職場で人によって態度を変える人の特徴・心理・対処法

f:id:tedukurikotoba:20180826004830j:plain

人によって態度を変える人の特徴

毎月トップの売上実績をあげる営業部の外面さんは、誰もが認めるやり手の営業マンです。

お客さんに対しては平身低頭で礼儀正しく、にこやかに笑顔を振りまくので、すこぶる評判が良いのですが…

気になるのが社内での態度。

同僚や後輩の前では、無愛想になることが多いのです。

話しかけても「ああそう」と必要最小限の返答しかしなかったり、自分からコミュニケーションを取ろうとしません。

資料を雑に投げて渡すこともあります。

特にクレームが多い取引先との折衝のあとは「まったく疲れる客だ」と愚痴を言いながら、喫煙所にこもって不機嫌そうにタバコをふかすことも珍しくありません。

さすがに上司の前では、だるそうな態度を取ることはないのですが、裏表が激しい外面さんに違和感を感じている人も少なくないようです。

 

人によって態度を変える人の心理

f:id:tedukurikotoba:20180826004947j:plain

人によって態度を変える人には2種類のタイプに分類することができます。

1つ目は外面さんのように損得勘定で態度を変える人です。

自分にとって利益になる相手には低姿勢で媚びを売って取り入りますが、利益にならない人には冷淡または傲慢な態度を取ります。

コミュニケーションとは自分が得をするための手段だと考えているため、これまでたくさん持ち上げてきた相手でも、必要がなくなればアッサリ手のひらを返しますし、散々ないがしろにしてきた相手でも、利用価値を見出したとたん距離を詰めてきます。

2つ目は好き嫌いがはっきりしていて、それを包み隠さない人です。

好きな人には好意を持ってもらえるように愛想を振りまきますが、嫌いな人には露骨に嫌な態度を取ります。

どちらも共通して言えるのは自分の気持ちに正直なところです。

相手や周囲がどう思うかというのは一切意に介さず、ただ自分の思惑や感情のおもむくままに行動しています。

 

人によって態度を変える人の対処法

f:id:tedukurikotoba:20180826005027j:plain

人は誰しも、人によって多少態度を変えているものです。

そうしなければ社会でうまく生きていくことができません。

しかし、中にはあからさまに態度を変える人がいます。

不愉快に感じるかもしれませんが、こういう人はどこにでもいます。

割り切りましょう。

本人は確固たる意志をもって態度を使い分けているので、周囲がどうにかできるものではありません。

受け入れるとまではいかなくても、受け流すぐらいの寛容さをもって扱うのが一番の対処法です。

もし自分が好意的に扱われる側だとしても、あまり近づかないほうがいいでしょう

この手のタイプはいくら好きな相手でも、あるとき仲違いや心変わりをすればコロッと冷たい態度に豹変します。

自分がないがしろに扱われる側だった場合は、気にしないことが肝心です。

露骨に嫌な態度を取られるのは、心穏やかではありませんが、まともに受け止めても自分がつらくなるだけです。

「自分とは合わないタイプの相手なんだ」とあれこれ悩まずスルースキルを磨きましょう。

 

人によって態度を変えていると思わぬ失敗をすることも

f:id:tedukurikotoba:20180826005138j:plain

上司の前ではゴマをすり従順な態度を取る一方で、部下には横柄な態度を取り理不尽な怒りをぶつける人は多いものです。

上司の前ではそのような裏表がある顔は決して見せないため、上司には優秀な人材として気に入られて、重要な役目を任されたり昇進するのが早かったりします。

ある意味世渡り上手と言えるでしょう。

しかし、多くの人と一致団結して取り組む仕事を任された場合、仕事現場では嫌われているため仕事が順調に進まず、上司から期待外れだという烙印を押されることがあります。

また、ささいなことでも部下から不正を内部告発されることもあります。

最終的には左遷されたり降格したりして、人によって態度を変えていたことのツケが回ってくることがあります。