浅ましい人の特徴・心理・対処法



皆さんは浅ましい人というとどんな人を思い浮かべるでしょうか?

実は浅ましいという言葉には複数の意味があるので、浅ましい人に対するイメージは人によって大きく違うかもしれませんね。

今回は「浅ましい」の意味から始まって、浅ましい人の特徴や心理、対処法・克服法についても考えてみましょう。
 

浅ましいとは


「浅ましい」を辞書で引くと次のような意味が書かれています。

「人間らしくないありさまで情けない」 「浅ましい」は形容詞ですが、動詞は「あさむ」といい「驚き呆れる」という意味があります。

つまり「浅ましい」は本来「驚き呆れるような様子」という意味なのです。

意外な意味なのでびっくりした人も多いかもしれませんね。

しかし、「浅ましい」は一般的には次のような意味で使われることがほとんどです。

・嘆かわしい
・さもしい
・惨めで見るにたえない
・見苦しい
・卑しい


上記の意味であれば自分のイメージと一致する人も多いことでしょう。

つまり、「浅ましい人」は、嘆かわしい人やさもしい人、見苦しい人といった意味で使われています。
 

浅ましい人の特徴・心理


「浅ましい人」は現在の日常会話ではあまり使われなくなった表現の一つかもしれません。

しかし、実際は別の言葉で表現しているかもしれませんが、浅ましい人がまったくいなくなったというわけではありませんね。

それでは浅ましい人の特徴や心理から考えてみましょう。
 

品がない


浅ましい人という言葉から品がない、下品な人というイメージを持つ人は多いのではないでしょうか?

