ムカつく人の特徴・心理・対処法

ムカつく

「あいつ、ムカつくんだよなっ」と人に対してイライラしたり、毎日生活していれば大なり小なりムカつく事ってありますよね。

普段から身近に接している人に対してもありますし、街中で知らない人の非常識な行動を目にしたり、攻撃されたりすると誰にでも湧き起こる感情です。

「顔を見るだけでもムカつく」「この人無理!」と感じた人と付き合うのは、かなりストレスがたまりますね。

ただすべての人が非常識な行動にムカついているわけではありません。

「別に何も思わない」「気にしない」と言う人もいます。

ムカつく人と別に何も思わないでいられる人の違いって何なんでしょう。

気になりますね。

常にイライラしていたら何も手に付かなくなるし、思い出しただけでも眠れなくなるなど精神的にも参ってきますし、何とか改善したいところです。

ここでは自分がどうしてムカついてしまうのかその人の特徴とムカつく人に対してどう接すればいいかの対処法を紹介していきますので、最後までご覧ください。

ムカつく人に共通する特徴

何にでもすぐにムカついてしまう人には2通りの人がいます。

短気な人と正義感がある人です。

その二人にはムカつき方に大きな違いがあります。

どうゆう事なのか詳しく見ていきましょう。

怒りっぽい

怒りっぽい人は、自分の思い通りにならないとムカつく短気な人です。

知らない人と肩がぶつかった、無視された、それほど大きな問題でなくてもムカつきます。

警察に切符切られてムカつきます。

どうにもならないけど何かひとこと言ってやらないと気が済まないタイプです。

せっかちである

せっかちなムカつく人は早く済ませたいので遅い人を見るとイライラします。

たとえば、

ノロノロ運転にイライラする

高齢者や子供の動作の遅さにイライラする

レジが込んでいる列に並ぶ場面に遭遇する

などがとても苦痛でなりません。

気にしすぎる

ムカつく人は相手の何気ないひと言にでもいちいち反応してしまいます

小声で話していたら自分の悪口を言ってるんじゃないだろうかとか誰かがどこかに入った話をすれば誘われていない、のけ者にしているんじゃないだろうかとか考えていたら段々腹が立ってきます。

過去を思い出す

ムカつく人は過ぎた出来事にいつまでも根に持つタイプです。

ムカつく事をされたり言われたりするとずっと心に残っています。

思い出しただけでもムカつく!顔見るのも嫌!って人は夜も眠れないほど屈辱を味わったのでしょう。

積もり積もって怒る

どんな小さな事でも毎回同じミスを繰り返しては『仏の顔も三度まで』と言いますから、ムカつく人は積もりに積もって怒りが爆発します。

「人の話し聞いてるのか?」とイラっ!とします。

曲がった事が嫌い

街中に常識はずれな人っていますよね。

たとえば、

歩きたばこ

タバコのポイ捨て

ながらスマホしている人

公共の場で騒いでいる人

など、これらは捨てたタバコが当たるぶつかるなど危険にさらされるので、ムカつく人は危険を察知したらすぐさま注意します。

しかし、一般的な常識がある人でも常識外れな行為に腹を立てたとしても誰もが注意できることではありません。

注意できる人は正義感がある人だと言えます。

ムカつく人の心理

世の中にムカつく事はたくさんあります。

さまざまなタイプの人の心理を挙げていきます。

我慢できない

自己中心的な人は自分優先で他人を想いやる気持ちがなく、仕事でミスした人に対して連帯責任を取らされたり、残業になったり、自分に災難が降りかかってくるのがとても嫌です。

