就職してはいけない!ブラック企業を入社前に見抜くポイント

就職してはいけない!ブラック企業を入社前に見抜くポイント

ブラック企業に一度でも就職してしまうと、その環境から抜け出すのは至難の業。

あの手この手でがんじがらめにされながら、身も心もボロボロになるまで使い倒されてしまいます……。

だからこそ、ブラック企業に入社する前に「この会社って、もしかしてブラックかも?」と見抜けるようになることが大切です!

そこで今回の記事では、
• これから就職活動を始める方
• 今まさに就活のまっただ中にいる方
• 現在の職場からの転職を検討している方
などへ向け、入職前にブラック企業を見抜くためのポイントについて詳しく解説していきます。

ぜひご一読ください。

ブラック企業は入社前に見抜けるの?
皆さんはブラック企業にどんなイメージをお持ちですか?
• ノルマがやたらと厳しそう
• 残業ばかりなのに給料が安い
• 休みがない
• 上司からのパワハラがヤバそう
などなど、さまざまなイメージが頭に浮かんだと思います。

が、そのどれもがネガティブな印象。

ほとんどの方が、ブラック企業にいい印象は感じないでしょう。

だからこそ、「ブラック企業」とは関わりを持たないことが一番!そのためにも、入社する前にしっかりと見極めることが重要です。

では、そんなことが可能なのか……?

可能です。

100%とはいきませんが、多くのブラック企業には共通点があります。

つまり、見極めポイントを知っておけば、実際に入社する前にブラック企業かどうかを察知できるケースも。

そんな見極めポイントとして重要視するべきは、以下の2点。
求人票
面接
どちらも入社前に必ずタッチするものであり、就職活動や転職活動では必要不可欠。

そこでここからは、それぞれに関する見極めポイントをご紹介していきます。

 

—続きを見るにはクリックしてnoteへ移動する—
>>就職してはいけない!ブラック企業を入社前に見抜くポイント