浅ましい人を見て品がないと感じる人多いのは、浅ましいという言葉に品のなさをイメージする人が多いからでしょう。

ある意味浅ましさを的確に表現していると言えます。

浅ましいには複数の意味がありましたが、そのどの意味にも品格や上品さは感じられません。

この後で紹介する浅ましい人の特徴を呼んでいただければわかりますが、すべての特徴は品位に欠けるものです。

つまり浅ましい人というのは、いろいろな品位に欠ける特徴を持った人ということもできます。
 

卑しい


卑しいも浅ましいという言葉に含まれる意味のひとつなので、浅ましい人の中には卑しい人も含まれます。

卑しいというのは下品でガツガツしているという意味になります。

ガツガツしているというのは本能など欲望に振り回されているということにもつながりますね。

特に食欲に関してガツガツという言葉を使いますが、同じように金銭面でもガツガツしている人は卑しいと言われます。

浅ましい人にある卑しいという特徴は、お金にうるさいという点に現れています・ 浅ましい人は平気で他人の経済的な状況を聞いたり年収を聞いたりということができます。

また、無料の試供品などを大量に持ち帰るなども浅ましい人の行動のひとつです。

つまり浅ましい人は欲望に忠実で理性を失っている人とも言えるでしょう。
 

他人をうらやましがる


基本的に他人が儲かった話は自分には関係ないので、普通の人はそれほど気にすることはありませんが、浅ましい人は人の損得に関して異常なほど興味をしまします。

特に自分よりも得をした人について、うらやましがるという行動が多くなります。

浅ましい人は他人がなぜ得をしたかということには興味がなく、たとえ努力した結果であってもその努力を真似しようとは思いません。

得をしたという事実や結果だけがすべてであって、それをうらやましがるのが浅ましい人です。

こんな時の浅ましい人の口癖は「いいなあ」「ずるい」などが特徴的です。

普通の人はうらやましいと思っていても露骨に口に出すことはあまりしないので、浅ましい人はある意味では裏表がないとも言えますね。
 

遠慮がない


浅ましい人の特徴としては遠慮がなく図々しいという点もあります。

浅ましい人は基本的に損得勘定で物事を考えるので、遠慮をして折角のチャンスを逃すのは損だという考え方になります。

その結果他人の迷惑よりも自分の得を優先するので、何事にも遠慮がなくずうずうしい行動になります。

浅ましい人のこうした行動の根底には、「ギブアンドテイク」や「人は相身互い」といった言葉は存在しません。

自分が特になることをすべてに優先しているので、受け取ることだけを考えて相手にお返しする、与えるなどという発想が欠如しているのです。

そのため、浅ましい人には感謝の気持ちというものも存在していません。
 

欲が深い


浅ましい人は損得勘定しか考えていませんが、それは突き詰めると欲が深いということになります。

欲そのものは人間の行動するモチベーションにもなるので、欲を持つというのは悪いことではありません。

しかし、浅ましい人の欲には際限がなく、分相応なところで留めるということがありません。

それは努力することなく手に入れようとするので、自分にはこれが限度だという気持ちにならないからです。

自分の努力によって欲望や希望を叶えようとする人にはかならず限界があるので、際限なく欲を求めることはありません。

浅ましい人は努力をすることもなく求めるだけなので際限がないという大きな違いがあります。
 

他人の陰口が好き


他人の陰口、悪口、告げ口が好きというのも浅ましい人の特徴のひとつです。

たとえば職場である人の悪口を言ったときに、別の人がそれに同調したとします。

浅ましい人は次に悪口の対象者に対して、同調した人が悪口を言っていたと告げ口をします。

つまり浅ましい人は自分が悪口を言うことで、まるで関係のなかった二人の関係が悪くなることを喜ぶのです。

これは他人の不幸を喜ぶというような気持ちが浅ましい人の中にあり、ひとつの品のなさの現れでもあります。
 

責任転嫁する


人が自分の身を守る、保身するのはごく当たり前のことです。

しかし自分の保身のために他人に責任を転嫁したり、他人を貶めたりするというのは許される範囲を超えた行為です。

浅ましい人には責任を転嫁して自分の保身を図ることが平気でできるという特徴があります。

職場で自分がミスをして失敗したとしても浅ましい人は、その責任を他の人のせいにして自分は責任を逃れようとします。

自分が責任を逃れるためであればウソを付くことも平気なのが浅ましい人の特徴のひとつです。
 

お金の話が大好き


浅ましい人は損得勘定が得意という特徴があるので、それに関連してお金の話をするのも大好きという特徴があります。

一般的に日本では直接お金の話をするのは下世話と言われていて他人に給料を聞くのもタブーに近い感覚があります。

そのため、日本人は他人の給料や持っている物の値段などを遠慮なく聞く人のことを、下品で浅ましいと思ってしまいます。
 

浅ましい人の対処法


浅ましい人の特徴を考えてきましたが、どうすれば浅ましい人に対処することができるでしょうか?

次に浅ましい人への対処法を考えてみましょう。
 

距離を置く


職場に浅ましい人がいた場合、その人とは距離を置くことが基本です。

浅ましい人は自分の失敗を他人に転嫁することが得意です。

さらに日常会話でも下世話なお金の話ばかりするので、無理に付き合うタイプの人ではありません。

そのため最も適切な対処法としては、距離をおいて仕事に関する事務的なやり取り程度に接触にとどめておくのが一番です。

それでも同じ職場にいる場合は、一緒に仕事をすることもあるでしょう。

その時は以下の点に気をつけましょう。
 

自分の考えをしっかり伝える


浅ましい人と仕事上で接する場合は自分の考えをしっかり、はっきりと伝えることが必要です。

浅ましい人が好むのは自分の意見を持たない、はっきり言わない人たちです。

たとえば下品なお金の話をしたときに、はっきりと不快感を示して、浅ましい人を批判するような人には近づかないのです。

会話の中で下品な行動や浅ましい言動があれば、それが不快であることやよくないことだということをはっきりと伝えましょう。

仕事で話をするときでも自分の意見や考えをはっきり伝えるようにすれば、仕事以外で浅ましい人に近づかれることはなくなります。
 

ほめる、感謝する


浅ましい人への対処方法としては、ほめておだてるという方法もあります。

これはある程度コミュニケーション能力がないと、浅ましい人をかえって調子に乗せてしまい、反対に被害を大きくするということにもなるので注意しましょう。

しかし、うまくほめてあげるとコントロールできるようになるので、コミュニケーションに自信がある人は試してみてもいいでしょう。

また、ほめるだけでなく感謝の気持ちを伝えるのも効果があります。

ほめられたり感謝されたりして気分が悪くなる人はいないので、これらを活用すれば浅ましい人ともうまく付き合えるでしょう。

ただし、ほめるときや感謝するときは表面だけでなく、本当にその気持ちになったときにしましょう。
 

浅ましい性格を直す方法


自分で浅ましいという認識がある人はその性格を直す努力をしてみましょう。
 

自分を客観的に見る


浅ましい人は普通の人と言動の内容が明らかに違っています。

しかし、本人はそのことには気づいていない、相手も正直に指摘しないということが続いているため、普通でないことがわからないのです。

少しでも自覚があるのであれば、一度自分の言動を客観的に見てみましょう。

具体的には自分の行動やはしたことを紙に書き出してみることです。

それを読んでみて客観的に判断してみると、少し変だということに気づくはずです。

こうして自己分析をして行動を変える努力をすれば少しずつでも改善できます。
 

感謝する


浅ましい人は自分のことを優先するので人に感謝するということがありません。

自分だけで生きているのではないということを意識すれば、自然に人に感謝することができるでしょう。

やってもらって当然と考えていてはでてこない言葉「ありがとう」を意識して使ってみましょう。

周囲の自分に対する意識も変わると同時に、自分自身の意識も変えることができるはずです。
 

お手本になる人を探す


自分の性格を直すのに最も効果的なのは理想とする性格の人と親しくなることです。

その人と長い時間一緒にいることで、自分には何が足りないのかどのように行動したらいいのかが具体的にわかるようになります。

そしてそれを実行に移すことで性格改善のきっかけになるでしょう。

また、周囲の人をよく観察することも性格改善に役立ちます。

浅ましい人と接していると、周囲の人は言葉にはしなくても表情などに不快感がかならずでるものです。

自分が何を言ったときに周囲が深感を示したかがわかれば、その言動をなくすことで改善につなげることができます。
 

まとめ


浅ましい人の特徴や対処法はおわかりいただけたでしょうか?

自分が浅ましい人だと思われているのではないかという不安を持つ人にも役立てる記事だと思います。

自分の言動が人に与えている影響というのは自分ではよくわからないものです。

一度客観的な視点で自分を見つめてみることも必要ですね。

この記事が浅ましい性格を改善するのに役立てば幸いです。