へそ曲がりな人の特徴・心理・対処法

へそ曲がり
「あの人へそ曲がりだから付き合いたくない」というような人が身近にいます。

へそ曲がりな人は、何でも否定から入り、とても疑り深く他人の忠告は聞かない、本心が読めない非常に面倒くさい人です。

他にも素直じゃない、可愛気がないとよく言われますね。

職場にひねくれた人がいるKさんの話を元に特徴や心理を掴んで対処法を解説したします。

へそ曲がりな人の特徴や共通点

へそ曲がりな人は、先ず多く挙げられるのは歪んだ性格というのが共通しています。

周囲からは煙たがられて当然です。

ですから、表面上だけの付き合いで親友と呼べる人がいません。

特徴を見ながら「そんな人いるいる」と思う方は対処法までご覧ください。

否定的である

へそ曲がりな人は何事にも否定から入る性格であります。

冒頭の口癖は常に「でも」・「だって」で、良いアイディアを出しても

・「失敗したらどうするんだ」

・「過去のデータを見る限り成功率が少ない」

など前向きに検討する事ができません。

協調性がない

へそ曲がりな人は自分の思い通りにならないと気が済まない性分ですので、周りに合わせる事が嫌いです。

ですから集団行動になると仲間内でたびたび衝突します。

素直じゃない

へそ曲がりな人は、基本的な礼儀からしてなっていません。

“ありがとう”“ごめんね”が言えないのは

「これくらいではお礼言う必要はない」

「自分も前にしてやった」

「当たり前の事だ」

とでも思っているのでしょうか。

人を完全に見下しています。人としてどうかと思います。

こんな人に限ってお礼を求めても絶対に言わない人ですね。

へそ曲がりな人が素直に喜ばないのも、褒められて内心嬉しいのに意味もなく冷静を装います。

最初相手は「またまた謙遜してー」と言いますが、ずっとそんな反応が続くと、褒めても一緒だと思ってきますね。

融通が利かない

へそ曲がりな人は頑固さも兼ね備えているため、ダメなものはダメだと他人の意見は聞こうともしません。

小さい頼み事も聞き入れてくれません。

一切の妥協も許さない頑固な性格です。

向上心がある

へそ曲がりな人に向上心があるのは男女に共通しています。

向上心が高いのは良い事なのですが、自分は特別なんだと思い込む人もいます。

必ず反対意見を主張して自分の意見を押し通そうとする人がいます。

プライドが高い

へそ曲がりな人は自分よりできる人を対象に勝手にライバル心むき出しで攻撃してきます。

欠点を悟られないように振る舞うのが得意です。

ただし、弱点を突かれると猛攻撃しますので手に負えません。

人の話を聞かない

へそ曲がりな人は自己中心的で、自己愛が強く他人には興味がありません。

自慢したり、自分の意見ばかりを押し通すあまり否定されると強く反発します。

相手に嫌悪感すら持ちます。

以上を見る限りではへそ曲がりは面倒で扱いにくい事がよくわかります。

へそ曲がりな人の心理

へそ曲がりな人のほとんどは嫌味を言う、素直になれないと自覚はあります。

性格上、感情を悟られるのが嫌なだけです。

一番じゃないと気が済まない

へそ曲がりな人は何かしようとして他人に先を越された場合、やる気がなくなります。

自分が先頭を切って行動に出る事に意味があるからです。

人の幸せを妬む

へそ曲がりな人は人の幸せに嫉妬心が強くなります。

恋人ができた人に、

「よくあの顔で恋人ができたよね」

「あの人はやめた方がいいよ」

寿退社する人には「どうせすぐ離婚する」

出世した同期に「運が良かっただけだ」

と逐一嫌味を言います。

近い人でも心から祝っていません。

表面上だけです。

人を信じない

へそ曲がりな人は過去に裏切られた事のある人はトラウマになり人を信じようとしません。

自分の意見だけを信じています。

元々疑り深い人もいます。

データや口コミや人の言う事は、誰がなんと言おうと、いくら説得しようと自分の目で見て体験しないと信じる事ができません。

意地を張る

へそ曲がりな人は、周りからは何をしてあげてもそっけない態度だと取られて損している性格です。

嬉しいのに顔に出さない、欲しいのにいらないと言ったり、一緒に参加したいのに行かないと言ったり、一旦口にした言葉を撤回できなくてつい意地を張ります。

へそ曲がりな人は、

「いまさら言い出せないない」

「こんなはずじゃなかった」

と後悔して自己嫌悪に陥ります。

疑り深い

へそ曲がりな人は、人に褒められると何か魂胆があるのではないかと疑ってしまいます