そんなときムカつく人は

「何度言ったらわかるのよ」

「何回同じこと言わせるんだ」

「こっちまでとばっちり受けたじゃないか」

とひどく罵ります。

発散したい

ストレスがたまっているムカつく人は何をしても何をされてもイライラします。

「結局、立場の上の者が勝つ」

「立場の弱い者が折れる」

「上司に叱責され納得いかないが何も言えない」

「自分は悪くない」

などモヤモヤする時は

ドアをバンッと閉める

物を蹴る・壊す

など誰にも怒りをぶつけようがない時、物に当たります。

ジッとしていられません。

妬んでいる

劣等感を抱いているムカつく人は

・努力しないで簡単に手に入れる事ができる人

・裕福な家庭に生まれた人

・生まれ持った才能や美貌を持っている人

などに劣等感を抱いていて妬んでいます。

例えば

使っていた物を何も言わないのにくれた(見下された)人

太っていないのにダイエットしたいと言うような人

にはムカついています。

結果を残して上司に褒められたのに「そんな事ないですよ~」「まだまだですよ~」と自信を見せつつ謙遜する人に内心ムカついています。

素直に喜べない

嫉妬心が強いムカつく人は長く付き合っていると割と親しくしている人でも不満は出てきます。

成功している人に対しての妬みが多いです。

内心ムカついている事をぶっちゃけます。

・後輩に出世を先を越された

・自分より見劣りする人に恋人ができた

・学歴は自分より格下なのに上司に気に入られている

・さえない女が寿退社する

・同じ手取りなのに共働きと言うだけでマイホームを持っている

・独り身からすると家庭があって幸せそうな顔がムカつく

・同じ条件なのにライバル店だけが繁盛している

・家族や子どもの自慢をしてくる

図星である

ムカつく人は何か指摘されて自分でもわかっているからこそ、誰かに指摘されたら余計ムカつきます。

ムカつく人は

「そんな事言われなくってもわかってるよ」

「今やろうとしたんだよ」

と言うけどやる気が失せてきます。

ムカつく人とムカつかない人の違いは?

同じ状況になってもひどくムカつく人もいれば、ムカつかない人もいますよね。

その違いって何なのでしょうか?

それは、ひと言で言えば性格の違いです。

例えば上司から怒鳴られたとき人のせいにする人は、自分は悪くないのにとムカつきます。

一方、ムカつかない人は自分の非を認めて反省ができる人です。

もしかしたら気が弱くておとなしい人はシュンとなっている人もいるでしょう。

泣き出す人もたまにいます。

また、「その服似合ってないよ」と言われたらどうですか?

自分に自信を持っているムカつく人は否定されて「どこがだよ」とイラっときます。

売り言葉に買い言葉で相手の弱点を見つけて言い返します。

自分に自信がない人は「え~そうかな」「どこがおかしい?」と着ている服が気になって、「もうこの洋服の着ない方がいい」とショックを受けます。

イライラを抑えるには

ムカつく人に対して「カルシウム不足じゃない?」なんてよく聞きますけど、ムカつくのは他人にでも身体にもよくない。

お互いがイライラをぶつけ合うと感情的になって相手の意見を聞かず、自分の言いたい事をぶつけていつまでも収拾がつかなくなります。

ここは大人の対応をした方が勝ちです。

そうは言ってもムカつきはそう簡単には収まりません。

ムカつくのを抑える最も有効な対処法はどれがいいのでしょう。

深呼吸する

ムカつく事があったら怒る前に一旦冷静になって深呼吸するといいです。

イライラすると交感神経が優位になり血圧は上がり心拍数も増えます。

逆に、リラックスして副交感神経が優位になると血圧は下がり、心拍数も少なくなります。

深呼吸は、いつでもどこでもできる簡単なリラックス方法です。

まずは大きくゆっくり息を吐くこと。

これで副交感神経の働きが高まりやすくなります。

6秒待つ

ムカついた時、反射的に言い返してはいけません。

いちいち反応していたら直るものも直りません。

人の怒りの感情のピークは長くて6秒と言われています。

しかし、たった6秒でもその時の時間は長く感じるものです。

時間を潰すために咳払いをして怒りを紛らわせましょう。

冷静になる

感情的になると意見のぶつけ合いでお互いヒートアップしてしまい、どちらかが折れないと今後仲がこじれる可能性がありますので、ムカついてきたらまずは一旦落ち着いてください。

揉め事を大きくしないためにも堪えて大人の対応でさっさと終わらせましょう。

その方が余計な時間を取られなくて済むし、周りへの好感度もグンと上がるでしょう。

スルーする

ムカついてきたら何を言われても仕事をするフリして沈黙を貫きましょう。

言い返すという事は相手と戦うという意味ですから、無駄な労力だと思って無視しましょう。

反応しない相手はつまらないと感じ相手から離れて行く可能性がありますよ。

ひと言で返す

それでもやっぱり言われっぱなしではムカつくのは自然な心理ですので、ひと言だけ言ってやりましょう。

「仕事できないね」→「そうですか?」

「もう少し頑張った方がいいんじゃない」→「そうですか?」

何言われてもひたすら「そうですか?」で返す

この一言で「何も気にしてませんけど?」アピールができます。

スタンプ返し

プライベートだけの付き合いであれば距離を置くのも得策です。

2回に1回は付き合いを断り、ラインの返しは

「お疲れ様です」

「頑張ってね」

「おやすみ」

などのスタンプで終わらせましょう。

ストレス発散をする

スポーツをする、美味しい物を食べてお友達とおしゃべりして映画を見て思いっきり笑うなどストレス発散法は人それぞれです。

趣味がない人でも体を動かせば頭がスッキリします。

まとめ

イライラしたまま時間を過ごすなんて人生の浪費です。

これからムカつく相手には、ムキになって言い言い返そうとせず、曖昧に相手の言葉を交わす技を使ったほうが無駄な時間を取られなくて済みますよ。

自分はこうならないようにしようと反面教師にできるステキな人を目指してみませんか?

【関連書籍】

ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術

ムカつく相手にガツンと言ってやるオトナの批判術

ムカつく相手にもはっきり伝えるオトナの交渉術

夜、ムカついて眠れない時に読む本