人をバカにする人の特徴・心理・対処法

バカにする
人からバカにされた事ありますか?どんな社会にも人をバカにする人は少なからずいるものです。

「言われなくてもわかってる」

「お前にいわれたくないよ」

イラっとするのではないでしょうか。

どのような心理でバカにするのか気になる人もいるはず。

職場の同期がいつもバカにしてくると怒りをあらわにしたY氏(23才)の話を聞いてみました。

どうしたらギャフンと言わせる事ができるか考えてほしいと。

Y氏は地元の国立大学経営学部を卒業して隣県の保険会社に入社してちょうど半年経ちました。

同じく同期入社で専門学校を卒業して入社した年下のN(21才)との折り合いが悪いです。

研修の時から自分は商業高校卒でパソコンが得意と言っていました。

簿記をはじめ電卓、情報処理、経理・会計・医療事務の資格をたくさん取得しています。

一方Y氏は進学校出身、英検1級と漢検2級のみ。

Nは地元のため身内や知り合いも含め交友関係も幅広く営業成績も新人にしては3位と貢献しました。

Y氏は素直に「やるじゃん、俺も頑張ろう」と声を掛けましたが、「大学なんて行かなくてもこれが実力だ!」と勝ち誇った顔で言いました。

その後も事あるごとに

「大学出てんだからそのくらいの知識あるだろ」

「知り合いは大学を出て高望みばかりしてるから未だ就職浪人だわ」

「知り合いに大学出ても就職しない人がいるわ(笑)」

「大学出ても稼げるとは限らない、実際中卒でも社長になった先輩もたくさんいる」

「は?こんな事も知らないの?大学まででてるのに?」

と大学大学って何だか敵視してるみたいです。

Y氏が大学の長期休暇中は海外旅行や留学の経験があるって言ったからかな…自慢に聞こえたかな?それしか思い当たる事がないらしいです。

今後もバカにするようであればこっちも黙ってはいないと意気込んでいますが、なんせY氏は上司ウケも良く敵に回したら厄介そうなタイプのようです。

そこで今回は人をバカにする人の特徴と心理を解説しますので、対処法を学んでください。

人をバカにする人の特徴や共通点

人をバカにする人っていうのは自分に自信を持っているという共通点が見られます。

比較的、上の立場にいるか勘違いも含め自分の方が優れていると思っている人が多いです。

ある程度自信がないと強気な発言はできませんからね。

しかし、その自信を真っ向から勝負すればいいものを興味が無いフリして結局は逃げるという選択もありがちです。

その特徴的行動を挙げていきます。

上から目線である

人をバカにする人は、言い方が

「私が~してあげる」

「それやってもムダだよ」

「私でもできなかった」

など上から目線で話します。

顎で人を使ったりもします。

人をバカにする人は楽しい事、嬉しい事があって喜んでいると「子どもみたいにはしゃいじゃって」と鼻で笑う事が多いです。

自覚がない

人をバカにする人は、自分の立場が上だと認識してる人がほとんどなのでバ、カにしている自覚はありません。

思ったまま口に出しているだけです。

口が達者である

おとなしい人はそもそも多く発言をしません。

人をバカにする人は口が達者で思った事をすぐ口にするタイプです。

マウンティングを取りたがる人に見られます。

相手がどんな気持ちになるかまでは考えない人と言っていいでしょう。

口では色々言うけれど実際には行動に出ないタイプです。

見かけで判断する

人をバカにする人は、弱者と強者を嗅ぎ分ける能力だけは優れています

勝ち誇っていい気分でいたいため言いなりになりそうな人と付き合いを好みます。

自分より強い立場の人には従順でペコペコしています。

負けず嫌いである

人をバカにする人は、プライドが高く頼まれ事が嫌いで仕返しをする傾向があります。

勝ち負けにこだわり、自分の方が優れていることを証明しようと躍起になります。

人よりも良いもので着飾りたいと強く感じてしまう女性特有のプライドがあります。

ブランド品で身を固めている人が多いです。

人をバカにする人の心理

人をバカにする人はその日の気分によって態度が変わりますから、うまくいっている時には機嫌が良いです。

ですが、イライラして憂さ晴らしをしたい時は他人を見下すことでストレスを発散しようとしています。

その時の心理を解説します。

プライドが許せない

人をバカにする人は自分より出来の悪い人が注目を浴びたり、自分の目の前で褒められたりするような人がいれば攻撃したくなります。

