は、自分よりも仕事ができたり、幸せに見えたりするだけでモラハラの対象にします。
実際に自分よりも仕事ができる、幸せだということよりも自分がそう感じたということの方が重要なのです。
そのためなぜ耳聞がモラハラの対象になっているのかわからない場合もあります。
 

子供の頃に家庭環境の悪かった人


子供の頃に親から虐待を受けた、過度な期待をされていた、無視された経験があるといった場合に成人してからモラハラをする人もいます。
反対に過保護で甘やかされて育った人もモラハラをする場合があります。
しかし、子供の頃の環境が良くなかった人がすべておとなになってモラハラをするわけではありません。
子供の頃の経験を生かして立派に育った人もいれば、克服できずにハラスメントをするようになった人もいるということです。
 

モラハラをする人への対処法


モラハラをする人の特徴がわかったところで、その対処法についても考えてみましょう。
 

モラハラを受けているときにやってはいけないこと


モラハラなどのいじめを受けているときにやってはいけないことがあります。
以下の行為をするとむしろ逆効果になることが多いので注意しましょう。
  • まともに相手をする
  • 仕返しをする
  • 悪口や不平・不満を周囲にもらす
  • 何も考えず仕事を退職する
 

まともに相手をする


モラハラをする人に正論を言っても受け入れることはなく、むしろ逆上させたり火をつけたりする結果になります。
モラハラをたとえ認めたとしてもその原因が自分にあると言われるだけです。
また、お互いに感情的になってしまうと収集がつかなくなる恐れがあるので、まともに相手をせずに冷静な気持ちを保ちましょう。
 

仕返しをする


やられたらやり返すと考えてうまくいくのはドラマの世界だけです。
同じようなモラハラを仕返しで行うのは相手と同じレベルまで自分を下げるだけの行為です。
同じことをしてしまうと、相手に対する正当性まで失ってしまいます。
 

悪口や不平・不満を周囲にもらす


モラハラをされた場合に周囲に愚痴をもらしたくなる気持ちはわかりますが、職場内で不平を言うことはやめておきましょう。
周囲に不平を言うのではなくきちんと会社の然るべき部署に報告・相談をするべきです。
もらした不平や不満が相手の耳に入るとモラハラがエスカレートすることもあります。
 

何も考えず退職する


モラハラを受けたことで条件反射的に退職することはやめましょう。
退職して他の職場に移ること自体は解決方法としては有効なときもあります。
しかし、退職すると決めた場合はその前に会社に報告したり、相談したりといったことをやってからにしましょう。
状況を改善する努力をしてからでも遅くはないのです。
転職がスムーズに行くとは限りませんし、せっかく移った職場でも同じようなことが起きないとも限らないからです。
 

モラハラをする人への対処法


モラハラをする人への対処法には以下の方法があります。
  • はっきりと言葉にして止めてほしいことを伝える
  • 直属の上司や人事に伝える
  • 一定の距離を保って仕事をする
  • フォローしてもらえる人を見つけて相談する
  • 相談窓口で嫌がらせ内容を相談する
 

はっきりと言葉にして止めてほしいことを伝える


モラハラをする人に対してはっきりとモラハラを止めるように伝えてみましょう。
モラハラの解決方法としてはもっとも直接的ですが、うまく行けばもっとも効果が期待できる方法です。
しかし、職場ぐるみのハラスメントの場合や、逆上しやすい相手の場合は効果がなかったり帰ってこじれたりするので十分な注意が必要です。
モラハラをする人について十分理解した上で行いましょう。
 

上司や会社に伝える


直接相手に話すことができない場合は、直属の上司や会社の人事に状況を話して相談してみましょう。
上司や人事でまともに取り合ってくれないような職場であれば、転職を検討する必要もあります。
ただし相談に乗ってくれるようであれば解決の可能性も高い方法です。
 

モラハラの原因を調べてみる


そもそもモラハラが始まったきっかけや原因などをはっきりさせてみましょう。
例えば仕事上で同じミスを繰り返していることが原因であれば、それを改善することで解決に結びつくケースもあります。
職場に親しい人がいれば客観的な立場から原因を考えてもらうことも必要です。
 

相手との距離を保つ


モラハラをする人と一定の距離を保つことができる状況であれば、距離をとって様子を見てみましょう。
一時的な勘定によるモラハラであれば、それで解決することも少なくありません。
また、様子を見ている間にもう一度モラハラを受けた場合の対応策についても考えておきましょう。
 

理解者を見つけて相談する


上司や同僚の中で自分をもっとも理解してくれている人を見つけて相談するのもひとつの方法です。
当事者よりも客観的に見ることができるので、第三者の意見は解決に結びつくことが多いからです。
そうした相談できる相手がいなかったり、職場ぐるみのモラハラだったりした場合には職場内での解決は難しくなります。
 

外部窓口に相談する


職場ぐるみのモラハラや上司、人事ともに相談に乗ってくれない場合などは、外部に相談することを考えてみましょう。
具体的には労働基準監督署や法テラスの窓口に相談するといいでしょう。
外部機関に相談する場合は最悪のケースとして退職をすることも考えておく必要があります。
外部機関に相談したことでたとえ解決しても会社に居づらくなるということも考えられるからです。
外部機関に相談しても解決できそうもない場合は、最初から転職を考えるのも方法のひとつです。
 

まとめ


モラハラはパワハラと比べて陰湿で精神的に参ってしまう人も多いハラスメントです。
個人から攻撃されるだけでなく、複数あるいは職場単位でのモラハラも考えられるので、ハラスメントの中でも厄介だと言えるでしょう。
モラハラで悩んでいる人にとって、この記事がお役に立てたら幸いです。