職場で他人には厳しく自分には甘い人の特徴・心理・対処法

f:id:tedukurikotoba:20181020101413j:plain

何事にもついつい自分には甘い採点をしてしまいませんか?

他人が何かしでかしたり失敗すると散々文句言う癖に自分が失敗すると笑ってごまかしたり開き直る人ってたまにいますよね。

会社の上司もそうです。家でも仕事でも倹約家の上司は節約にとてもうるさく会社内のエアコンの設定温度は28℃。

会社の備品はどんなに古くても壊れかけていても使えなくなるまで使い切るのが鉄則。

この夏異常気象で連続猛暑日が続いている中、外回りから戻った営業部のNさんが1℃でも温度を下げると、すぐさま設定温度を戻して改めて節電を呼び掛けます。

実際28℃ではドアの開閉が頻繁に行われるためすぐ冷気が逃げてあまり涼しくはありません。

その癖上司が外から戻ると、
「いや~今日は特別暑いね~」とか言っちゃって、エアコンの温度を何度か下げます。

涼しくなるのは嬉しいんですが、何だかね~。

提出期限や納期にもとても厳しい上司ですが、この前、経理担当のMさんが上司に重要書類に捺印をお願いしていました。

ところが直後に上司あてに電話が掛ってきてMさんにデスクに置いとくようにジェスチャーで指示をしていました。

決算当日、Mさんが確認しに行くと上司は忘れていました。しかもその書類が見つからないという事態に。

「誰かここに置いといた書類知らなーい?」とみんなに問いかけます。結局は電話を受けながら無意識にいつもとは違うレターケースにしまっていたようです。

「やっぱりちゃんとしまってたんだ、すぐにできるから」で済ませて終わり。

若手新入社員が発注ミスをした時だってそれはもうこっぴどく注意していました。

しかし、今度は上司の指示ミスを社員が指摘すると
「字が小さくて読めなかったよ~」で開き直りもいいところ。

ひとこと謝ってくれれば少しは気もおさまるのに..と誰もが思っています。

備品は使えなくなるまで新しいのは購入できませんから、給湯器の調子が悪くても業者を呼んで修理をお願いしています。
(お茶を出す時毎回「遅いっ」と文句言うくらいなら買い換えた方がお得のような気もしますが)

椅子の昇降だけが利かなくなって不憫だけど我慢している人だっています。でも上司の椅子が古くなると「腰が痛くなるから~」と言ってリサイクルショップに出して新品を購入します。

こんな事は日常茶飯事。くさいきたない

皆さんはお心当たりありませんか?見つめ直すいい機会ですから最後までお付き合いください。

他人には厳しく自分には甘い人の特徴

f:id:tedukurikotoba:20181020101502j:plain

①自己愛が強い

②甘やかされて育った

③わがままで自己中心的

④物事にあまり執着しない淡泊である

⑤短気である

⑥責任転嫁をする

他人に厳しく自分に甘い人の心理

f:id:tedukurikotoba:20181020101608j:plain

自分さえよければいいと思っているため、できないことは「しょうがない」の一言で終わらせてしまう傾向があります。

またできない事に劣等感を感じているためうまく言い訳をしてごまかす事もあります。

一方、達成できた時は高い評価を求めるため過程までの苦労を大げさに話したがります。

自分の失敗はよくても他人の失敗は許さないのが基本ですから自己中心的な性格だと言えます。

他人に厳しい時

f:id:tedukurikotoba:20181020101654j:plain

仕事において
自分がその業務に携わっていない時、高圧的な態度を取ります。なぜなら自分がその仕事ができるかできないかは誰にもわからないからです。
ただし、自分はさもできるかのような言動は必ず示します。

子どもに対して
自分が成し遂げなかった夢を我が子に託すということはよくある事です。同じ失敗は二度としてほしくない、自分はできなかったからこそ子どもには何としてでも夢を叶えてやりたいと強く想うのでついつい厳しい指導になるのです。

家族や恋人に対して
誰かがやらなければ生活が成り立ちません。家族だからこそ苦手分野は避けて甘えが出てくるのです。わがままな性格も持ち合わせている証です。

目上の人に対して
自分にも甘いが、目上の人には気に入ってもらいたいためもっと甘い。

どうして他人に厳しく自分に甘いのか?

これは本人の育った環境が大きく関わっています。親の間違った育て方によって悪影響が及んでいると思われます。

たとえば

・虐待されて育った

・厳格な家庭に育った

・母親のネグレスト

・非常に甘やかされて育った

などが挙げられます。自分の時はこうだったと強いトラウマだけが残っており、自分の行動を正当化しているように見えます。

ネグレストによる寂しさや厳格な家庭の元で育った子どもはストレスを感じるようになり、感情のコントロールができなくなります。

やがて大人になるにつれ他人に厳しく、自分を守ろうと甘くなるのです。

ビジネスが成功するのは他人に厳しく自分には甘い?他人に優しく自分に厳しい?

上司が育成のために部下を想って厳しく指導に当たるのは両者にとって良い事です。

部下に優しく接していれば信頼関係が良好になると考えられます。また自分に厳しいのは一切妥協をしないという意味では賢い生き方であります。

他人に厳しく自分に甘い人への付き合い方

素直に表現する事が苦手なため、否定をせずに優しく声をかけるのがいいです。

まとめ

他人に優しく自分に厳しい人間である事が理想ですが、なかなか完璧にできる事ではありません。

まずは少しでも近づけるよう常に心掛ける事が大切です。

参考になれば幸いです。ご愛読どうもありがとうございました。