自分が一番に注目されないと気が済みません。

ですが、負けた弱い自分は見せたくない、劣っている自分を見られたくない気持ちがとても強く、冷静を装っているフリをします。

優越感に浸りたい

人をバカにする人は自分より劣っている人を見つけては相手の反応を見て面白がっています。

「あ~なんて自分は恵まれているんだ」と優越感に浸り満足感でいっぱいです。

弱い立場の人間と居ると非常に居心地のよい場所でもあります。

嫉妬心

人をバカにする人は実力や才能に嫉妬してしまい素直に認める事ができません。

興味ないフリをしたり、自分も負けず自慢話を持ち出したりします。

内心いつこいつが抜き出てくるか危機感を感じています。

自分に従順でいてほしい

人をバカにする人は性格的にキツイ言い方をするのが日常的になっていて、「相手のために本当の事を言っているだけ」としか捉えてません。

自分が一番正しいと思っているので自分と違う意見や考えを持っている人を見ると許せない気持ちもあります。

評価を下げたい

人をバカにする人は、ある程度地位が確立されていています。

自分の方が上だとアピールしたいです。

人をバカにすることでその人の評価を下げて“できない奴”という印象を与えるのです。

一番でないと気が済まない

人をバカにする人は、何でも自分が一番でないと気が済まないので、営業成績で負けた時など決して褒める事はありません。

「たまたま運が良かっただけだ」と嫌味を言います。

バカにしたひと言体験談

・あまりイケていない彼氏の容姿を見て「よっぽど金持ちなの?」と言われた

・「大学出てその年収?」

・「その年収で結婚はないんじゃない?」

・立食パーティにて「お金かけてない結婚式だったね~、ケチるくらいなら挙げなきゃいいのに」

・ミスをした時「まさかコネ入社じゃないよね?」

・ブランド品を褒めたら「あなたのお給料ではローン組むしかないわね」

・結婚適齢期を過ぎて「あれこれ条件を言ってる場合じゃない」「高い理想を求める立場じゃない」と笑われた

・就活にて「学歴に合った職場探しなよ」

・「へ?そんな事も知らないの?もう一遍幼稚園から出直したら?」

・人に褒められた時に「一つくらいは取り柄があってもいいよね」

・ジュース1本奢ってもらっただけなのに「いいよおごるよ、生活苦しそうだし」

・独り者だとわかっているのに、

「クリスマスのイベント中によく一人では出かけられるね」「

休日だっていうのに一緒に出かける相手もいないの?」

・どこで買ったか聞いただけなのに「どーせ高くて買えないわよ」と結局は教えてくれない

―あなたはどのひと言がイラっときましたか?

人をバカにする人への対処法

たとえ人をバカにしている人がいたとしてもトラブルを避けるため、あるいは人間関係にヒビが入るのを恐れるためほとんどの人が見て見ぬフリをするのが現状でしょう。

ですから自分の身は自分で守るしかありません。

反応しない

バカにする人は相手の反応を見て面白がって優越感を覚えます。

反応すればするほど相手はからかいますので、反応しない事が一番の対策法だと言えます。

黙って睨むのは反応を示したことになりますので「お~怖ッ睨まれちゃったよ」とバカにされるのがオチです。

確かに言われて悔しいのはわかりますが、鈍感で平気なフリしていれば「こいつには何言ってもいじり甲斐がない」と面白くありませんから近寄って来なくなるかもしれません。

相手にしない

人をバカにする人には、完全に無視しても構いませんがそれでは相手によっては反感を買ってしまい、「話しかけても無視する奴だ」とある事ない事、人前でさらされるかもしれません。

逆にこっちがバカにしたような態度でため息をついてその場を去りましょう。

逆に優越感に浸る

バカにする人は人を見下して自分で優越感に浸っています。

バカにする相手に嫉妬や憧れという場合も多くあります。

嫉妬心から嫌味を言う、憧れているけど素直に認めきれないなど、バカにしている人には変なプライドがあります。

もしバカにされたら自分に嫉妬しているんだと優越感に浸ってください。

ガマンの限界が来たらうっぷんを晴らす事も最終手段です。

絶交してもいい覚悟でハッキリ言いたい事を全部言いましょう。

まとめ

バカにする人はどんな事をしても相手が気に喰わない限り、バカにする事だけを楽しみに生きています。

相手にしないのが一番です。

【関連書籍】

他人をバカにしたがる男たち 日経プレミアシリーズ