愛想笑い

愛想笑いをする人の特徴・心理・対処法

愛想笑い

愛想笑いをする人の特徴や心理をつかんで対処法を大公開!

愛想笑いは必要?その顔ひきつってる?

愛想笑いとはその場の状況に合わせて笑顔を振りまくことです。

ご機嫌取りで使うこともあります。

誰でも一度はやった事があるのではないでしょうか。

と言うかそうしなければいけない時もあります。

仏頂面にしているとその場や相手はどうなりますか?

ただ黙ってニコニコしているだけじゃないんですよ。

愛想笑いは。

確かに疲れますが、そのあなたの愛想笑いこそが会社の人間関係を円滑にしていると言っても過言ではありません。

上司のしょうもない親父ギャグに愛想笑いで付き合う。

言い返そうと思ったけど、愛想笑いで堪えたなど。

逆に「この人、愛想笑いでごまかしたな~」と感じる事もあるでしょう。

「なんで?」「話、聞いてないな」って残念に思いますし、もうこれ以上、突っ込まれない感じがしますね。

どちらも実にストレスがたまり疲れます。

どうしたらストレスなく過ごせるかレクチャーしますので、ぜひ学んでください。

愛想笑いをする人に共通する特徴

愛想笑いをする人に共通な点は付き合いにしろ、耐えているにしろ、心から笑えていないことです。

ビジネスやプライベートで使う愛想笑いをする人の特徴をシーン別に挙げていきます。

空気を読む人

空気が読める人はその場の状況を敏感に察することができます。

愛想笑いをする人は、場がシラけたり、相手がスベった時、笑ってはいけない状況でも臨機応変に対応できる人なので頼りになります。

ゴマをする

愛想笑いをする人は、利用価値がありそうな人に積極的に近づきます。

人の機嫌を損ねないようにゴマをする人こそ、愛想笑いが多いです。

どんな時も相手に合わせる人で「そうですね」と絶対に反対意見や口答えはしません。

あくまでも自分に利益をもたらしてくれそうな人に対してです。

気を使う

愛想笑いをする人は、その場の雰囲気を壊さないために細かな配慮ができる人です。

周りからも当然好感度が高いですね。

相手の立場になって考えることが優先のため、本音が言えない。

これを言ったらどう思われるかなど自分の評価を気にするところが疲れます。

コミュニケーションが苦手である

愛想笑いをする人は、コミュニケーションが苦手で笑っているだけで発言をしないことが多いです。

発言が少なく控えめな人なので「コイツには何言っても大丈夫」って認識されてしまいます。

怒らない

人間ですもの誰にでも怒りの感情があって当然です。

それなのにどんなに嫌味を言われても愛想笑いでいる人は我慢強い人ですね。

冷静に考えて大人の対応ができる人です。

愛想笑いをする人の心理

良くも悪くも愛想笑いする人にはちゃんとした心理があります。

何も考えていない人よりは少なくとも気遣いができています。

上司や相手を怒らせてはいけない

上司に楯突くと目を付けられ出世に響く可能性もあります。

会社にも居づらくなりますし、なるべく平穏に過ごしたいなら上司を怒らせないように仕事を頑張って、なおかつ上司の機嫌も伺いながらうまくやっていこうという考えです。

その場の雰囲気を壊したくない

コミュニケーションが苦手な人は笑っているしかありません。

場が和むのでは…という期待を込めて。

気の利いたセリフも言えない、発言に自信がない時は愛想笑いに限ります。

余計な事を言って場の空気が一変したらそれこそフォローできませんから。

ごまかす

質問の答えがパッと出てこない時、相手の言葉が聞き取れなかった時、答えたくない質問に対してなど、申し訳ないと思いつつ、笑ってごまかします。

これ以上、突っ込まないでくれと内心思っています。

機嫌を取っている

愛想笑いをする人は、「なにかのチャンスが回ってくるかもしれない」と意図的に近づきます。

気に入られたい、認められたい心理が強く働いた時、人はその人をヨイショして持ち上げます。

お世辞がもっとも得意で笑っていれば相手は気分が良いだけでなく、自分も気に入ってもらえると思っています。

自分のため

接客中はどんな時でも笑顔が必須です。

理不尽な人にはたまに愛想笑いもあります。

愛想笑いするのは客のためじゃなくて自分のため。

無愛想にしてたら名指しでクレームがきたり上から怒られたり、目を付けられて良いことないですから。

自分を守るためだけに愛想笑いしています。

なんて反応したらいいかわからない

コメントに困った時、下手に発言して相手を怒らせるより、共感した方が、揉め事にならないから愛想笑いは必須です。

もし、意見を求められたら「それでいいと思うよ」と言えば相手も気持ちよくいれらます。

愛想笑いする時ってどんな時?

愛想笑いをしたことがあるか聞いてみましたので、一部の声を紹介します。

・美容室に行った時にトークが盛り上がらない(20代/販売)

・世代のギャップで話が通じない・わからない時(40代/整備)

・ひとつ年上の先輩が販売台数を自慢して来る時は地味にしんどい(20代/中古車販売)

・ママ友の習い事の自慢話やランチに行った時は常に「すごいですね~」と笑うしかない(30代/専業主婦)

・接客業だから毎日。これも仕事だから仕方がないと割り切っている(10代・20代/飲食店)

・お客のつまらない話に毎日付き合っている(10代・20代・30代/ガールズバー)

・誰が見ているかわからないので毎日口角だけ上げて座ってる(20代/フロント受付)

・懇親会でずっと愛想笑いしているのも疲れるので「そんな事ないですよ課長~」とボディタッチに見せかけて笑いながら強めに叩いている(30代/経理事務)

・義実家にお盆と正月帰省する時、ただでさえ長時間移動で疲れているのにリビングで団らんとか無駄話でしかない。子どもと一緒にさっさ寝たい(20代・30代/女性)

・中心的なママ友のなんてない子どもまで褒めている(30代/一般事務)

・親が部活の部長と言うだけで文句ひとつ言えない。愛想笑いしてないと子どもに影響出ないかヒヤヒヤ(40代/調理パート)

愛想笑いをやめる?やめない?

ずっと愛想笑いをするのは疲れます。

愛想笑いをやめるか続けるかは時と場合によって使い分ければいいと思います。

そもそも仕事上ならともかくプライベートまで愛想笑いをしなければいけない相手って付き合う必要があるのでしょうか。

ちょっと見直した方がよさそうですね。

急に連絡を絶つのは気が引けますし、徐々に回数を減らして距離を置くことをお勧めします。

愛想笑い以外の反応を示す

愛想笑いに疲れたらひと言だけでもいいから、意見を言ったらどうでしょうか。

愛想笑いばかりしていたら、

「話し聞いてないな」

「そんなにつまんない?」

「黙ってないで何か言ってよ」

相手はなんとなくわかってくるものです。

まとめ

愛想笑いをやめるか続けるかは『相手次第』と『使う頻度』に気を付ければいいと思います。

人間関係が良好に築けているという事は、愛想笑いが成り立っているという事でもあるのです。

マイナスにばかり捉えずに

「気遣いができる自分偉いじゃん」

「今日も平和なのは私のおかげ」

と自分で自分を褒めるのもいいんじゃないですか。

【関連書籍】

無愛想のススメ 人間関係が劇的に改善する唯一の方法 | 池田 潤 |本 | 通販 | Amazon