「どうせ社交辞令だ」

「ゴマすりだ」

「自分を利用して何かを得たいのでは」

と思うのが普通の考えです。

へそ曲がりな人は、

「こんな良い条件は何か裏があるに違いない」

と警戒します。

事実と違った、真実を知った時の落胆を考えると、簡単に心は開けません。

こだわりがある

へそ曲がりな人は、強いこだわりがあるため、なかなか自分のポリシーを曲げる事はありません。

従うと負けを認めてしまう事になるからです。

またへそ曲がりな人には、他人から見たらどうでもいいようなマイルールがたくさんありますので、一歩も譲りたくないです。

自分のペースを乱されたくないからです。

人のせいにする

へそ曲がりな人は、

自分が就職できないのは景気が悪いからだ

ミスをしても教え方が悪いからだ

自分に人が寄り付かないのは相手はどうかしているからだ

という捉え方をします。

自分に非がある事を一切認めません。

考えません。

劣等感を抱く

へそ曲がりな人は、特にライバル視している人や才能がある人に対してのあら捜しが醜いです。

弱い自分を見せたくないので強気に出ます。

ストレス発散

へそ曲がりなので愚痴を言う相手や付き合ってくれる人がおらず、ストレスの発散の場が限られてきます。

匿名でレスができるSNSはストレス発散の格好の場です。

社会に対しての不満や自分と異なる考えを持つ全ての者を攻撃してストレス発散をしています。

プライドが許さない

へそ曲がりな人は、「この前欲しいっていってたあれ~してあげようか」という言葉が嫌いです。

上から見られているようで鼻に突きます。

「偉そうに」と思うので喉から手が出そうでも「間に合ってる」と返します。

へそ曲がりな人への対処法

へそ曲がりな人は、基本的にどんな場面でも否定したり嫌味を言います。

なんでそんな子どもじみた言い方しかできないのだろうというような言い方をするのが、ひねくれた人なのです。

しかし、「そのひねくれた考えを直せ」と相手の考えを真っ向から否定する発言を避けるのが前提です。

言う方はスッキリしますが、そもそもへそ曲がりですからすぐに反省するとは考えられません。

強く否定されたことでさらにひねくれてしまいます。

それがへそ曲がりの性質だからです。

タイプ別に対処法が違ってきますので紹介します。

家族

コミュニケーションは大事です。

家族こそ何でも言える仲でありたいですよね。

子は親を見て育つものですからお手本でありたいです。

子がひねくれ始めたなと感じれば自分の発言を振り返ってみましょう。

「そんな事も知らなかったの?」

「そんなの社会では何の役にも立たないわよ」

「あそこのお子さんはできるのに」

はNGワード。

何気ない発言で子どもは自信を失くしたり反発したりイライラが募ってきます。

否定をしないでポジティブに「よかったね」「すごいね」と声を掛け続けましょう。

育った環境は大事です。

軽いうちの方が改善されやすいです。

友達や知り合い

へそ曲がりな人が気兼ねなく言える相手であれば矛盾点を指摘してみましょう。

間違いに気づくかもしれません。

「常識的に考えて~」

「一般的に考えて~」

はへそ曲がりには通用しない。

自分の中心に行動しているから。

「~だからこうしてほしい」とお願いしてみましょう。

縁を切ってもいいと思う人であればハッキリ「どこまでひねくれてるのか」と呆れ顔でその場を去りましょう。

もし反論された場合は、反論はせずに「これ以上、付き合いきれない」とだけでも言っておけば、プライドが高いへそ曲がりは自分からは寄り付きもしなくなるでしょう。

上司や先輩

へそ曲がりな人が年上だと言い返しができません。

心の中で「幼稚だなー」と小ばかにして聞き流しましょう。

あんまりしつこいようでしたら、事実を端的に話せば黙るかもしれません。

自分の都合の良いように解釈する

へそ曲がりな人の言葉は、

「嬉しいくせに素直じゃないんだから」

「ホントは感謝してるけど恥ずかしくて言えないだけなんだ」

「断ってばっかりだけど、お金なくて困っているのかな」

と自分に都合良いように解釈して聞き流すのが一番です。

まとめ

すぐにはひねくれが変わると期待しないでください。

人の性格はすぐに直るものではありません。

ましてやへそ曲がりな性格ならなおさらです。

長い目で見て大人の対応ができるあなたが見守ってあげましょう。

【関連書籍】

へそ曲がりのための名言講座: これで、こころは楽になる (徳間文庫カレッジ)